大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

自信って、そんなにも必要かな。

自信があるから行動できるのか、行動するから自信がつくのか。

 

「ニワトリが先か、卵が先か」の問いのように、答えのない話なのかもしれない。

 

あるいは、日が沈むから夜になるのか、月が昇るから夜が訪れるのか。

 

そのどちらもが真実で、ただ、それだけのことなのだろう。

 

そして、自信があっても、なくてもいい。

行動できても、行動できなくてもいい。

 

そう考えると、必ずしも自分に自信を持たなくてもいいようにも思う。

 

 

年末年始から、また少し走ることを再開している。

とはいえ、以前のように疲労骨折をするまで走るようなストイックさもなく、途中でウォーキングに変えたり、雨が降ったらやめたり。

 

この季節、着替えて外に出るだけでも一苦労なのだが、それでも何とか外に出て、寒さで縮こまった身体を伸ばして、一歩目を踏み出す。

 

一歩、また一歩と、踵から足の裏が地面に着いて、そして足の指先で地面を蹴る感覚。

 

少し走っていると、身体がほぐれて温まってくるのが分かる。

 

そして走り終えたときの達成感と、心地よい疲労

 

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」の言葉の通り、やはり身体を動かしていると精神的に落ち着くようだ。

 

それは分かっているのだが、どうも昨年の後半は身体を動かすことをサボってしまっていた。

 

なぜだか分からないが、動けないときは動けないものだ。

 

そして、動けないときは、その動けない自分を責めないことだ。 

 

 

何かをしたいと思っても行動に移せないとき、それは自分に自信がない場合が多い。

 

自分に自信がない、と分かっているならまだしも、自分に自信がないことすら自覚していないこともある。

 

世界に対する不信感、どうせ自分はという被害者意識、根深い劣等感、なんだかよく分からない虚無感、あるいは不安や怖れ。

そうした得体の知れない闇が、自分の中に巣くっていることを直視するだけでも、なかなかに大変だ。

 

私の中にも、どこか諦めたような悪い意味での諦念や、なにをしても空しいという虚無感、そして無力感や劣等感が、ある。

 

そうしたものに気づいたときに、なぜだろう?と考える。

両親との突然の別れだったり、あるいは幼い頃の寂しかった経験とか、いろんな理由や原因を探すことはできるかもしれない。

 

それを探す中で、自分という大海に潜ることはとても貴重な体験だ。

 

ただ、その理由が分かったとして。

それをどうこうしようとしなくても、いいんじゃないか。

 

最近は、そんな風に感じる。

 

 

自信があるから行動できるのではなくて、

行動していくうちに自信がつくのだ。

 

そういった言葉も、よく聞く。

それもまた、真実なのだろう。

 

けれど、行動によって積み重ねられた実績や経験を、絶対視するのもまた、ハムスターの回し車に乗る危険性があるように思う。

行動をして実績が出ても、もっと大きな実績を持っている人と比較しだしたら、砂上の楼閣よろしく、自信など砂のように崩れていくのだろう。

 

だからといって、実際に行動してみることの尊さ、素晴らしさを否定するわけでは、全くない。

 

自信がないから、何もしたくない。

 

そう自分が思っていることを、否定して責めてしまうことの方が、よっぽど危険だ。

この毒は、真綿で首を絞めるように、徐々に徐々に全身に毒が回る。

 

 

私は、自信が、ない。

だから、何もしたくない。

 

それは分かった。

じゃあ、どうしようか。

 

立ち止まって、深呼吸する、

という「行動」をする、

でいいんじゃないかな。 

 

 

くまのプーさんの原作の絵本の最終話で、クリストファー・ロビンが100エーカーの森を去るときに、プーさんに語りかける。

 

「ぼくが一番したいことは、何もしないことだ」

 

一番したいことは、何もしないこと。

 

それを素直に認められるロビンは、素晴らしい。

 

逆説的なのだが、ロビンとプーさんは、いつも「何も」していないわけではない。

 

想像上の動物を追いかけ回したり、川に投げた枝の流れる速さを競ったり、イーヨーの尻尾を修理したり、ラビットの家へ朝ご飯をごちそうになりに行ったり。

 

ただ、今日その時を、楽しんでいるだけだ。

 

記憶の中に生きるでもなく、予定に生きるでもなく。

ただ、自分の心に耳を澄ませ、したいことをしているだけだ。

 

プーさんは、その会話の中で、最後にこう言う。

 

「ああ、分かった。ただ出かけていって、聞こえないものに耳を傾けて、煩わせないということだね」

 

ロビンはこう答える。

 

「ああ、プー」

 

とても感動的な、プーさんの中で私が大好きな場面である。 

 

f:id:kappou_oosaki:20200109062252j:plain

自信も動力も何もなくても、風を受ければ凧は揚がる。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2020/1/11

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________