大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

ありがとう、2019年。

いよいよ2019年最後の日。

年の瀬の恒例行事になっている、「ほぼ日手帳」の中身の入れ替えをしている。

 

f:id:kappou_oosaki:20191230190820j:plain

色目に惹かれた「ロビンエッグ」のカバーも随分と古くなってしまった。

変えようと思うのだが、なかなか愛着がわいてしまってそのままに。

 

2019年の手帳をめくって振り返りながら、

2020年の予定を新しい手帳に書き移していく。

同時に、御守りのような言葉たちも、一緒に新しい手帳に移植していく。

 

スマホのアプリでもいいのだが、やはり手で書いて残す手帳が好きだ。

たくさん書いたページの裏面の凸凹を触るのが、何とも心地よくて。

 

大掃除よりも忘年会よりも、年の瀬を感じる時間である。

 

 

今年の手帳をめくりながら、過ぎ去っていく年を想う。

2019年、そして平成31年であり令和元年。

 

振り返れば、いろんな場所を訪れることができた。

 

f:id:kappou_oosaki:20190428200059j:plain

父と訪れたナゴヤ球場のライトスタンドは、もう無く。

 

f:id:kappou_oosaki:20190507065751j:plain

ゴトビキ岩の神秘と雄大さに触れ。

 

f:id:kappou_oosaki:20190509065412j:plain

玉置の神さまに畏怖し、

 

f:id:kappou_oosaki:20190601205052j:plain

新緑の風の下、熱狂を味わうことができた。

理不尽を、愛せ。

 

f:id:kappou_oosaki:20191130204033j:plain

霜月に同じ距離、同じコースで。

変化を、怖れることなかれ。

 

f:id:kappou_oosaki:20190827124745j:plain

猛暑の下、フクイサウルスを発掘し、

 

f:id:kappou_oosaki:20190905083207j:plain

その葉月の終わりにブルーベリーを摘んだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20191224225449j:plain

冬至のころ、内宮の宇治橋で当たり前に気付き、

 

f:id:kappou_oosaki:20191021000943j:plain

新しい出会いにも、感謝。

 

f:id:kappou_oosaki:20191230194637j:plain

人の縁が、美味しいものをもたらして。

 

f:id:kappou_oosaki:20191130203531j:plain

人に会いに行く。美味しいものに会いに行く。

 

f:id:kappou_oosaki:20191230195506j:plain

美味しい記憶は、楽しい記憶。

 

f:id:kappou_oosaki:20191230194647j:plain

結局、断酒は1年間続いた。 

 

f:id:kappou_oosaki:20191010081445j:plain
神無月のころ、真っ白な画面と向き合い、

己の深淵に潜る。

 

f:id:kappou_oosaki:20190311212622j:plain
虹の、根元を見た年だった。

 

 f:id:kappou_oosaki:20191230194655j:plain

あの根元に、何が埋まっているのだろう。


f:id:kappou_oosaki:20191230195142j:plain
いろんな空と、雲を見た年でもあった。
 

f:id:kappou_oosaki:20190818205153j:plain

その道は、またこれからどこかへとつながって。

 

思い出深いギフトの年、2019年でした。

 

おかげさまで、今年も毎日更新を続けることができました。

 

ありがとう、2019年。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/12/31

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________