大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

されど、同じにあらず。

ようやく冬らしく冷え込む日が続くようになってきた。

 

大雪も末侯となり、七十二侯では「鱖魚群(さけのうおむらがる)」の時期だ。

 

その名の通り、鮭が川を遡上する時候である。

 

海で育った鮭は自分の産まれた川に、産卵のために戻ってくる。

 

されど、戻ってきた川は、産まれた川と同じではない。

 

千年の昔に、その川の流れと無常という仏教の教えを重ね合わせて描かれた「方丈記」は、あまりにも有名である。

 

ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。

淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。

 

鴨長明方丈記

 

常に同じものはなく、すべてのことは二度と戻らないという、愕然とする事実。

 

昨日も、今日も。

 

時間は不可逆であり、川の流れと同じように、ただの一瞬も留まることはない。

 

わたしも、あなたも。

 

身体を構成するアミノ酸は常につくり変えられ、30日ほどですべて入れ替わる。

 

それを長明は、この世の儚さ、無常なるものとして畏怖していた。

 

世に中にある人とすみかと、またかくのごとし。

たましき都のうちに、棟を並べ、甍を争へる、高き、卑しき人のすまひは、世々を経て尽きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。

或は、去年焼けて今年作れり。

或は、大家滅びて小家となる。

 

住む人も、これに同じ。

所もかはらず、人も多かれど、いにしへ見る人は、二三十人が中に、わづかに一人二人なり。

朝に死に、夕に生るるならひ、ただ水の泡にぞ似たりける。

 

同上

 

ある者は朝に死に、ある者は夕べに生まれる世の姿は、まるで水の泡のようだ、と。

 

「朝に死に、夕に生るるならひ」のくだりは、有名な蓮如上人の「御文章」を想起させる。

 

されば朝には紅顔ありて、夕には白骨となれる身なり。

すでに無常の風きたりぬれば、すなはちふたつのまなこたちまちに閉ぢ、ひとつの息ながくたえぬれば、紅顔むなしく変じて桃李のよそほひを失ひぬるときは、六親眷属あつまりてなげきかなしめども、さらにその甲斐あるべからず。

 

蓮如上人「御文章」

 

天災、疫病、戦争など、死が身近に存在した時代に生きた聖人の言葉は、数百年の時を経た現代において殊更に重く響く。

 

同じように陽が昇っているように見えて、今日は昨日と同じ日ではない。

 

昨日とは違う、こころもようを感じ尽そう。

 

昨日とは違う、道を通って帰ろう。

 

昨日とは違う、ごはんを食べよう。

 

昨日とは違う、風に吹かれよう。

 

昨日とは違う、内なる声を聴こう。

 

昨日とは違う、あなたを見よう。

 

昨日とは違う、今日このときを味わおう。

 

今日、いまこのときが、わたしの人生なのだから。

  

f:id:kappou_oosaki:20191219083844j:plain

冬の夕陽は時にやわらかく、やさしく。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/12/19

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________