大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

からすみ餅の大群と過去の自分に出会った日

よくも悪くも他人のことはよく分かるのに、人は自分のことを自分が一番分かっていない。

 

だからこそ、他人がいるとも言えるのだが。

 

そして、一番分かっていないのは、過去の自分のことなのかもしれない。

 

 

さて、断酒も400日を越えた。

 

世間は師走の忘年会シーズンと年末年始で、アルコールの摂取量が上がる時節だが、相変わらず断酒は続いている。

 

そんな師走の日、旧知の方たちと忘年会のような会食の時間があった。

 

f:id:kappou_oosaki:20191215081352j:plain

 

普段はひとりで伺うところも、人数が多いと見慣れないお皿の絶景が。

 

冬は、お魚が美味しくていいものだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20191215080352j:plain

 

からすみ餅の大群を前に、お米からお餅とお酒がつくられるのは、奇跡だなぁ…と思いながら、ゆっくりとした時間が流れる。

 

ご一緒させて頂いた知人たちは、私がワーカホリックに働いていた時代の知人たち。

 

振り返ってみても、よく、働いていたように思う。

 

時間的、物理的にもそうだったし、精神的にもそうだった。

 

親しい人間を亡くした寂しさを忘れるためには、ワーカホリックというアンダーグラウンドが必要だったのだろう。

 

逆に、いまのような「働き方改革」と言われて、そのような働き方ができなかったら、私は何に依存していたのだろうか、と考えることがある。

 

それに気づいたのは、十数年もあとのことだった。

 

その寂しさを癒しはじめるのに、それだけの時間がかかったとも言える。

 

けれど、知人の中の一人が、「こんなつながりをありがとうございます」と仰っていた。

 

大事な人に言われる言葉ほど、人は素直に受け取ることができないものだ。

 

とたんに私の「ウケトラナイモード」が発動する。

 

いや、そんなことないです…

いや、あんなに仕事しかしてなかったですから…

いや、もっと周りの好意を受け取れていたら…

いや、もっと恩返しができてたはずだから…

いや、もっと素直になれていたら…

 

そんなせんない想いが去来する。

 

このモードに入ったことを自覚できるだけ、成長したということにしておこう。

 

そうかもしれない。

けれど、そうじゃないかもしれない。

どちらでも、いいのかもしれない。

 

その知人と仕事をしていた過去の自分が、まぶたの裏に浮かんだような気がした。

 

f:id:kappou_oosaki:20191215084610j:plain

 

目の前では穴子と鮪の頬肉が、ぱちぱちと音を立てていた。

 

炭火は、この焼けの遅さがたまらなくいいものだ。

 

 

未来のことはよく分からないけれど、過去は変えられる。

 

感情を切って、ワーカホリックに働いていたのかもしれない。

けれど、周りから見ればそうでもなかったのかもしれない。

 

それは、どちらでもいいのだとも思う。

 

いまの自分が、選びたい方が選べば、よいのだとも。

 

とりあえず、その十数年前のある日の私も、今日の私も、「よくがんばった」、それでいいのだと思う。

 

師走の週末の終電前らしく、地下鉄はすし詰めだった。

 

その揺れに身体を預けながら、私は絶品だったからすみ餅の味を思い出していた。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/12/15

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________