大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

いまそこにある美を見つめる。

小雪も過ぎ、日に日に秋の深まりと冬の訪れを感じる日々。

 

前日からの雨は、明け方に止んだようだ。

 

おかげで肌寒かった前日とは違って、黄金色の陽射しが暖かかった。

 

f:id:kappou_oosaki:20191123201732j:plain

それでも、ところどころに雨の記憶を見つける。

 

雨上がりの朝だけの、美しさなのかもしれない。

 

f:id:kappou_oosaki:20191123201713j:plain

道ゆく先の花にも、わずかに雨の記憶が。

 

f:id:kappou_oosaki:20191123201833j:plain

暖色のグラデーション。

 

秋深し。

 

抜けるような青空との対比は、この時期だけの美しさ。

 

f:id:kappou_oosaki:20191123201824j:plain

秋の陽射しは、どこか優しげで。

 

けれど、その陽射しが味わえる時間は、思いのほか短い。

 

気付けば、寂寥感と肌寒さのある黄昏がすぐに訪れる。

 

f:id:kappou_oosaki:20191123201723j:plain

帰り道では、早くもサンタクロースが出動していた。

 

この赤と白の配色を見ると、もう一年も終わりである。

 

いまそこにある美をみつめること。

 

それは、いつでも可能なのだと気付かされる、小説のころの、散歩道。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/11/24

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________