大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

安納芋の甘さに秋の深まりを感じる夜 ~愛知県刈谷市「魚屋ごんべえ」訪問記

気付けば、朝夕の風はコートが欲しくなるくらいに冷たくなってきた。

 

色づいた葉も少しずつ落ち始めて、いよいよ晩秋である。

 

そんな晩秋の夜、刈谷市の「魚屋ごんべえ」さんを訪れた。

 

思い返せば、前回は9月に友人のお祝いに同席させて頂いていた。

 

あのときは、残暑から秋の訪れを感じる夜だった。

 

それが、立冬も過ぎたとは、何と季節の移ろいの儚いことか。

 

f:id:kappou_oosaki:20191120064029j:plain

車を走らせ、この温かな灯りのもとへ。

 

「魚のうまい店」ののぼりに、その通りと頷く。

 

f:id:kappou_oosaki:20191120064020j:plain

入口に掲げられたメニュー表の前で足が止まる。

 

あいなめ、黒鯛、根ほっけ、あん肝、カキフライ、芝えび…秋も深まり、寒くなってくると食材が豊富になって、見ているだけで楽しい。

 

このメニュー表を眺めているだけで、心躍り時間が過ぎていくようだ。

 

とはいえ、外はもう晩秋の冷えこみで寒いので、ほどほどにして店内に入り、カウンターに座る。

 

おしぼりの温かさが、今日一日の労をやさしく溶かしてくれる。

 

大将と挨拶をして、他愛もない会話をしながら、先ほどまで眺めていたメニュー表をまた開く。

 

今日は芝えびと安納芋が、いいのが入っているとのこと。

 

少し悩んだ末に、後者をお願いする。

 

f:id:kappou_oosaki:20191120064107j:plain

安納芋のポテサラ。

 

しっかりとしながらも、やさしい甘味が、疲れを癒してくれる。

 

秋が深まりと冷え込みが、この染みるような甘味を運んできてくれた。

 

ノンアルコールビールを舐めながら、その心地よい甘さに癒される時間が流れていく。 

 

f:id:kappou_oosaki:20191120064058j:plain

サバ塩焼きと豚汁定食。

 

具だくさんの豚汁と、脂ののったサバ塩焼き。

 

結局いつもこれを頼んでしまうが、いつも日本人に生まれてよかったと思わされる。

 

手の空いた大将と近況をぼちぼち話しながら、今日一日の疲れが流れいくのを感じた。

 

 

季節の移ろいを感じるには、食材に目を向けるのが一番だ。

 

そして、美味しいものは人を幸せにする。

 

もちろん、それはそうなのだが、それに加えて「人」に会いに行くことが、私の中で大切なのだろうと思う。

 

「何」を食べたいか、よりも「誰」の料理を食べたいか、なのかもしれない。

 

秋の深まりの中にも、相変わらず美味しい大将の味が楽しめた晩秋の夜。

 

下弦の月を見ながら帰る道は、ずいぶんと空いていた。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/11/21

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________