大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

「3」の法則。 ~動く、休む、楽しむ。

「3」という数字には、何か神性を帯びていて、人を安心させるらしい。

 

「1」でもなく、「2」でもなく、「3」。

 

キリスト教における父、子、精霊の三位一体論。

プロ野球の打率、ホームラン、打点の三冠王

仏教における釈迦、阿弥陀、薬師の三尊。

鏡、勾玉、鏡という三つの神器。

松島、宮島、天橋立日本三景

皐月賞、ダービー、菊花賞のクラシック三冠。

 

どうも日本人に限らず、人は「3」という数字が好きらしい。

 

孤独な「一つ」でもなく、対立のある「二つ」でもなく、バランスの取れた「三つ」。

 

一次元(点)ではなく、二次元(線)でもなく、この世界と同じ三次元(面)。

 

この三次元の現世を生きる我々にとっては、「三つ」というのが、何事につけてもバランスがよくて収まりがいいようだ。

 

 

ここのところ、どうも何をするにもモチベーションが上がらない。

 

モチベーションが上がらないことに罪悪感を覚えることはないと思い、「何もしないことをする」ことを意識していたが、それでも休んでいても充電されていないような感じがしていた。

 

動いたら、休む。

 

仕事や、何か生産的、能動的な活動をしたら、同じだけ睡眠などの休息やリラックスする時間が必要。

 

これは何となく分かるし、そうするように意識するようになったけれど、それではまだ白か黒かのどちらかの、「2」の世界だ。

 

いや、これを考えられるようになっただけ、自己犠牲とハードワークしていた時代からすると進歩したと言える。

 

まだ何もしないこと、休むことに罪悪感を覚えるが、それを感じながらも休むことができるようになったのは、大きな進歩だろう。

 

さらに、もう一歩。

 

ここに、「楽しむ」、という要素を入れてみる。

 

楽しめること、心地よいこと、自分の求めている快感を得ること。

 

この「動く」、「休む」、「楽しむ」という「3つ」の感覚のバランスを取ることを意識してみる。

 

人生の時間の、黄金の3分割。

 

 

もちろん、バランスが崩れる時期もあるかもしれない。

 

けれど、どれかが増えたら、バランスを取るように意識をするだけでも違うように思う。

 

1日24時間とすると、それぞれ8時間ずつ。

 

仮に睡眠が6~7時間とすると、やはり鍵になるのは「動く」と「楽しむ」のバランスなのかもしれない。

 

相当、「楽しむ」ということを意識していないと、「動く」一辺倒になってしまう。

 

もちろん、なかなか時間的に難しい面もある。

 

そんなときは、やはりマインドフルであるということが、「楽しむ」ということにつながるのかもしれない。

 

感覚を開いて、目の前の奇跡を楽しむ時間を持つこと。

 

それは、自らの世界を豊かにしてくれると同時に、「動く」ことに傾倒しがちな私を、いまここに遊ばせてくれる。

 

f:id:kappou_oosaki:20191111134536j:plain

マリーゴールドを楽しむ。

今日も世界は美しい。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/11/12

1.寄稿記事:「175,100m(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________