大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

枯れゆく中に、命の息吹は宿る。

もう週末には、暦の上で冬である。

 

気付けば、朝晩は冷え込むようになってきた。

 

秋もまだ満喫していないような気がするのだが、時の移ろいは早いものだ。

 

 

先日、可憐な紫の花を咲かせていた、アレチヌスビトハギ。

 

f:id:kappou_oosaki:20191008082058j:plain

 

このアレチヌスビトハギについてのエントリーを書いた気がして、調べてみたら10月11日のようで、時節は「寒露」の頃だった。

 

f:id:kappou_oosaki:20191011072710j:plain

その小さく可憐な花は、ほんの2、3日で散り、代わりに青い実が生っていた。

 

幼い頃に「ひっつき虫」と呼んで、原っぱで遊ぶとズボンに大量に付いてしまい、取るのが至極大変だったあの実だ。

 

それが立冬を前にしたいま、同じ場所を見ると、その青い実は茶色く枯れて冬支度をしているようだった。

 

f:id:kappou_oosaki:20191106094826j:plain

 

生命が絶える冬を迎える前にして、植物はその息吹を種子に託す。

 

枯れゆくように見えて、実はその茶色の中には、もっとも豊かな生命のエネルギーが詰まっているのかもしれない。

 

枯れゆく中に、命の息吹は宿る。

 

 

人の心も同じだ。

 

生きがいを失い、疲れ果て、世界が色を失い、向かう方向が見えなくなった、燃え尽きたような状態。

 

それは、失業、病気、事故、失恋、失敗など、それまでの関係性が終わりを告げるような時が多いが、その反対と思える状態においても、デッドゾーンに陥ることがある。

 

傍から見れば、仕事で成功し、家庭にも恵まれているように見える人。

 

しかし、当の本人はその豊かさや幸せを感じられることなく、義務や役割に縛られ、何をしても楽しくなく、本人の心の中では孤独と虚無感の嵐が吹き荒れている。

 

感情と感覚が消え、ロボットのように表情が乏しくなり、常に疲労感を覚え、何かに追われるように感じ、身動きが取れなくて、目に映るものすべてが無意味に思え、生きながら死んでいるような感覚に陥る。

 

それは、心の成長過程で必ず訪れる、デッドゾーンと呼ばれる段階である。

 

多くの場合、それはこれまで後生大事にしてきた「自立」を手放すサインであり、大いなる福音である。

 

そのデッドゾーンの段階では、いままで大事にしてきた方法、成功の秘訣、有効な手段、こだわり…それらと全く逆のことが求められる。

 

それらを大切にしてきた結果が、いまのデッドゾーンの地点だからだ。

 

人に頼る、弱みを晒す、負けを認める、泣きわめく、全力で逃げる、助けを求める…それまで絶対に嫌だと思っていたことが、デッドゾーンからは抜け出るカギになる。

 

後生大事に持ってきたものを手放すことで、生は新しい輝きを放ち始める。

 

暗く灰色だった世界はほのかに色づき、人の優しさに気づき、自らの内なる愛とつながり始める。

 

 

草花は、何も言わずに、そうした最も困難に思えることを日々繰り返している。

 

散らない花などなく、最も美しい花を咲かせた瞬間から、彼らはもうそれを手放していく。

 

茶色の小さな実に、その生命の息吹を託して、やがて枯れていく。

 

その手放し方の、見事さよ。

 

枯れゆく中に、命の息吹は宿る。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/11/6

1.寄稿記事:「175,100m(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________