大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

子どもの成長は親の想像を簡単に超えるもの ~さて、それは誰のことだろう。

霜月はじめの、息子と娘との休日。

 

いつもは何をしようか、どこに行こうか、検討することから始まるのだが、その日は違った。

 

前日に息子がアフタースクールの友達と遊ぶ約束をしてきた、と言うのだ。

 

「2じにまちあわせをして、こうえんにいくんだよ」

 

ん?おとうは?

 

「いらない。ついてこなくていい」

 

え?え?ほんとに?

 

聞けば、娘も一緒に3人で、子どもたちだけで遊ぶと言う。

 

初めてのことだ。

 

いつかはそうなると分かってはいたが、それが今日となると、心の準備ができていないのは、何でも同じらしい。

 

いや、まだ早くないか?大丈夫か?

あの公園までの道は、交通量が多くないか?

知らない人に、ついて行ったりしないか?

遊具で怪我したりしたら、どうする?

何かあった時の連絡手段は?

 

ネガティブな心配が、頭を埋め尽くす。

 

けれど、自分のときは何歳から一人で遊びに出掛けていたのだろうか?

 

同じくらいの歳の頃だったような気もする。

 

いつまでも心配して、籠の中に入れておくわけにはいかない。

 

必要なのは、心配よりも、信頼だ。

 

…分かってはいても、総論賛成・各論反対よろしく、「いや、でも、それとこれとは…」と葛藤する。

 

「5じにかえってくるから」

 

ソワソワする私をよそに、肝の据わった息子。

 

いつまでも子どもを子ども扱いして、成長を阻んでしまうのは、親なのかもしれない。

 

 

やっぱり行きだけはついてきて、と言うので、待ち合わせの場所までついて行き、帰宅時間を念押しして別れた。

 

そこから私は、何も手につかず、心ここにあらずの3時間を過ごすことになる。

 

様子を見に行こうかな、いやでも、もしその間に何かの拍子に帰ってきたら、入れ違いになってしまうよな…

 

などなど、悶々としながら過ごす羽目になった。

 

心配よりも信頼、されど、なかなか難しい。

 

果たして5時過ぎに息子と娘は何事もなく帰ってきて、ケロリとした顔をしている。

 

このソワソワと心配からの、安堵感といったら…

 

なかなか味わうことのできない3時間だった。

 

親が考えているよりも、驚くほど子供の成長は早い。

それなのに、もう要らないものを後生大事に抱きしめて、葛藤してしまうのが、親という生き物なのかもしれない。

 

それは、もう仕方のないものだと思う。

 

心配よりも信頼。

 

できればいいけど、無理だもんなぁ…

 

 

さて、目に映るものは、すべて自らの内面を余すことなく投影したものだとしたら。

 

驚くほど変わっているのは、誰なんだろう。

 

そんなことを考える。

 

ちなみに、息子が友達と待ち合わせをした場所は、ちょうど1年前に私が断酒という史上最大の手放しを決意した小橋だった。

 

あれから1年、またいろんなものを手放していきなさい、と小さな先生は言っているのだろうか。

 

なんだか世の中、よくできている。 

 

f:id:kappou_oosaki:20191104102102j:plain

後日、公園で娘に「アンパンマン描いて!」と言われて描いた図。

どこか卑猥な笑みを浮かべる輩になってしまったのは、なぜだろう。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/11/4

1.寄稿記事:「175,100m(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________