大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

紅い、霜月。

時に霜月。

朝晩の空気の冷たさが、染みるようになってきた。

 

f:id:kappou_oosaki:20191101112615j:plain

見上げれば、陽の光の透明感が増した。

空気が冷えて、澄んできたのか。

 

もう来週には、暦の上では冬が始まる。

その名の通り、霜が降りるのも近いのだろう。

 

あれは、小学生何年生のころだったのだろう。

集団登校の待ち合わせ場所で、地面の霜をばりばりと踏んで

出発まで待っていた私を思い出す。

 

手袋をしていたような気がするから、

真冬の記憶だったのかもしれない。

手袋も、マフラーも、なぜか嫌いな私だった。

 

あの待ち合わせ場所になっていた繊維工場の社宅は、

いまはもう綺麗なマンションになって、

あの地面もコンクリートの駐車場になっている。

 

f:id:kappou_oosaki:20191101112605j:plain

赤い色が、目に留まった。

 

紅葉。

紅い、葉。

 

これから冬に向かうのに、

なぜこんなにも燃えるような色をしているのだろう。

 

もしかしたら、

一番、澄んで綺麗な時節だからなのかもしれない。 

 

f:id:kappou_oosaki:20191101112555j:plain

たしかに、真夏の盛りに、この紅さは合わない気がする。

夏は紺碧、群青、インディゴブルー。

 

時に霜月。

紅い、霜月。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆に関するご依頼やお問い合わせは

こちらからお願いいたします。

Instagramnaoto_oosakiFacebooknaoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

※現在、執筆のご依頼は

 満席にて募集を停止しています。

 再開の際はこちらでご案内申しあげます。

________________________

〇今日の書斎:2019/11/1

1.執筆依頼:短編小説 

→執筆中( 本日 505字 / T=46,156  )

2.寄稿記事:「175,100m(仮)」

3.ものがたり

 ________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________