大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

執筆環境についての試行錯誤。

おかげさまでご依頼頂いた短編も、15,000字を超えた。

 

全体の構想のだいたい3割~4割の間くらいだろうか。

 

いままで2年以上、ここで毎日書いてきたが、毎日違う内容について書いてきた。

 

ご依頼頂いた文章も、構想を練る時間は別として、文字にアウトプットするときは1日で終わらせてきた。

 

同じテーマや内容を、日付をまたいで続けて書いて積み重ねていくというのは、初めての経験だ。

 

 

なにぶん初めてのことなので、どういう方法がいいのか、いろいろと試行錯誤しながらやっている。

 

書く時間帯はいつがいいのか、

書く媒体は何がいいのか、パソコンなのかスマホなのか、

入力装置はキーボードがいいのか、音声がいいのか…などなど。

 

今のところ、

「夜に、パソコンとキーボードを使って書く」

といういたって普通の方法に落ち着いてる。

 

今後のために、私にとって必要な環境の条件を考えてみたら、この三つのようだった。

 

1.一人になれる環境。

2.終わりの時間を気にしない環境。

3.大きな画面で全体を見ることができる環境。

 

1は誰でもそうかもしれないが、話し掛けられない環境でないと書けない。

 

いまはほぼ自宅で音楽なども流さずに書いているが、これがカフェやバーなどの「心地のよいノイズ」が入る環境だとどうかと言われると、難しいように感じる。

 

一度、ホテルの15階の素晴らしい景色のカフェでブログを書いたことがあったが、あまり進まなかった。

 

むしろ、漫画喫茶の薄暗い個室のパソコンで書いたときの方が、進んだ気がする。

 

これも慣れなのだろうか。

 

「一人になれる環境」ということは誰でも書くときに必要なのだろうが、「話しかけられない程度の一人で、話し声や音楽などがある状態での一人」と「独りぼっちといえるような状態の一人」と、人によって程度の違いがあるように思う。

 

どうも私は後者のような気がする。

 

2は、やはり時間を気にするとどうしても気が散ってしまう。

 

そうなると、やはり後のスケジュールが決まっている朝などは難しい。

 

「この時間までに、ブログを1記事書く」という制約を設けると生産性が上がるという方も見かけるが、そのように分量を決めて、時間的な制約をつけた方がいいのだろうか。

 

今のところ、好きに書いているとすぐに夜更かししてしまい、翌日眠くなってしまうので、そこも今後の課題のように思う。

 

3については、どうも私は書きながら文章全体のバランスを見て、同時に校正をかける癖があるようだ。

 

「てにをは」や誤字・脱字といった基本的なものや、画面の黒さ、文字のリズム、漢字と平仮名のバランス、センテンスの長さ、リズム…などなど。

 

お世話になっている記事の寄稿先で、校正を入れて頂いている方からは「おおさきさんの寄稿記事は、いつも校正要らないですよね」とお褒めを頂いたこともあったが、そういった「てにをは」や誤字・脱字といった基本的な校正から、画面の黒さ(=漢字とひらがなのバランス)、文章のリズム、センテンスの長さ…などまで。

 

それは私が遅筆な原因でもあるのだが、そういう書き方なのだから仕方ない。

 

そうなると、スマホの画面よりは、ある程度の大きさのあるパソコンの画面の方が都合がいいようだ。

 

そして、キーボードに入力するくらいの速度の方が、同時に校正しやすいようだ。

 

音声入力の方が圧倒的に速いのだが、以前に一度試してあまり書けなかったので、それ以来使っていない。

 

これも慣れなのだろうか。

 

あと一つ、大事なことを忘れていた。

 

4.甘いものがある環境

 

やはり、これも重要な環境である。

 

煮詰まったとき、ほっとしたとき、甘いものは力と活力を与えてくれる。

 

ただ、どうしても真夜中になってしまうので、ほどほどにしておかないといけない。

 

それもまた、今後の試行錯誤の課題だろう。

 

 

こういうのは、やはり「実際にやりながら試行錯誤する」というのがいいのだろう。

 

やる前に「いい環境」について考えてみても、実際に自分に合うかどうかは、やってみない分からない。

 

引き続き、「私にとって」ベストな環境を探していきたい。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆に関するご依頼やお問い合わせは

こちらからお願いいたします。

Instagramnaoto_oosakiFacebooknaoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosakiLetterPot users/13409 

※現在、執筆のご依頼は

 満席にて募集を停止しています。

 再開の際はこちらでご案内申しあげます。

________________________

〇今日の書斎:2019/10/15

1.執筆依頼:短編小説 10/23納期

→執筆中(本日1,522字 / T=15,432)

2.寄稿記事:「175,100メートル(仮)」11/3寄稿目標

3.ものがたり

 ________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________