大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

人の温かさが秋を運んできた夜 ~愛知県刈谷市「魚屋ごんべえ」 訪問記

お誘いいただいて、刈谷市の「魚屋ごんべえ」さんを再訪した。

 

お誘いいただいたのは、この「魚屋ごんべえ」さんを紹介頂いたご縁の知人で、その知人のお店の周年祝いとお誕生日のお祝いを兼ねて。

 

お祝いの席というのは、楽しいものだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20190929065202j:plain

付き出しの渡り蟹。

 

ほのかな酸味の蟹酢とともに、食欲を目覚めさせてくれる。

 

今日この日の奇跡を想う一皿。

 

f:id:kappou_oosaki:20190929065153j:plain

赤いかを炭で焼く。半生くらいでちょうどいいくらい。

 

身もゲソも、噛み締めるほどに美味しい。

 

イカは焼くだけで美味いよなぁ…」と友人としみじみ。

 

f:id:kappou_oosaki:20190929065144j:plain

炭を置いたまま、巨大なしいたけと、鶏せせりのタレ。

 

大きなしいたけは噛み締めるほどに美味しく、そしてせせりの滋味がたまらない。

 

f:id:kappou_oosaki:20190929065325j:plain

お造り、かつおとさんま。

 

友人のリクエストだそうだが、薬味との色の対比が見事な美しい一皿。

 

戻り鰹の脂と、さんまの鮮烈な美味しさ。

 

美しい一皿を前にして、話も弾む。

 

f:id:kappou_oosaki:20190929065317j:plain

松茸土瓶蒸し。

 

中毒性のある出汁に、すだちのアクセント。

 

秋が、やってきた。

 

このあとに生牡蠣に「みぞれ酢」を添えた一皿がきたが、撮るのを失念してしまった。

 

ぽん酢ではなく、大根おろしと甘酢でつくる「みぞれ酢」は、あっさりとして牡蠣の旨味が浸みるように味わえて、美味しかった。

 

f:id:kappou_oosaki:20190929065308j:plain

さわらの幽庵焼き、玉ねぎの甘酢漬けを添えて。

 

日本に生まれてよかった。 

 

f:id:kappou_oosaki:20190929065412j:plain

天ぷら盛り合わせ、オクラ、とうもろこし、れんこん、きす、白えび。

 

どれも素晴らしかったが、夏の終わりのオクラが抜群に美味しかった。

 

夏の名残のような、ほくほくのオクラ。

 

夏の間は生で食べることが多かったが、火を通しても美味しいものだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20190929065404j:plain

最後は松茸ご飯と赤だしで。

 

日本の秋。もう何も言うこともない。

 

漬物はきゅうりのビール漬けだそうで、甘みがついていいて美味しい。

 

 

ご一緒させて頂いた友人と出会ってから、数えればもう15年も経っていた。

 

「ごんべえ」さんのフルコースに秋の訪れを感じながら、時の流れの早さと偉大さを想う夜だった。

 

ごんべえさん、ありがとうございました。

とっても美味しかったです、ごちそうさまでした。

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆に関するご依頼やお問い合わせは

こちらからお願いいたします。

Instagramnaoto_oosakiFacebooknaoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosakiLetterPot users/13409 

※現在、執筆のご依頼は

 満席にて募集を停止しています。

 再開の際はこちらでご案内申しあげます。

________________________

〇今日の書斎:2019/9/29

1.寄稿記事:「コンドル(仮)」9/30寄稿目標

2.執筆依頼:短編小説 10/23納期

3.ものがたり→ 執筆中、タイトル未定

 ________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________