大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

秋分の日に「だいじょうぶ」という言葉について想うこと。

「だいじょうぶ」という言葉は、二義的である。

 

「悪いことは起こらないから、だいじょうぶ」という意味と、

「悪いことなど何もないから、だいじょうぶ」という意味と。

 

前者は希望であり、後者は信頼であるといえる。

 

どちらでも、「だいじょうぶ」なのだ。

 

 

9月も下旬とは思えぬ31度の夏日に、虫捕りを思い出したのか、息子はトンボを捕まえたいと言い出す。

 

いつもの川沿いの道を歩いたが、あまり飛んでおらず空振りに終わる。

 

少し前には五月蠅いほどに鳴いていた蝉の声は、ススキを揺らすやさしい風の音に変わっていた。

 

秋分の日の空を眺める。

 

f:id:kappou_oosaki:20190923182249j:plain

 

全能感溢れる夏の空はもうどこにもなく、どこまでも澄んだ瞳のような青が広がっている。

 

桜の木はところどころにその葉の色を変え、足元で黄色いさざ波を形づくっている。

 

陰陽がちょうど半分ずつになる、「陽中の陰」たる「秋分」。

 

どれだけ夏が暑かろうと、その日は訪れる。

 

それは、ちとせの昔から繰り返されてきた、摂理であり、ことわりである。

 

 

ことわりを曲げようとしてしまうのもまた、人の性である。

 

「冬が来ませんように」

 

と、人知ではどうにもならぬことわりに反して、祈りを捧げるのもまた、人である。

 

その祈りは、何度も繰り返されるうちに、人の生きる希望へと昇華する。

 

「冬など来ないから、だいじょうぶ」

 

おおよそ希望的観測は、人の生きる糧である。

 

それがあればこそ、人は過去を忘れ、未来に思い煩わず、いまに生きることができる。

 

されど、冬は訪れる。

 

何度も何度も訪れる冬に打ちのめされ、試される。

 

その叩かれ、研磨される時間を経るうちに、底を尽きそうになっている希望の箱の中に、一粒の真理が残る。

 

「夏も冬もあればこそ、土は肥え、米は育つ」

 

いつしか、その真理は鈍色の光を放つ。

 

「いいことも、悪いこともない。何が起こっても、だいじょうぶ」

 

その光を、人は

 

信頼

 

と呼んできた。

 

それは生への飽くなき賛歌であり、

大いなるものへ捧げる供物でもある。

 

いずれにせよ、だいじょうぶなのだ。

 

 

だいじょうぶ、という言葉は、二義的である。

 

結局のところ、だいじょうぶなのだ。

 

秋が訪れ、いつしか通り過ぎていくように。

 

そして、またいつか円環を描いて戻ってくるように。

 

だいじょうぶ。

 

ただ、その生を愛でよう。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆に関するご依頼やお問い合わせは

こちらからお願いいたします。

Instagramnaoto_oosakiFacebooknaoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosakiLetterPot users/13409 

※現在、執筆のご依頼は

 満席にて募集を停止しています。

 再開の際はこちらでご案内申しあげます。

________________________

〇今日の書斎:2019/9/23

1.寄稿記事:「コンドル(仮)」9/30寄稿目標

2.執筆依頼:短編小説 10/23納期

3.ものがたり→ 執筆中、タイトル未定

 ________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________