大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

目の前の人をどう喜ばせるか。

目の前の人をどう喜ばせるか。

 

すなわち、自分はどんなふうに与えることができるのか。

 

自分はどんな愛し方をすることができるのか。 

 

それを知っておくことは、人間関係においても、恋愛においもて、ビジネスにおいても、変わらず大切なことなのだろう。

 

その方法を考えるカギは、「自分がどう愛されてきたか」という歴史にある。

 

 

愛を伝える、という愛され方。

厳しくしつけする、という愛され方。

笑顔で受け止める、という愛され方。

とても心配して怒る、という愛され方。

一生懸命働く、という愛され方。

一緒にいる時間をたくさん作る、という愛され方。

離れて距離を置く、という愛され方。

ともに涙に暮れる、という愛され方。

ごはんを作る、という愛され方。

お昼ご飯代を置いておく、という愛され方。

心配して干渉する、という愛され方。

心配せず放置する、という愛され方。

やさしく抱きしめる、という愛され方。

突き放す、という愛され方。

側で見守っている、という愛され方。

別れていなくなる、という愛され方。

忘れない、という愛され方。

忘れる、という愛され方。

 

 

人は自分が愛されてきたように、他人を愛そうとする。

 

どうやって自分は愛されてきたか。

 

その方法で、人は他人を愛し、喜ばせようとする。

 

それは当たり前のことではないし、あなたにしかできないことでもある。

 

視野を広げて客観視して、それを自覚すること。

 

それは、自発的に愛を与え、目の前の人を喜ばせるということ。

 

 

人は、自分自身の扱いを、必ず外の世界に投影する。

 

自分が目の前の人を、どう喜ばせるかに自覚的になるということ。

自分が大切な人に、どのようにして愛を与えるのかを知るということ。

 

それはすなわち、

目の前の人が、自分をどう喜ばせようとしているかを理解するということ。

大切な人が、自分にどのような愛を与えてくれているのかを知るということ。

 

それは、美しい円環を描く。

 

f:id:kappou_oosaki:20190919173519j:plain

緑色の上を滑りながら大きくなる、丸い宝石のように。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆に関するご依頼やお問い合わせは

こちらからお願いいたします。

Instagramnaoto_oosakiFacebooknaoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosakiLetterPot users/13409 

※現在、執筆のご依頼は

 満席にて募集を停止しています。

 再開の際はこちらでご案内申しあげます。

________________________

〇今日の書斎:2019/9/21

1.寄稿記事:「コンドル(仮)」9/30寄稿目標

2.執筆依頼:短編小説 10/23納期

3.ものがたり→ 執筆中、タイトル未定

 ________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________