大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

あの日、よく晴れた丘で。

何度かここで紹介しているが、吉兆の創業者・湯木貞一氏の、僕が好きな逸話がある。

 

湯木貞一氏が、昭和のはじめに大阪・高麗橋に店を構えた当時のこと、お越しになったお客様が、

 

「美味しかったよ」

 

と仰って帰られるのをお見送りしていると、湯木氏はそのお客様を後から追いかけて

 

「ほんとうに美味しかったですか?」

 

と尋ねたい衝動に何度も駆られた、と。

 

茶の湯という遊びの中で、美味しく茶を飲むための料理であった「懐石」を、日本料理の本流に据え、それを芸術の域までに高めた湯木貞一氏だからこそ、この逸話が輝くようで、僕は好きなのだ。

 

他人の評価を気にしていて、表現者が務まるはずがない。

 

どこまでも揺らぎのない、自分の軸、根源、ルーツ、アイデンティティがあってこそ、外界に何がしかを表現できるはずだ。

 

そうでなければ、毀誉褒貶の激しい外界の波に巻き込まれて、表現する魂は溺れ、枯渇していくだろうから。

 

されど、湯木氏の先の逸話は、どこか自分に確たる軸があるというよりは、他人の評価を気に病む臆病な表現者のように聞こえる。

 

 

これは、他人と対峙する時に、否が応でも向き合わされる。

 

たとえ誰にも評価されなくてもいい、大切なのは自分が自分を評価することだ。

 

という命題は、究極的には

 

たとえ愛されてなくてもいい、大切なのは自分が愛しているかどうかだ。

 

という命題と同義だ。

 

理想論を言えば、

 

私が愛していると決めさえすれば、あなたの反応はどちらでもいい。

 

という無償の愛を与えることができれば、満たされるのだろう。

 

されど、煩悩深き、欲深き人間である僕には、なかなかそこに至れそうにもない。

 

それでも、「自分は評価してほしい、愛されたい、弱い人間です」と言えるほどに、僕は弱くなったのかもしれない。

 

それは、弱さなのか、強さなのか。

 

 

「ほんとうに、今日来てよかったですか?」

「ほんとうに、僕でよかったですか?」 

 

面と向かってそれが聞けなかったからこそ、すなわち、自分にどうしようもなく自信がなくて、自分で自分の価値を認められなかったからこそ、いつもここで書いているような、心や人間の内面といった領域に私は惹かれたんだと思う。

 

それだけに、その人の価値を見つけて認めて見続けることや、喜ぶことをずっと考えていられるようになったとも思うから、世の中よくできている。

 

自分の価値が認められず、自己価値が異常に低いということすら、自らに与えられた恩寵の一つなのかもしれない。

 

湯木氏の逸話に、同じような香りを感じてしまうのは、僕の投影に過ぎないのだろうか。

 

そうでもないように思う。

 

湯木氏は、その逸話をてらいなく語れるほどに、強かったのだと思うのだ。

 

 

至らなかった点もあったと思うけれど、「いま」の僕の全力でした。

 

あの日、来るって手を挙げてくれて、ありがとう。

 

あの日、晴れにしてくれて、ありがとう。

 

あの日、笑ってくれて、ありがとう。

 

あの日、受け取ってくれて、ありがとう。

 

あの日、手を振ってくれて、どうも、ありがとう。 

 

f:id:kappou_oosaki:20190902162243j:plain

あの日、よく晴れた丘から吹いた風を、きっと僕は忘れない。