大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

蝉の声、故人の声。

亡くなった人のことを思い出すことがある。

 

それは故人との思い出の写真を眺めていたり、

在りし日に一緒に来た場所を訪れたり、

区切りの命日が巡ってきたり、

そんな分かりやすいシチュエーションではなく、ふと、何の脈絡もなしに。

 

そういったときほど、故人を身近に感じるのは、なぜなんだろう。

 

 

ふと足を止めて、空を見上げる時間が好きだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20190806181219j:plain

眩い夏の日差しを受け、アスファルトの熱気を感じながら、抜けるような青色を眺める。

 

しばらくすると、額に汗が滲んでくる。

 

競うように鳴いている蝉の声が、耳に響く。

 

そうしていると、時折その蝉の声の中から聴こえることがある。

 

もういまは会えない人が、何気なく話している声が。

 

今日は、ある方の在りし日のの声が聞こえた。

 

 夏休みなのに、息子のやつ、ゲームばっかりして外に出やがらねえ。

 

あまりにも、その故人が身近に感じられて、私はあたりを見回す。

 

あれは何年前だっただろうか、仕事の休憩中に、びっしょりと全身を濡らす汗をタオルで拭きながら、ボヤいていた。

 

まあこのクソ暑い中、外に出て熱中症になるよりは、家の中で好きなことしていた方がいいんじゃないですか、と私は心の中でつぶやく。

 

あのとき、私はどんな答えをしていたのだろう。

 

苦笑いをしてやり過ごしていたのだろうか。

 

その言葉は覚えているのに、私がどう返したのかは、とんと記憶になかった。

 

変わらず、太陽はじりじりと灼けるような陽射しを送る。

 

玉のような汗が、頬を伝って顎へと垂れていった。

 

 

先日のエントリーで、生命力のあふれる夏に、なぜか死を感じることが多いと書いた。

 

生命の死に絶える冬の真っ白な風景よりも、真夏の風景に死を身近に感じる。

 

「陽極まりて陰となす」なのか、何なのかと思っていたが、蝉の声、というのが一つの要因なのかもしれない。

 

どうも、蝉のあの鳴き声を聴いていると、不思議と故人との会話がふと思い出されることがあるのだ。 

 

それは、夏の暑い盛りに蝉時雨のように、何匹もの蝉が同時に鳴いているときのことが多い。

 

緩んでふっとした瞬間に、在りし日の故人の声が聞こえる。

 

なんだ、ここにいてくれたんだ。

 

それは、故人がいなくなってしまったわけではなく、いつもどこかで一緒にいることの証明のように思えるのだ。

 

私が夏が好きなのは、そんな故人の声が聞こえるからかもしれない。

 

今日も空を見上げて、蝉の声を聞こうと思う。

 

________________________

〇大嵜直人の書斎:2019/8/6

1.某メディア様への寄稿記事

→ 次回記事「名人」(仮)構想中、寄稿目標8/25

2.ものがたり

→ 執筆中、タイトル未定

 ________________________

〇作品一覧・お問い合わせ先はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________