大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

断酒日記 【260日目】 ~「ある」のか「ない」のか

「ありがとう」の反対は、「当たり前」。

 

「ある」ことに感謝できるようになるためには、「ない」を経験する必要がある。

 

「ない」という辛い時間を経たからこそ、感じられる有難みもある。

 

それはそうなのだが、「ない」ということは本当に「ない」のだろうか?

 

 

さて、断酒も8ヵ月を過ぎた。

 

なかなか明けない梅雨と不順な天候のせいか、夏の生ビールの誘惑もさほどではなく、順調に続いている。

 

そんな日々だが、お酒が「ない」ことで、お酒が「ある」ことをなつかしく幸せなものだな、と感じる。

 

それこそ、毎日のように飲んでいた時は、飲むのが当たり前になっていて、お酒を飲めることに感謝しようなどとは思わなかった。

 

よくも悪くも、人間は慣れるもので、お酒に限らず「いまここにある」奇跡というのは忘れられやすい。

 

朝、布団で目を覚ますことができること。

当たり前のように呼吸ができること。

ベッドから起きて、トイレまで歩けること。

暖かいコーヒーとパンを食べることができること。

誰かに言葉を伝えられること。

働く場所があるということ。

 

当たり前のようにしているこれらの行為も、少し考えてみれば違う誰かにとってみれば全く当たり前ではない。

 

布団もない中でまんじりともせず迎える朝や、

喘息に苦しむ人や、

足を怪我して歩けなかったり、

食べるものがなかったり、

伝える誰かを失くしたり、

働く場所がなくなったり、

 

そんな経験をした人にとっては、それらはまったく当たり前ではなくて、感謝すべきものに変わる。

 

何かが「ある」ことに感謝できるようになるためには、「ない」を経験しなくてはならないのかもしれない。

 

あんなしんどいこと、こんなつらいこと、悲しいこと…それが起こったからこそ、「ある」ことに感謝できるようになることは多い。

 

「ある」は、「ない」から始まる。

 

 

…と、ここまでは、よく言われる話ではある。

 

彼女と別れた後で、どれだけ愛されていたのか思い知ったり、

病を得たことで、健康の大切さを痛感したり、

お金が無くて苦労したことで、お金のありがたさを感じたり、

仕事を失ったことで、働く喜びを知ったり、

 

人はいろんな「ない」経験を通して、「ある」ことに気づき、感謝できるようになる。

 

その上で。

 

「ない」とは、ほんとうに「ない」のだろうか。

 

断酒をしていると、ときどきそんなことを考えてしまう。

 

これだけの期間、お酒を断っておいて、また飲めるようになったら、それはそれでものすごく美味しいお酒が飲めると思う。

 

そして、お酒を飲める喜びとともに、お酒に感謝するようになるのだろう。

 

では、断酒しているいまが「ない」状態で、我慢して苦しくて、感謝などできない状態かといえば、そうでもない。

 

断酒は断酒で楽しいし、喜びもある。

 

逆説的で、少し説明が難しい部分なのだが、断酒をしていることが、「ない」わけではないように感じる。

 

さて、これはお酒、断酒だけの話だろうか。

 

 

愛も、お金も、健康も、いろんなものに対して、

 

人は、「ない」ことを嫌い、「ある」ことを求める。

 

されど、ほんとうに「ない」のだろうか。

 

ほんとうのところ、「ある」も「ない」も同じ一つの事象の裏返しなのかもしれない。

 

どちらにしても、たいした意味はない。

 

ただ、確かに「ある」と言えるもの。

 

どんなに私が「ない」と嘆き、悲しみ、やさぐれ、中指立てようとも、その荒波の底で静かに目を閉じる、「わたし」。

 

その存在は、たしかに「ある」。 

 

それを、「愛」と呼ぼうが、「神さま」と呼ぼうが、「悟り」と呼ぼうが、「ハイヤーセルフ」と呼ぼうが、同じことなのかもしれない。

 

その存在は、たしかに、「ある」。

 

________________________

〇大嵜直人の書斎:2019/7/20

 

1.某メディア様への次回寄稿記事

  → 仮タイトル「導火線」で構想中

    寄稿完了目標:7/28

2.ものがたり

  → 処女作プロット作成中

    起稿目標:7/29

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

 

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

〇大嵜直人のお問い合わせ先 

 

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

※エッセイ・自己紹介文・プロフィール文・告知文、

その他のあらゆる執筆についてのご依頼を

上記より受け付けております。

________________________