大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

ナイターの照明の下で、プロの気分になった夜。

kappou-oosaki.hatenablog.jp

 

昨日のエントリーの通り、運動神経のあまりよくない私だが、身体を動かすこと自体は好きだ。

 

そして、幼い日にずっと一人で壁当てをしていたように、野球が好きだ。

 

そんなときに、友人からソフトボールのお誘いを頂いた。

 

この時期の天気のこと、ずっと予報は曇りか雨のマーク。

 

前日に雨が降り、当日の予報も曇りのち雨の降水確率50%と、開催が危ぶまれたが、それでも当日の昼間に晴れ間も見えて、何とか開催できることになった。

 

皆の祈りが通じたのか何なのか分からないが、うまくいくときは、そんなものである。

 

 

試合開始は19時から。

 

市民公園のグラウンド、照明塔に灯りがともる。

 

ナイターの灯りの下って、プロになったみたいな気分がして嬉しい。

 

キャッチボールをしながら、グローブにボールが収まる感触が楽しい。

 

ソフトボールって、こんなにも大きかったのか。

 

試合が始まり、ピッチャーの投げる一球一球に皆の目線が注がれる。

 

非力な私のこと、なかなかバッティングではいい打球は飛ばないし、守備もうまくできないし。

 

それでも、当たり損ないでもヒットを一本打ったのが嬉しくて。

 

ぎごちなくゴロを一つ捌いて、アウトを取ったのが嬉しくて。

 

 

周りの皆のいいバッティングや、華麗な守備に見惚れながら、童心に還ることができた。

 

やっぱり、私は運動神経がよくはなくて、なかなか周りの皆のように動けないけれど、それでも、

 

バットにボールが当たったときの手の痺れとか、

 

元甲子園球児のスイングの美しさとか、

 

ボールがグローブに入った瞬間の感触とか、

 

芝生と土の感触とか、

 

ワクワクした目で白線を引く友の表情だとか、

 

守備に就くときに見上げた照明と月の美しさとか、

 

そんなものが、私はたまらなく好きだと思った。

 

f:id:kappou_oosaki:20190713210307j:plain

 

そこには、親への怒りもなにもなかった。

 

ソフトボールを楽しめる身体を与えてくれて、ありがとう、と思った。

 

開催してくれた友人に、感謝したいと思った。

 

ありがとう。

また、遊びたいな。

 

_________________________

【大嵜直人のお問い合わせ先】

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

 

※エッセイ・自己紹介文・プロフィール文・告知文、

その他のあらゆる執筆についてのご依頼を

上記より受け付けております。

_______________________

【今日の大嵜直人の書斎】

2019/7/14 本日のStatus →

処女作のプロット作成中、起稿目標:2019/7/29

※応援の程をよろしくお願いいたします。

_________________________

【これまでの作品一覧はこちら】

 

〇大嵜直人の執筆記録〇

_________________________