大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

歌はいいね。歌は心を潤してくれる。

どうしても朝からTM NETWORKの「Get Wild」のサビが頭から離れなかった。

 

こういうときは、素直に降参するべきだ。

 

カラオケ店の受付で、「何名様ですか?」と聞かれて「あ、いや、一人です」と答える時の少々の恥ずかしさを越えれば、私はどんな大歌手にもアーティストにもなれる。

 

f:id:kappou_oosaki:20190704153014j:plain

 

懐かしの冴羽さんの画像が出てきて、テンションが上がる。

 

歌は、感情を解放してくれる。

 

ふだん感情に鈍感な男性にとって、「歌う」ことは感情を豊かにしてくれるようだ。

 

1時間1本勝負のつもりが、30分延長して、まだ歌い足りなかった。

 

私の部屋から漏れ出る歌声に、たまたま通りかかった音楽プロデューサーが驚いて、帰りがけに声をかけらる…ところまで妄想したが、誰にも声をかけられなかった。おかしい。 

 

 

それはさておき、一人で歌っていると、チョイスした歌の歌詞が、どうにも胸に刺さる。

 

無意識にそういう曲を選んでいるのだろうか。

 

Get Wild and tough

ひとりでは解けない愛のパズルを抱いて

Get Wild and tough

この街でやさしさに甘えていたくはない

Get chance and luck

君だけが守れるものがどこかにあるさ

Get chance and luck

ひとりでも傷ついた夢を取り戻すよ

 

Get WildTM NETWORK

 

くじけないでなげかないで うらまないでとばそうよ

あの時笑って作った しゃぼん玉のように

 

淋々と泣きながら はじけてとんだけど

もっと俺は俺でありますように

 

しゃぼん玉:長渕剛

 

Walk on, walk on with hope in your heart

And you'll never walk alone,

You'll never walk alone.

 

You'll never walk alone

 

離れれば離れるほど なおさらにつのる

この想い忘れられずに ひらく古いアルバム

若い日の父と母に 包まれて過ぎた

やわらかな日々の暮らしを なぞりながら生きる

 

サライ谷村新司加山雄三

 

掴んだ拳を使えずに 言葉を失くしてないかい

 

YAH YAH YAH:CHAGEASKA

 

角を曲がるといつも 消え失せてしまう言葉だけど

心の中では 切れて仕方ない

この指の先でそっと 拭き取れるはずの言葉だけど

積もり始めたら 泣けて仕方ない

 

月が近づけば少しはましだろう:飛鳥涼

 

あの日のすべてが空しいものだと

それは誰にも言えない

 

時には昔の話を加藤登紀子

 

ざらついた苦い砂を噛むと ねじ伏せられた正直さが

今ごろになって やけに骨身に染みる

 

あぁ しあわせのとんぼよ どこへ

お前は どこへ 飛んで行く

 

とんぼ:長渕剛

 

遠ければ遠いほど

勝ちとるよろこびは きっと大きいだろう

 

愛は勝つ:KAN

 

結局のところ、ヒトカラって、自分に向けた応援歌を歌う、ということなのだろう。

 

また行こう。

 

感情を、解放しよう。 

 

ヒトカラ万歳。

 

_________________________

エッセイ・自己紹介文・プロフィール文・告知文、

その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_______________________