大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

いつだって、変化は遅れてやってくる。

19時過ぎまで明るいことに驚く、夏至を過ぎた今日の頃。

 

一年で一番昼間の長い時節なのに、暑さがピークを迎えるのは、まだ1か月以上も先だ。

 

いつだって、変化は遅れてやってくる。

 

 

悩みが大きいときほど、

進むべき道が分からなくなったときほど、

燃え尽きてしまったときほど、

行き詰まったときほど、

 

人は大きな変化を求め、

「かんたん、すぐに、だれにでも」

という特効薬を求めがちだ。

 

されど、変化というのは、ほんとうのところは正反対で、

 

「手のかかることを、時間をかけて、自分しかできないことを」

少しずつ重ねていく、その小さな小さな歩みの先にある。

 

他人から見れば何でもないことでも、

自分の中では驚くほどに勇気が要ること。

 

他人からすればどうでもいいようなことでも、

自分の中ではぎゅっと握りしめて手放すのが怖いこと。

 

他人から見れば当たり前の話でも、

自分の中ではどうしても納得のできないこと。

 

そんな数々の自分だけの欠片を、

ゆっくり、少しずつ、震えながら、集めて、そして磨いていく時間が、そこにはある。

 

その一歩を踏み出せたこと、

いや、その一歩を踏み出そうとすること、

そんな小さな小さな挑戦と達成感の繰り返し。

 

自分にとって、これが大切なのかな。

こっちの方がよりふさわしいかな。

いや、どちらも自分らしくないな…

 

その地道な地道な繰り返し。

 

頼りになるのは、外界のノイズではなく、自分の内なる声でしかない。

 

 

その繰り返しの中で、ある日「これが自分らしさなのかもしれない」と、ふと気づく。

 

そのように自分を愛せるようになると、同時に人を愛せるようになる。

 

そのとき、もともとあった悩みは、そこに存在することができない。 

進むべき道などどこにもなく、ただ胸の内のコンパスに従うだけだと知る。

燃え尽きた灰の中から、ダイヤモンドを見つける。

行き詰まったのではなく、どこへも行かなくていいと知る。

 

傍から見ている人からすると、それは大きな変化にみえるのだろう。

 

劇的な変化をもたらすのは、

蛮勇とも呼べるようなバンジージャンプでもなく、

ある偉大な人の教える真理でもなく、

誰もが羨むようなわかりやすい幸運でもなく、

 

ただ胸のうちの、小さな小さなか細い声なんだ。

 

そして、その声を聴くのには骨が折れるし、時間がかかる。

 

だから、変化には時間がかかる。

 

 

「陽中の陽」たる夏至が訪れ、昼間の割合が最も大きくなると、劇的に気温が上がるわけではない。

 

むしろ身を焦がすような真夏の気温になるのは、夏至から「陽中の陰」たる秋分に至るまでの道すがらで訪れる。

 

もう、本当にしんどくてやめようと思ったときには、それはもうそこから抜ける合図なのかもしれない。

 

f:id:kappou_oosaki:20190624065642j:plain

夏には白が、よく似合い。

 

_____________________

エッセイ・自己紹介文・プロフィール文、

その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_____________________