大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

もっと、好きなことに、無心で。

週末、息子とクワガタ捕りに出かけた。

 

この時期特有の気まぐれな天候に、決行日を振り回されたけれど、子どものワクワクのエネルギー、そして必要以上に心配する大人の浅はかさ…いろんなものを見せてくれた。

 

信じることも、心配することも、疑うことも、結局は同じ愛から流れ出ているものに過ぎないのだが。

 

 

この時期の天気は、本当に不安定でよく変わる。

 

先日の梅雨の合間に見た青空があったかと思えば、突然激しい雨が降ったりする。

 

息子と約束してた週末の土曜日の予報は、その週の前半には晴れだったのだが、週中からどうも様相がおかしくなり、金曜日には完全に雨傘のマークがついた。降水確率は一日中90%と出ている。

 

全国的な荒天は日曜日まで続き、災害を警戒するように、というニュースまで流れている。

 

雨の山道は危ないし、そもそもお目当てのクワガタは出てこない。

 

今年も同行してくれる友人の「クワガタ先生」と相談し、いったん土曜日を延期にすることにした。

 

雨予報と中止を聞いた息子は、予想通り大暴れした。

 

なんで雨なんだ!

雨はイヤだ!

雨男はおとうか!

だから先週行っておけばよかったんだ!

なんとかしろ!…と。

 

よく「雨男」なる言葉を知っているなぁ、と妙に感心しながら、天気以上に大荒れの息子をなだめる金曜日の朝。

 

よく晴れていた朝から、午後になると分厚い雲が空を覆い始めていった。

 

 

翌土曜日の朝5時に、息子に叩き起こされた。

 

「雨、降ってないぞ!ちゃんと昨日、雨が降らないようにお祈りしておいたから!いまから行くって、クワガタ先生に言って!」、と。

 

事実、雨は降っていなかった。

 

息子の祈りが通じたのだろうか、空一面に分厚い雲が出ていたが、雨は降っていない。

 

ただ、そうは言っても、これから天気がどうなるか分からないし、まして山の近くの天気は変わりやすい。

 

それでも行く、と強硬に主張する息子。

 

好きなことというのは、こんなにも純粋なエネルギーを与えてくれるものなんだな、と思わされる。

 

天気予報を見ると、明日の午前中まで渋った天気だが、午後は晴れそうだ。

 

日曜日の夕方にしようと息子に言い、クワガタ先生の約束を取り付けた。

 

 

日曜日の夕方、渋滞する車の中、助手席で焦れる息子を横目に、私は心配になってきた。

 

これだけ楽しみにしていて、もしクワガタがいなかったら、どうしようか。

いや、自然のことだから、十分にその可能性はあるよな…

そうしたら、息子はどれだけガッカリするだろう…

自分の祈りが通じて、せっかく土曜日に雨が降っていなかったのに、なんで連れて行ってくれなかったのか、とか思うのかな…

 

思考というのは、シミのようなもので、一度染み出すと際限なくそちらの方向へ考えだす。

 

考えても、仕方のないことなのに。

 

日曜の夕方の幹線道路は大渋滞していて、息子に急かされて出たのが正解で、約束の時間ぴったりに着くことができた。

 

蚊よけの長袖とパーカーを着て、祈るような気持ちで車を降りて歩き出す。

 

f:id:kappou_oosaki:20190617145452j:plain

 

神々しい夕陽。

 

f:id:kappou_oosaki:20190617145440j:plain

 

その夕陽が、雨に濡れた草を照らしていた。

 

ほどなくして、お目当ての木の近くにたどり着く。

 

f:id:kappou_oosaki:20190617145430j:plain

 

…いた。ノコギリクワガタだ。

 

木のうろに、すっぽりと身体を隠している。

 

木の枝を使って、うろの中からほじくり出して、捕獲した。

 

心配性で怒られたおとうも、少しは息子の前でいいところを見せられたのだろうか。

 

根本の方には、もう一匹ノコギリクワガタと、小さなコクワガタのメスもいて、都合三匹のクワガタを捕まえることができた。

 

 

帰りの道中、後部座席で捕まえたばかりのクワガタを、満足げにしげしげと息子をバックミラーで眺めながら、捕まえられてよかったと思った。

 

それにしても、いつからあの息子のような純粋にワクワクすることや、明るい未来を信じる心が、心配したり疑ってしまうことに変わってしまったのだろう。

 

心配したり、疑ったりすることが悪い訳でもない。

 

結局、それも息子を想う気持ちの裏返しであることは分かっている。

 

ただ、無心で壁にボールを投げて、夢想していたあの頃。

 

あの頃の私も、息子と同じ瞳をしていたのだろうか。

  

好きなことを無心で歩くことが人生の要になります。

 

去年、聞いた言葉を思い出す。

 

もっと、好きなことに、無心で。

 

それが見つからなければ、何でもひたすらにやればいい。

 

ただ、ひたすらに自らの心震わせ、喜ばせることに夢中に。

 

できるはずだ。

 

いまの私の瞳に映る息子の姿もまた、私の内面の投影に過ぎないのだから。

 

_____________________

エッセイ・自己紹介文・プロフィール文、

その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_____________________