大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

梅雨の合間に。

梅雨の合間の空の色は、もう夏色だった。

 

f:id:kappou_oosaki:20190613075858j:plain

 

春先の輪郭のぼやけた色調は、もうどこにもなく、透き通った青色のグラデーションが広がっている。

 

流れる雲の形も、なぜか夏を感じさせる。

 

降ったり止んだりの空が続いていたが、梅雨の合間の太陽は喜びに満ちているようだ。

 

 

ふと、一筋の飛行機雲を見て、私は寂しさを覚えた。

 

外界の世界から感じることは、ただ自分の内面の投影である。

 

「強烈に一人になりたい私」と、

「痛烈につながりたい私」が、

どうも私の中では共存している。

 

つながりの中にいると一人内省の時間が欲しくなり、

一人でいるとつながりを求める内なる叫びが聞こえる。

 

つながりが切れることへの怖れは、いつから私の中に住みついているのだろう。

 

それは親しい人との別離の経験よりも、もっと古い記憶のような気がする。

 

その記憶は、果たして事実なのだろうか。

それとも、私の中の真実なのだろうか。

 

事実ならば変えられないけれど、

真実はいくらでも変えられる。

 

別離は事実なのかもしれないが、

孤独は真実ではないかもしれない。

 

切れていると思うから、つながろうとする。

されど、つながっていることが分かっていれば、大丈夫なのだ。

 

つながりを忘れ、そして思い出し、また忘れ…

それは、寄せては返す波のように訪れる。

 

人は、その波の合間を縫って生きる。

 

梅雨の合間の太陽のようなものなのかもしれない。

 

 

すべての「答え」は、その「問い」の質が反映される。

 

欲しい「答え」を得ようと思うなら、

「問い」の質を高めることだ。

 

そして、「問い」が生まれた瞬間に、「答え」もまた同時に生まれている。

 

それは、

どこかここから遠くではなくて、

誰かすごい人の語る言葉の中ではなくて、

積まれた書物の中にではなくて、

 

私の、内側に。

 

 

夏空に、私は問う。

 

寂しさを癒すものは、何だろう。

 

別れ際の「またね」を実現することなのだろうか。

 

楽しかった、その時間を語ることなのだろうか。

 

どれも正解なのだろう。

 

 

見上げれば、ずいぶんと雲は流れ、夏空の模様は大きく変わっていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20190614165256j:plain

 

飛行機雲よ、またね。

また会おうね。

 

そう言って、私は歩き出す。

 

_____________________

エッセイ・自己紹介文・プロフィール文、

その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_____________________