大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

母の日百景。

「母の日」というプロモーションは、ダイレクトメールの類いでは使えないんだ、と前に仕事でつながりのあった宣伝部の友人が言っていた。

 

新聞や雑誌広告、駅中のポスターなどの不特定多数の人の目に留まる「一般広告」にはもちろん使えるのだが、個別の顧客に対して宣伝をするダイレクトメールやその類いの「個別広告」には使えないそうだ。

 

なぜか。 

 

世の中にはある一定層、「母の日」を喜ばしく思わない人がいて、そうした層からクレームになることがあるからだ。

 

母親と確執を抱えていたり、

母親のことを想うと感情が掻き乱されたり、

あるいは母親と辛い別れをしていたり。

人の数だけ、母親に対する想いがある。

 

そして、その想いは

 

「おかあさん、ありがとう」

 

という十文字を素直に言える人たちばかりではない。

 

かくいう私も、「母の日」が苦手だった。

 

「母の日」に花を贈るかどうかの話しをする仲間が、羨ましかったからだ。

 

贈るべき母のいない私にとっては、単に仕事の上での関わり合いでしか捉えることができなかった。

 

注文が予想外に殺到してしまった仕入先の生花店で、出荷作業を手伝うためにほぼ徹夜で梱包作業をしながら、この立派なカーネーション一本一本の行き先を考えていた。

 

世の中には、こんなにも素直に母に「ありがとう」と伝えられる人たちがいるんだな、と。

 

感情を切っていた当時の私は、それ以上考えないようにしていたように思う。

 

やがて、仕事に燃え尽き全てがうまくいかなくなった私は、半強制的に両親の死と向き合うことになった。

 

 

ありがたいことにご縁を頂いたカウンセリングで、両親に感謝していることを100個書き出し、両親へいまの問題を相談する手紙を書いた。

 

手紙を書きながら、あれほど泣いたこともなかった。

 

切っていた感情を、取り戻し始めたようだった。

 

それは同時に、両親とのつながりを取り戻し始めた瞬間だった。

 

あれから約3年。

 

それが面白いもので、今日の母の日は、あまり情感が湧かなかった。

 

感謝や愛という情感より、ネガティブなそれが浮かぶ時間が多かったように思う。

 

私は、また違ったプロセスの中にいるのかもしれない。

 

 

20世紀後半から加速度的に研究が進んだ遺伝子工学分子生物学が明らかにしたもの。

 

それは生命の基本仕様は女であり、これまでずっと生命を紡いできた縦糸は女系であり、男はその多様性をつなぐための横糸でしかない、という事実。

 

そうしたことを引き合いに出すまでもなく、母親との関係性は個としての人生に大きく影響を与える。

 

母親から肯定されていたというイメージは、全世界から愛されているという自己愛につながり、その逆もまた然りだ。

 

女性はどうか分からないが、結果主義の男性の私にとっては、ある種の問いが、いつも脳裏をかすめる。

 

母親は、私を産んで幸せだったのだろうか

 

と。

 

もう直接その答えを聞くこともできないが、心が乱れたり自分を見失うと、その問いが心の中を吹きすさぶ。

 

 

母親との関係に限らず、他者(これは人に限らず、会社組織や、お金といったものも含む)との関係においては、必ず「依存」→「自立」というプロセスを踏む。

 

自分では何もできない幼子、

新しい部署に配属された新人、

あるいは恋愛関係において惚れてしまった側。

 

自分では何もする力がなく、相手に全てを委ねている状態が「依存」であり、一般的に感情を感じる側とされる。

 

おかあさんがおせわしてくれるとあったかいな、

周りの人がとっても親切に教えてくれて嬉しいな、

あなたが世界の全てなんです…

 

そうした「依存」の状態は、相手が思い通りに動かない不満や、自分の力不足によって傷ついたりすることを重ねていくうちに、やがて自分の足で立つようになる。

 

「自立」と呼ばれるステージだ。

 

おかあさん、ちっとも僕の相手をしてくれない、

全然自分はチームの力になれていない、

あの人は私の気持ちを全くわかってくれない…

 

そうした「傷」を抱えた分、人は自分だけの力で歩いて行こうとし始める。

 

親からの精神的な自立も、こうしたプロセスを踏む場合が多い。

 

親から愛された「依存」の時代、

思春期で親に中指を立てて反抗した「自立」の時代、

そして歳を重ねて、親を理解して対等に付き合うようになる時代。

 

大好き!お母さんが世界のすべて!

から 

このクソバアア!お前なんて知るか!

を経て

お母さん、ありがとう。

 

というプロセスとも言える。

 

全て、必要なプロセスなのだと思う。

 

それを、自分を産んでくれた母親なんだから憎んではいけない、とかやってしまうと、そのプロセスの歩みは止まり、どこまでも消化不良な想いを肚の底で腐らせる。

 

私は、ようやく止まっていた両親との時計を進め始めたのだろうか。

 

もう亡くなっている「かわいそうな両親」だから、愛と感謝を伝え続けないといけな、という義務感から外れて、ようやく「受け止めてくれる両親」として認識し直して、遅れてきた反抗期を始めたのだろうか。

 

それは、よくわからない。

 

けれど、もうしそうだとしても、どうせすべて「そこ」に還る道なのだから、中指立てたければ安心して立てていればいいのかもしれない。

 

 

百人いれば、百通りの母の日がある。

 

けれど、そのすべてが、愛を思い出す旅路の一コマに過ぎないのかもしれない。

 

安心して、感謝を伝えて、葛藤して、中指立てて、揺蕩っていればいい。

 

f:id:kappou_oosaki:20190512140811j:plain

_____________________

エッセイ・自己紹介文・結婚式等の式典のスピーチ・

プロフィール文、その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_____________________