大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

ご依頼頂いた文章を納品した夜。

先般よりご依頼頂いていた文章を、昨日クライアント様に納品させて頂いた。

 

ご依頼頂きまして、誠にありがとうございました。

 

今回は、「クライアント様自身」をテーマに、お任せで書いてくださいとのご依頼だった。

 

従前と同様に、zoom(オンライン会議アプリ)で1時間ほどお話を伺って、10個ほどの物語仕立ての質問をオンラインでお答えいただいてから、執筆させて頂いた。

 

お任せ、というのもなかなか難しいものだが、ふと頭に浮かんだ物語を描いて納品させて頂いた。

 

やはり、何度経験しても作品を納品する際は緊張する。

 

気づけば650日近く、こうして毎日ブログをアップしているのだが、不特定多数に向けたブログとは、また違う怖さがそこにはある。

 

一人に向けて書くことは、やはり怖い。

 

ブログなら、何割かの人に「つまらなかった」などと思われるのは仕方のないことだと割り切れる。

 

むしろ、たった一人に響けばいいと思っている。

 

けれど、たった一人に向けて書くことは、その人が「つまらなかった」と思ってしまったらどうしよう、という怖れが吹き出てくるのを、まだ私は拭えない。

 

それこそ、前回の納品の際のエントリーで書いたように、「ほんとうに美味しかったですか」とお客様を追いかけて尋ねたい衝動に駆られる。

 

「ほんとうに、満足していただけましたか」、と。

 

 

ただ、逆説的ではあるのだが、その怖れがあるうちは、書くことを続ける価値があるようにも思う。

 

何の怖れもなく、クライアント様のストーリーに何の感動もなく、ただ無機質に書くようになってしまったら、「私が」文章を書く意味がないように思うのだ。

 

怖れを抱えたままでこそ、書き続けられる。

 

怖れや罪悪感こそが、人生の味方。

 

そのプレッシャーは、素晴らしい本番になるためのスパイス。

 

怖れを抱えたままで、いい。

 

不完全なままで、いい。

 

不完全なままでこそ、ライフワークを生きられる。

 

その不完全な自分こそ、世界に晒すべき自分なんだ。

 

 

一仕事を終えた祝杯を挙げに来たら、見事な岩ガキに出逢えた。

 

f:id:kappou_oosaki:20190511213407j:plain

夏が、来た。

 

さすがに断酒を解禁したくなったが、ノンアルコールビールを2本ほど飲むと、その欲求も治まった。

 

濃厚な岩ガキを肴に、一人達成感に酔うことにしようと思った。

 

_____________________

エッセイ・自己紹介文・結婚式等の式典のスピーチ・

プロフィール文、その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_____________________