大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

クリスタルボウルの音色との再会と、309号線の追憶。

理加さんが最後に演奏して頂いたのは、「夕陽」という曲だった。

 

沖縄の海に沈む夕陽の美しさをイメージして、作曲されたとお話しされた。

 

会場の床に座り、目を閉じた。

 

ひとつめの音が、鳴る。

 

その音色に、世界の色が変わった。

 

二つ目の音が、重なる。

 

とたんに世界の色が重なり、変わる。

 

三つ目…

 

パレットの上で重ねた水彩の絵の具のように、変わりゆく世界の、色。

 

パレットの上と違うのは、この色たちはいくつ重ねても濁らない、ということだ。

 

どうして、理加さんの紡ぐ音は、こんなにも完璧に世界の色を変えられるのだろう。

 

そんな思考も、しばらくすると、どこかへ立ち消えていく。

 

ぼんやりと、宙に浮かんでいるような私の意識。

 

ふと、あたりが暗くなった。

 

ここに来るまでに通った国道309号線のトンネルの暗さだった。

 

 

今回の旅に出ようと思ったそもそもが、根本理加さんのクリスタルボウルを大阪へ聴きに行くためだった。

 

前回聴いたのが、去年の七夕に札幌のモエレ沼公園でだから、約1年ぶりということになる。

 

kappou-oosaki.hatenablog.jp

 

クリスタルボウルの音色は、不思議と私の心と身体を緩めてくれる。

 

そう、そのままでいいんだよ、と。

 

いま、私が立っているこの場所は、確かにクリスタルボウルの音色が導いてくれたように思う。

 

また、聴きたいと思っていた。

 

今回の旅は、その想いに正直になってみることから始まった。

 

根っからのハードワーカーの私らしく、伊勢道を南下して熊野古道を通って大阪に至るという、えげつない山道のルートを400キロ、延々とハンドルを握る手に汗をかきながら走ることになった。

 

この日の朝、大阪に至るまで通った国道309号線。

 

知らぬが仏、後から知ったのだが、この309号線は「近畿三大酷道」の一つとして有名な悪路らしい。

 

山間の九十九折りの狭路、暗く長いトンネル、むき出しの崖、林道そのままの道…運転苦手な私が、よくぞ無事にたどり着いたものだと思う。

 

ただ、その道中で、不思議な感覚を覚えた。

 

何度か通るほの暗いトンネル。

そして、それを抜けたときの緑の風景。

山の緑の感覚。

 

どこが、とは言えないのだが、懐かしい感覚を覚えた。

 

この道を、通ったことが、ある。

 

 

クリスタルボウルの音は、いくつ重なったのだろう。

 

私は、心地よい空間にいた。

 

あれは、父の運転する車の、後部座席だった。

 

あまり遠出をしなかった私の家族にとって、その日の旅行は珍しく夜になっても家に着かなかった。

 

助手席には、母が座っていたように思うが、姉二人は乗っていたのか分からない。

 

さすがにドライブも飽きてきて、窓の外を眺めていたが、妙にトンネルが多くてつまらなかった。

 

あの風景だと思った。

 

なぜ、いままで忘れていたのだろう。

 

けれど、あの道を通るような旅行をしたという話を、聞いた覚えがない。

 

けれど、あの風景だと思った。

 

奈良県の山中を走る、あの風景だと。

 

そういえば、私が物心つく前に亡くなった父方の祖母は、奈良県の出身だった。

 

父にとっては、実の母を、いまの私くらいの歳で亡くしていることになる。

 

不意に、父もまた寂しかったのだろう、と思った。

 

そうか、寂しいのは、私だけではなかったんだ。

 

父も、同じだったんだ。

 

生を与え、愛を与えてくれた人を、きっと父も亡くした寂しさを抱えていたのだ。

 

私と、同じように。

 

寂しかったんだな。

 

同じように。

 

涙が、流れた。

 

 

頬を伝う温度は、私を少しずつ夢から現へと引き戻していった。

 

不意に、なぜ夕陽は美しいのだろう、と思った。

 

オレンジ色の水平線に沈みゆく、半円の夕陽。

 

一秒ごとに、その形を変えてゆくその姿。

 

一日が死にゆくその姿に、なぜ人は美を覚えるのだろう。

 

不可逆なものほど、美しいのかもしれない。

 

有限なればこそ、美しいのかもしれない。

 

消えゆくからこそ、美しいのかもしれない。

 

この空間に響く、クリスタルボウルの音色のように。 

 

不可逆なもの、有限なもの、消えゆくものに、私はいつも寂しさを覚え、胸を痛める。

 

けれど、それらは美しい。

 

ふと私は、1年前に札幌で聴いた薄いグリーンのクリスタルボウルのことを想った。

 

いまも、この空間に、あの心音のような音色が響いているような気がした。

 

いまも。

 

そして、これからも、ずっと。

 

だとするなら、何も、寂しさの涙にずっと濡れていることもないように感じる。

 

「有限」だと分かるのは、「無限」ということを知っているからこそ、だから。

 

ただ、その美しさに身を任せていればいい。

 

 

なぜ、理加さんのクリスタルボウルの音は、記憶の底に沈んでいたイメージを呼び覚ますのだろう。

 

不思議だ。

 

大阪からの帰路、姉に家族で熊野・奈良を訪れたことがあったかと聞いたが、そんな記憶はないと言っていた。

 

だとするなら、クリスタルボウルの音色の海の中で浮かんだ、あの309号線のトンネルの暗さは、私の記憶違いなのだろうか。

 

もしかしたら、まったく違う道と、記憶違いをしているだけかもしれない。

 

もしかしたら、父親の記憶なのかもしれない。

 

それは、どちらでもいいような気がした。

 

いまもその記憶は、あの薄いグリーンのボウルの音色と同じように、私の中で響いているのだから。

 

f:id:kappou_oosaki:20190506203825j:plain

 

_____________________

エッセイ・自己紹介文・結婚式等の式典のスピーチ・

プロフィール文、その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_____________________