大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

終わりの雨、始まりの雨。

平成最後の朝は、雨だった。

 

f:id:kappou_oosaki:20190501174330j:plain

いまが盛りのツツジを濡らしていた。

 

なくなるもの、

過ぎ去るもの、

失われるもの、

戻らないもの…

そうした世の不可逆なものに、いつも私の心は締め付けられる。

 

思春期から社会人、そして人の親となって過ごした平成という時代が終わる。

 

ナゴヤ球場の失われたライトスタンドを訪れたこともあってか、なおさら過ぎ去る時代というものに感傷的になる。

 

実家を出て下宿した。

競馬と麻雀とパチンコと音楽漬けの毎日を送った。

気づけば、一人になっていた。

ホワイトな企業で、ブラックな働き方をした。

人の親になった。

自分の抱えてきた心の闇を知った。

同時に、愛を知った。

かけがえのない仲間ができた。

書くことを始めた。

 

二度とは戻らない日々が、そこに確かにあった。

 

平成最後の日が、雨でよかったと歩きながら思った。

 

 

そんな平成最後の日は、どうにも体調と気分が優れず、人生で何度もないであろう改元の日付が変わるのを待たずに、早々に終わる時代を抱いて床に就いた。

 

明けて令和元年五月一日の朝。

 

テレビを点けると、新しい時代を祝う人々の熱気があった。

 

昭和から平成に変遷の際の自粛ムードはどこにもなく、そこには新しい時代への希望と喜びがあふれていた。

 

不敬を承知で、上皇陛下はこの空気を望まれていたのではないかと思った。

 

過ぎ去りし過去に傷み、悲しみ、嘆く時代ではなくなったのだ。

 

ただ、未来の希望と明るさを見て、喜び、それを受け入れるだけでいいのだと思う。

 

 

時代は、確実に、変わった。

 

けれど、新しい令和の朝も、まだ厚い雲から雨が降り続いていた。

 

涙雨。

 

そんな言葉が思い浮かんだ。

 

けれど、その涙はたった一晩が過ぎただけで、その暖かさを変えたような気がした。

 

悲しみを浄化する涙から、愛の深さを知った瞬間の涙へ。

 

はじまりは、いつも雨。

 

過ぎ去りし平成の時代を彩った、あの名曲のタイトルが思い浮かんだ。

 

www.youtube.com

 

平成最後の朝は、雨だった。

 

令和の最初の朝も、雨でよかったと思った。

 

f:id:kappou_oosaki:20190501174319j:plain

 

_____________________

エッセイ・自己紹介文・結婚式等の式典のスピーチ・

プロフィール文、その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_____________________