大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

アタシ、最近がんばってるんです。早く来れるようになったんですよ。と彼女は言った。

「また来たんですか。そんなに暇なんですか」

 

「あぁ、暇なんだよ。だから相手してくれ」

 

「暇っていうより、寂しいんですよね」

 

「あぁ、そうだよ。寂しいんだよ」

 

「否定しないんですね…まぁ、アタシも寂しいクチですけど」

 

「あぁ、そうだろうな。類は何とやら、だからな」

 

「否定してくださいよ。そういえば、前回の遅刻の話の続きなんですけど」

 

「うん」

 

「アタシ、最近がんばってるんです。早く来れるようになったんですよ」

 

「ほう、それはすごい」

 

「でしょ?今日なんて15分も早く来れたんですよ」

 

「だから目やにが付いて眠そうなのか」

 

「目やには付いてないです!…でも、確かに1時間以上も早起きしたんで、眠いです。なんで1時間も早く起きたのに、15分しか早く来れないのかは謎なんですが」

 

「眠いのは、あかんやん。今日うっかり夜更かししちゃったら、明日はリバウンドで3時間くらい遅刻かもな…」

 

「いえ、絶対しないです!…でも、最近夜更かししてるのに、早起きになっちゃってますね…だから日中眠いんです」

 

「うーん、それで続けられるのならいいんだけど、そうでないなら、どこかで無理した反動がきちゃうかもしれないね」

 

「えー、じゃあ、どうしたらいいんですか?」

 

「いやいや、別にどうもしなくてもいいと思うよ。ただ、ネガティブな動機って、なかなか長続きしないよね。僕も『痩せなきゃ!』『運動不足はよくない!』って思って再開したランニングは、案の定4日坊主になっちゃったし」

 

「3日じゃないところに、どうでもいいような負けず嫌いが発動してますね。見かけによらず、ほんとプライド高いんだから」

 

「うるさい」

 

「自分で分かってるけど隠しておきたいところを突かれると、人は『怒り』を使うことが多いって、私のばあちゃんが言ってましたよ」

 

「ますますうるさい」

 

「アハハ、やっぱり図星なんだ」

 

「もう戻る」

 

「アハハ、まあまあ。でも、アタシ寝るの好きなんで、眠いのは辛いんですよ。どうにかならないですかね」

 

「うーん、期間限定で終わる話なら、眠くても我慢してもいいと思うんだけどね。テストとか、試験とか」

 

「テストと試験はいっしょですよ」

 

「うるさい。もう戻る」

 

「まあまあ。そうなんですよ、この眠気をずっと続けるのは辛いんですよ」

 

「まあ、睡眠負債という恐ろしげな言葉もあるしね。ほんもののショートスリーパーでない限り、寝不足は辛いよ。僕も寝不足は絶対ダメだもん」

 

「ですよねー。どうしたもんですかね」

 

「うーん、15分早く来て、何してるの?」

 

「仕事する気にもならなくて、ぼーっとしてます」

 

「あぁ、早朝の仕事は『沼』だから、気を付けた方がいいよ」

 

「ヌマ?」

 

「ああ、アイドルの追っかけみたいなもんだよ。気付いたときにはズブズブで抜け出せない」

 

「はぁ…」

 

「はかどるんだよ、早朝の仕事って。電話も問い合わせもないし」

 

「電話も問い合わせはいっしょですよ」

 

「うるさい。そんで、なまじはかどるから、どんどん来る時間が早くなって、無理しちゃう」

 

「体験者は語る、ですか?」

 

「あぁ、仕事をこなすのが楽しくて仕方ないからいいんだけど、そうじゃないなら、どこかで無理してる反動がきちゃう。僕はそうだった。

 

だから、

『その選択は、永遠に続けられるくらい、自分にとって無理がないか?』

『その行動を重ねると、喜びが満たされる感覚があるか?』

『最後の出社日になっても、その行動をやるか?』

 っていう問いかけは、大事かなぁ」

 

「へぇー。そんなもんなんですかね」

 

「そうなの。まぁ、そんなこと考えなくても、その15分の時間を自分の喜びのために使うなら、何をするか?を考えた方が、楽しくて続くのかもしれない」

 

「うーん、何をしよう」

 

「何でもいいと思うんだよね。自分だけのためにコーヒーを丁寧に淹れるでも、好きな動画を観るでも、ブログ書くでも、ヨガをするでも。その喜びのためだったら、続けられるような気がする」

 

「うーん、そっか。何しようかなぁ」

 

「ちなみに僕は、毎朝、誰もいない会議室でコックリさんを呼んでる」

 

「絶対嘘だ」 

 

_____________________

エッセイ・自己紹介文・結婚式等の式典のスピーチ・

プロフィール文、その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_____________________