大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

春の風に吹かれて中京競馬場で中山グランドジャンプを応援した日。

暖かな春の土曜日、息子と娘と中京競馬場へ出かけた。

 

f:id:kappou_oosaki:20190416064927j:plain

暖かな陽射しの下、まだ桜は咲き誇っていた。

 

この日は中京開催日ではなかったので、人もまばらだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20190416064917j:plain

名鉄中京競馬場前駅の近くの駐車場に車を停めて、入場門へ歩く。

 

我が青春のサイレンススズカの名前が見えて、あの金鯱賞から20年が経ったかと思うと、感慨深い。

 

競馬も人生も、年を重ねるほどに味わい深くなる。

 

f:id:kappou_oosaki:20190416064906j:plain

青い空、白い雲、緑の芝。

 

満員のスタンドの熱気もいいけれど、この誰もいない開放感もまたたまらない。

 

f:id:kappou_oosaki:20190416065023j:plain

メインスタンドを望む。

 

柔らかな春の陽の光が差し、風はやさしく頬をなでる。

 

f:id:kappou_oosaki:20190416065033j:plain

構内にある馬頭観音の前で手を合わせる。

 

息子はカブトムシのサナギが無事に羽化しますように、とお願いしたらしい。

 

きっと観音さまは聞き入れてくれるだろう。

 

私は今日のメインレースの全頭・全騎手の完走をお祈りした。

 

f:id:kappou_oosaki:20190416065443j:plain

構内に設置されている名鉄パノラマカーも、ほぼ独占状態。

 

あこがれの一番前の座席に座ったり、運転席で特急の警笛を鳴らしたりして、息子はご満悦のようだった。

 

f:id:kappou_oosaki:20190416065317j:plain

ターフビジョンでは、次のレースのパドックを映していた。

 

人もまばらなスタンドでは、ビールを飲んでいる客がいたり、のんびりした空気が流れる。

 

f:id:kappou_oosaki:20190416065014j:plain

軽くお昼を済ませた後、内馬場の遊具で息子と娘は遊んでいた。

 

私は不思議な形の雲を見上げながら、ベンチで少しウトウトとしていた。

 

気持ちのいい春の日。

 

f:id:kappou_oosaki:20190416065153j:plain

ポニーに試乗できるイベントが開催されていたので、並んで乗せてもらう。

 

娘が乗ったのはサスケという鹿毛のポニー。

 

娘は、タテガミが三つ編みになっていたのが気に入ったらしい。

 

これで入場無料なのがありがたい。

 

まあ、いままでさんざん外れた馬券が、その原資になっているのだが。

 

人間、過ぎれば忘れるものだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20190416065204j:plain

息子はイッペイという名の芦毛白毛?のポニー。

 

桜のピンク色との対比が美しい。

 

「けっこうゆれた!」と興奮気味に教えてくれた。

 

私は乗馬体験をしたことがないので、今度してみようかとも思う。

 

それにしても、トップスピードで疾走するサラブレッドに騎乗するジョッキーとは、どれだけすごいのか。

 

「おうまにのるひとになる!」

 

という新たな夢ができた息子を見て、やりたいことがあるという幸せを想う。

 

f:id:kappou_oosaki:20190416065140j:plain

そろそろメインレースの時間が近づいたので、地下道を通って戻る。

 

実際にパドックから本馬場入場するサラブレッドも、こんな風景を見ているのだろうか。

 

f:id:kappou_oosaki:20190416065454j:plain

中山のメインレース「中山グランドジャンプ」が始まる。

 

去年のオジュウチョウサンの活躍から、障害レースの魅力に惹かれている。

 

レースがスタートする。

 

ハナを切るミヤジタイガ、その後ろにマイネルプロンプト、ニホンピロバロン

 

そしてオジュウチョウサン

 

すぐ後ろでタイセイドレーム、シンギングダンサー。

 

どの有力馬も、絶対王者オジュウチョウサンを負かしにいく気満々で、図らずも「オジュウ包囲網」が敷かれる。

 

各馬が一つ、また一つと障害を飛越するたびに、心臓が「ぎゅっ」と掴まれたように感じる。

 

息が、詰まる。

 

中間のバンケットあたりで、ニホンピロバロンオジュウチョウサンに競りかけていく。

 

ミヤジタイガが、マイネルプロンプトが、入れ替わり立ち替わりオジュウチョウサンにプレッシャーをかける。

 

石神騎手とオジュウチョウサンは、淡々と飛越を繰り返し、それでも見事なコース取りで好位置を譲らない。

 

胸が、締め付けられるようだ。

 

1977年 有馬記念のトウショウボーイとテンポイントの鍔競り合いが、脳裏に浮かんだ。

 

あのときは2頭のマッチレースだったが、今日はオジュウチョウサン対有力馬の鍔競り合いがずっと続くレースのように見えた。

 

飛越のたびに、コーナーを回るたびに、火花が散っているようだ。

 

これが、ジャンプレースなのか。

 

周りに誰もいないターフビジョンの前で、私は立ち尽くしていた。

 

妙に、頬を叩く風が強く感じた。

 

最終障害を飛越して、突き放しにかかるオジュウチョウサン

 

必死に食い下がろうとするシンギングダンサーに、胸が熱くなる。

 

それでも、絶対王者は強かった。

 

あれだけ各馬からプレッシャーをかけられながら、圧倒的な力でねじ伏せた。

 

しばらく呆けたように、私はその場で立ち尽くしていた。

 

けれど、残念ながら2頭が最終障害の飛越で落馬していたことを実況で知り、その無事を祈った。

 

f:id:kappou_oosaki:20190416065432j:plain

いつも通り馬券も外れて、いつも通り肩を落とす帰り道。

 

それでも、いいレースを観ることができて、心は満ち足りていた。

 

朝ここに来るときに見た桜は、春の風に吹かれて少し花を散らしたようだった。

 

ありがとう、中京競馬場

ありがとう、中山グランドジャンプ

 

___________________

エッセイ・自己紹介文・結婚式等の式典のスピーチ・

プロフィール文、その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

____________________