大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

岡山旅情。

岡山は「晴れの国」と呼ばれるそうだが、なぜか私の訪れる日は曇りや雨の日が多い。

 

この日も、朝名古屋を出たときから冷たい雨が降り続いていた。

 

満開だった桜も、この冷たい雨で散ってしまうのだろうか。

 

f:id:kappou_oosaki:20190411071544j:plain

着いた岡山駅のホームでは、初めて生で見る「レイルスター」が停車していた。

 

何歳になっても、このロングノーズは少年の心を刺激する。

 

朝からいいものを見た。

 

 

午前中の打合せを終え、午後のアポイントの場所へと車を走らせる。

 

変わらず冷たい雨は降り続いており、道を濡らしていた。

 

しばらく田舎道を走らせると、前を行く車が次々に吸い込まれていった。


うどん屋さんだった。


渡りに船だったので、長いものに巻かれることにした。

 

f:id:kappou_oosaki:20190411071828j:plain


10人ほど並んでいたが、昼時のうどん店らしく回転は早くすぐに案内された。


何気なしに天ぷらうどんを頼むと、運がよかったね、最後の一枚だったよ、と教えて頂いた。


しばし待つ間に、対面の席の客が食べていたおでんがうらやましくなり、セルフサービスで取りに行く。

 

f:id:kappou_oosaki:20190411071859j:plain

大根、厚揚げ、牛すじとこんにゃく。


串から外れるのを防ぐため、ミニこんにゃくが串の先っぽに刺されているのが可愛い。


味噌だれは生姜が入っており、濃い見た目以上にあっさりして美味い。

 

伏見の島正さんを思い出す。

 

いずれの具材も味わい深く、生姜のおかげか身体がほっこりと温まる。

 

冷たい雨の降る春の日にはありがたかった。

 

f:id:kappou_oosaki:20190411071849j:plain
やがてやってきた天ぷらうどんは、座布団のような天ぷらが器に乗っていた。


箸で崩しながら、うどんをすする。


小海老、かぼちゃ、玉ねぎが入った天ぷらは、思いのほか軽く、いくらでも食べれそうだった。

 

f:id:kappou_oosaki:20190411071838j:plain

半分くらい食べたところで、ネギ、胡麻、すりおろしの生姜を入れて楽しむ。


美味い。

 

ほっと一息をつきながら、器の残りのうどんと出汁を堪能した。

 

おでん、天ぷら、手打ちうどん

 

ごちそうさまでした。

 

f:id:kappou_oosaki:20190411072005j:plain

小雨に煙る岡山駅

 

別れの挨拶に来た岡山は、車窓から見える冷たい雨が散らす桜と同じように、名残惜しかった。

 

ありがとう、岡山。

また来るよ。

 

___________________

エッセイ・自己紹介文・結婚式等の式典のスピーチ・

プロフィール文、その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

____________________