大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

世の中に たえて桜の なかりせば

決めていたわけでもないが、週末にまた晴れたので誘われるように近所の公園に花見に訪れた。

 

f:id:kappou_oosaki:20190408145837j:plain

公園までの道のりでも、いたるところで桜の木の下でレジャーシートを広げ、花見をしている方たちが見えた。

 

春麗

うららかな、春。

 

そんな言葉が思い浮かぶ。

 

先週末に同じ場所に訪れたときは七分咲きくらいだったが、この日はまさに満開で、少し強い風に揺れると花びらが空に舞っていた。

 

それにしても、今年は咲き始めてからが長かったように思う。

 

まるでそのまま冬に戻りそうな寒さが続いたせいも、あるのだろう。

 

咲いたら、散る。

それが桜の美学だが、こんな風に長く楽しませてくれる桜も、たまにはいいのだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20190408150332j:plain

そんな風に冬物のコートが手放せない寒い日が続いたのだが、この日は汗ばむような陽気だった。

 

陽の光が、ぼんやりとして春らしい。

 

日に日に、空の色が冬の輪郭のはっきりとした色から、春のぼんやりとした色へと変わっていくように感じる。

 

ぼんやり。

春というのは、そういう季節なのだろうか。

 

寒さにかまかけて、衣替えということも忘れていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20190408150309j:plain

公園をぐるりと一周してみる。

 

そうえいば、先週真っ白に咲き誇っていたユキヤナギは、もうその色の多くを白から緑に変えていた。

 

桜もさることながら、ユキヤナギの咲き方、散り方もまた見事なのだと思う。

 

人生の中の、また新しい発見だった。

 

f:id:kappou_oosaki:20190408150320j:plain

近づいてみると、少し花びらの散ったものも見えた。

 

もう、来週には葉桜だろうか。

 

葉桜もまた、生命力のはじまりとおわりが交錯するようで、私の好きな桜の様相の一つだ。

 

 f:id:kappou_oosaki:20190408145816j:plain

レジャーシートを広げて、少し遅めのお昼にする。

 

この日も、近所のスーパーでパンとお惣菜を買って楽をさせてもらった。

 

息子の大切なお友達の、トリケラトプスのフィギュアとぬいぐるみも一緒に。

 

 

はらはらと、花びらが2枚、私の前を舞って唐揚げの前に落ちた。

 

ぼんやりとした青色の空を眺めながら、なぜか私は悲しみを覚えた。

 

桜が散るから悲しい、というわけでもなさそうだ。

 

春になると、人は情緒が不安定になることがある。

 

気温が上がる、ということは自然の理の中でどこか不自然なのだろうか。

 

薬缶に入れた水が、お湯になるまで熱を加える途中では、ぐらぐらと薬缶が揺れたり、水面が波だったりする。

その反対に、薬缶に入った熱湯は、時間が経てば静かに自然に冷めていく。

 

春の情緒は不安定で揺れやすく、秋のそれは静かに内省を促すように感じるのは、そのせいなのだろうか。

 

平安の昔の歌人も、桜の美しさを伝える歌として、

 

世の中に たえて桜の なかりせば

春の心は のどけからまし

 

と詠っている。

 

それだけ、この短期間で一気に咲き誇り、散りゆく桜というのは、千歳の昔から人の心を忙しく揺さぶってきたのだろう。

 

折しも、一昨日に二十四節気の一つ「清明」を迎えたばかり。

 

春の麗らかな陽射しの中、天地万物が清らかな明るさに輝く時候。

 

中国や沖縄の一部では、先祖の供養をする行事を行うことがあるらしい。

 

お腹が満たされて、遊具で遊びに行った息子と娘は、お腹が満たされて遊具で遊びに行ったようだった。

 

一人、レジャーシートに横になって空を見上げる。

 

f:id:kappou_oosaki:20190408145826j:plain

 

淡いピンクのファインダー越しの青空を眺めながら、

 

私は過ぎ行く春との別れと、

 

過ぎ去った両親との別れのあった春に眺めた、しだれ桜の色を思い出していた。

 

少し眠ろうと思い、目を閉じたが、

 

意外と陽射しが強くて眠れなかった。

 

気付けば、悲しみは過ぎ去っていった。

 

また、思い出すのだろうと思った。

 

この桜のように。

 

___________________

エッセイ・自己紹介文・結婚式等の式典のスピーチ・

プロフィール文、その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

____________________