大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

ぼんぼりが朱く染める桜を眺めながら、どうでもいいような過去を想い出す夜

近所の川沿いの桜並木に、ぼんぼりが設置されていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20190403080842j:plain

 

その灯りが照らす桜を見たくなって、日が暮れてから川沿いを歩いた。

 

久しぶりに眺める、夜桜だった。

 

まるで冬に逆戻りしそうな、ここのところの寒さのせいか、

あるいは、遅い時間のせいか、

桜並木はひっそりと静まり返り、ぼんぼりの灯りだけがにぎやかだった。

 

f:id:kappou_oosaki:20190403080853j:plain

 

自分の歩く足音が響く。

 

時おり、ランニングをする人の吐息と衣擦れの音が近くなり、また遠ざかっていった。

 

こういう時間は、内省の時間になる。

 

京都にある「哲学の道」という桜の名所を一度訪れたことがあったけれど、その名づけは言い得て妙だ。

 

日々、いろんな情報を目にするし、いろんな人から刺激を受けるし、いろんなことが起こるし、それによっていろんなことを考えさせられる。

 

けれども、大切なのは、わたしは何処へも行かない、ということなのかもしれない。

 

歩くにせよ、走るにせよ、目を閉じるにせよ、それらは自分自身の場所を見つめる時間のように思う。

 

何もしない時間が、とてもだいじ。

 

何もしない時間があるからこそ、何かをする時間が生まれる。

 

頭に浮かんでは消えていくことを、ただ判断したり否定したり気に留めたりせず、ただそのままにしておく。

 

 

高校時代、通っていた高校にとても面白い話をする先生がいた。

 

社会科の担当で、公民や倫理を教えていたのだが、とても話に惹きこまれる何かを持っていた。

 

縁あって、いろんなことをお話しすることができた。

 

放課後の社会科の教室で、日が暮れるまで話し込んだ。

 

大学で物理学を志し核融合の研究を目指したそうだが、「ものごとのことわり」を突き詰めていくうちに、いつのまにか哲学を修めていたと聞いた。

 

哲学の歴史から、宗教と科学の関係について、教育についてなど、ああだこうだといろんな話を聞くのは、ただ楽しかった。

 

宇宙のことについての話が出たときのことだったように思う。

 

その当時の物理学では、百五十億年先には太陽が膨張して地球を飲み込んでしまうだろう、という予想がされていると聞いた。

 

自分が生きているはずもない、そんな先の話を聞いて、なぜか私は心配になった。

 

「そのとき、せっかくいままで築き上げてきた人の「知」だったり、「美」というものはどうなるんでしょうね」

 

そんな百五十億年も先には、

自分自身も、

自分の愛した者たちも、

自分を愛してくれた人たちも、

生きていないのは当たり前なのに。

 

「どうなるかなんて、そんなことは科学者たちは考えないよ」

 

その先生は笑っていた。

 

窓から差し込む冬の陽の光が、机を照らしていた。

 

そのオレンジ色が寂しそうに見えて、なぜか、百五十億年後のことが無性に悲しくなったのを覚えている。

 

 

夜桜を照らすにぎやかな灯りを見上げていると、やはり普段は思い出さないようなことが浮かんでくる。

 

いまとなっては何の意味も為さない、その数十年前の会話。

 

それでも、私はその陽射しのオレンジ色の寂しさと、百五十億年先への心配を覚えている。

 

そんなどうでもいいようなことの積み重ねが、いまのわたしを形づくっているのだろう。

 

おそらくそれは、誰もが、同じように。

 

風は冷たく、身体は芯まで冷えてきたようだ。

 

そろそろ帰ろう。

 

角を曲がると、家の灯りが見えてきた。

 

オレンジ色の、灯りだった。

 

今日は、寂しそうな色ではなかった。

 

___________________

エッセイ・自己紹介文・結婚式等の式典のスピーチ・

プロフィール文、その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

____________________