大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

1年ぶりに見たやさしい奇跡。

金曜日に、名古屋でも桜の開花宣言のニュースを見た息子は、週末が待ちきれなかったようで、近所の川沿いの桜並木のチェックに行こう!と朝から急かされた。

 

f:id:kappou_oosaki:20190324202736j:plain

週なかから冷え込んだが、気持ちのいい日曜日だった。

昨日の土曜日は、東京の局地予報では雪マークがつくくらい寒かったようだ。

 

おかげで開花が少し遅れたようだが、週末にあわせてくれたかのようだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20190324202759j:plain

春はいろんな花の色が目に入る。

 

年々、私の世界に映る花が増えているような気がする。

いままで、何を見ていたのだろうか、と驚くことが多い。

 

f:id:kappou_oosaki:20190324203054j:plain

川沿いの雪柳も満開だった。

この「雪柳」という名前も、先日息子と娘と散歩をしていた際に、年配の女性の方に名前を教えて頂いた。

 

世界は、名前を知ると豊かになる。

 

f:id:kappou_oosaki:20190324203341j:plain

青空に向けて、ピンクのエネルギーが満ち満ちているかのように感じる。

やはり、桜の木には青空がよく似合う。 

 

f:id:kappou_oosaki:20190324203023j:plain

枝の先を見ると、ほんとうにあと少しで開花しそうな花びらたち。

満開の桜に目は留まっても、こういう表情の桜を見ることができるのは、あまり記憶にないように感じる。

いましか見られない絶景に、嬉しく思う。

 

f:id:kappou_oosaki:20190324203506j:plain

おや、こちらの枝の先では、もう・・・

 

f:id:kappou_oosaki:20190324203034j:plain

おや、こちらの枝の先でも・・・ 

 

f:id:kappou_oosaki:20190324203518j:plain

あった。

咲いていた。

陽当たりのいい場所の木の、中ほどの枝の先に。

 

1年ぶりに見る奇跡に、息子と一緒になって喜ぶ。

そのやさしい奇跡に、なぜか涙が頬を伝った。

 

年を重ねると、涙腺が緩くなったり、あるいは感情的に弱くなったりする、とよく聞くが、それは逆のように思う。

 

弱さを見せられる、ということは強さなのだ。

感情を感じられる、ということは進化なのだ。

涙を流すことができる、ということは祝福なのだ。

 

それを重ねた分だけ、世界は豊かに、そして優しくなる。

 

f:id:kappou_oosaki:20190324203529j:plain

 

_______________

エッセイ・自己紹介文・結婚式等の式典のスピーチ・

プロフィール文、その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_______________