大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

憧れの人は、ドラクエの馬車のように。

人の意識というのはすごいもので、フォーカスした対象に自分を無意識に近づけていく。

 

そう考えると、憧れの人や、ファンとして応援している人、あるいは大好きな人がいる、というのはありがたいことで。

 

いいなぁ、好きだなぁ。

と思える人がいたら、誰でも勝手にその人のようになっていくものだ。

 

その大好きな人の成功や活躍。

それはもう一人の自分の成功や活躍なのだから、自分のことだと思って喜んでいるのが、一番簡単な願望実現の方法の一つなんじゃないかと、よく思うのだ。

 

 

以前に、テレビゲームの「ドラクエ4」に寄せてエントリーを書いた。

 

kappou-oosaki.hatenablog.jp

 

最近ではリメイク版も出ているが、私が最初に触ったのは小学生の頃だっただろうか。

 

少し病的なくらい「ドラクエ4」に惹かれて、クリアした後もずっと旅をやめず、その結果8人の仲間たちのレベルを最高の「99」まで上がってしまうくらい好きだった。

 

その中で、不思議なシステムがあった。

このドラクエ4から登場して、その後のドラクエシリーズの定番となった「馬車システム」である。

 

一度にモンスターと戦えるのは4人までで、残りの仲間たちは馬車の中で待機する、という設定だった。

 

(どうでもいいが、第5章でこの馬車を手に入れるまでが、とてもイイ。過去にたいせつな仲間に裏切られた傷から、誰も信じなくなったホフマン。彼のために、勇者たちが「しんじるこころ」という宝物を、裏切られた洞窟に取りに行くというイベントが泣かせる。「信じる心」を取り戻したホフマンが、勇者たちに与えるのが「馬車」というのもまた、心憎い)

 

ドラクエというゲームは、モンスターを倒して「経験値」を得ることで、仲間のレベルが上がっていく。

 

私が不思議だったが、外でモンスターと戦っていたメンバーにはもちろん「経験値」は入るのだが、馬車の中で「何もしていなかった」メンバーにも同じように「経験値」が入るというシステムだった。

 

え?なんで?

ずっと馬車の中にいたブライとかトルネコは、何にもしてないじゃん?

外で必死こいて戦っていた勇者とかライアンは、めっちゃ頑張ってたよ?

何で同じ経験値が入るんだろう?

 

とか思って、腑に落ちなかった。

 

けれど、いまならよく分かる。

彼らは、「仲間」なのだ。

 

馬車の中でお茶でも啜りながら世間話してても、

外で「つうこんのいちげき」を食らってても、

馬車でウトウトしていても、

新しく覚えた「ベギラマ」でモンスターたちを撃退しても、

みんな同じ仲間なのだ。

 

それぞれが自分らしくいることが、パーティにとって最高の恩恵を与えるのだ。

サボってても、

戦ってても、

ぼんやりしてても、

傷ついていても、

何してても大丈夫。

 

どうせ、次は自分の番がくるから。

 

そう思えるなら、皆に等しく「経験値」が入ってレベルが上がっていくのも分かるような気がするのだ。

 

人間の意識というのは、それくらい偉大なものだと感じる。

 

そうだとしたら、憧れの人、大ファンですと胸を張れる人、大好きな人がいるという意識は、同じようなものなんじゃないかなと、ふと思った。

 

(まあ実際のところ、単にゲームの容量の問題でそういう仕様になっているのだとは思うが、そう考えた方がロマンがあるよね)

 

人の意識がフォーカスすることのパワーのすごさを書こうと思ったら、なんだか思わぬ方向に行ってしまった。

 

けれども、大好きな人がいるというのは、そんな意味?でもありがたいことだ。

 

限りある時間を使って、誰に意識をフォーカスするのか。

誰とパーティーを組んで、馬車に乗りたいのか。

 

今日は少しそんなことを考えるのも、楽しい。

 

 

書いていてドラクエ4が懐かしく、またプレイしてみたくなった。

 

たしか家にDS版があったように思うが、どこにしまったのだったか・・・

 

なぜ、あんなにも惹かれたのだろう。

 

第1章から第4章まで別々の主人公の物語が奏でられて。

第5章で、いきなり勇者の村が魔族に襲われて、天涯孤独になった勇者は一人旅をする。

旅の中で、第4章までの物語の主人公たちが、一人、また一人と勇者の仲間になっていく。

 

国王に忠誠を誓う王宮の戦士。

故郷を失くしたおてんば姫と、心配者の神官と、その教育係のじいや。

独立して世界一の武器商人を目指す者。

両親の仇を探す占い師、踊り子・・・

 

故郷、両親、仕えるべき主、夢・・・どこかに欠けたところのある仲間たちは、みんな私の一部だったのかもしれない。

 

38歳の私が振り返れば、あの仲間たちはみんな、私の投影のように思える。

 

ひょっとして小学生の私は、それを知っていたのだろうか。

 

そうとでも考えないと、あれほど「ドラクエ4」に惹かれた理由が説明できないように思える。

 

考えても、せんないことなのだが。

 

f:id:kappou_oosaki:20190305200510j:plain

灯台が懐かしい。

トルネコが仲間になって、船が手に入るんだよなぁ・・・

 

_______________

エッセイ・自己紹介文・結婚式等の式典のスピーチ・

プロフィール文、その他のあらゆる執筆についての

ご依頼を下記より受け付けております。

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_______________