大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

卯の刻に見上げた月に、徹夜がこたえるようになったと感じた夜明け。

学生時代、よく徹夜していた。

 

試験勉強・・・とはいかず、

ほぼほぼ麻雀卓を四人で囲んでだったが。

 

しこたま麻雀牌と戯れたのちに、

雀荘のドアを開けると、

別世界のように燦々と中天に太陽が昇っていた。

 

あの徹夜明けの身体に悪そうな、

ぎらぎらした黄色の日光が懐かしい。

 

よくも飽きずに何度も徹夜できたものだ、

と振り返って思う。

 

ブラック企業という言葉が取りざたされる昨今、

非常にセンシティブな話なので表現法に迷うが、

勤めだしてから、度々仕事で朝を迎えた。

 

イベントの入れ替えといった時間的な制約のある仕事だったり、

自分の抱え込んだ仕事に没頭したり。

 

犠牲して仕事をしていたとも言えるが、

犠牲が必要な時期もあるのだろう。

 

仕事での徹夜は、麻雀の徹夜明けとは、

また違った疲労感があった。

 

そして、何日も休みなしで働くよりも、

徹夜はよっぽど身体に堪える。

 

ショートスリーパーと呼ばれる人も世の中にはいるが、

やはり私は寝ないとダメなタイプのようだ。

 

 

そんな私が、久しぶりに仕事でほぼ徹夜した。

 

まだ暗い卯の刻に見上げた不思議な色の月に、

20代とはまた違って徹夜が身体にこたえるように

なったと感じる夜明けだった。

 

でも、たまにはそんな疲れもいい。

 

f:id:kappou_oosaki:20190124125608j:plain