大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

原因と結果の因果な話

人と話すのは面白い。

 

自分の知らない情報や視点を持っているし、

(関係性が近すぎるとそれがストレスになるのだが)

 

「話す」は「放す」と言われるとおり、

自分の中で考えていることを口にすることで、

頭の中がクリアになる。

 

そして、それを「書いて」形にすることで、

その情報を抽象化し、他に応用することができる。

 

個別の事物

 → 帰納(一般化、抽象化)

 → 法則(気づき)

 → 演繹(応用、転用)

 

という一連のプロセスを得ることができる。

 

昨日は断酒について知人と話しているうちに、

原因と結果の気づきを得たことをSNSに投稿してみた。

 

 

よく飲みに行く知人の方に、断酒していることを伝えてみた。

 

_________________


知人「なんでやめたんですか?何かやらかしたんですか?」


私「いや、毎回何がしかはやらかしてましたが…そうじゃなくて、何となく、ですかね」

 

知「いやー、最近僕も飲みすぎるんで、減らそうかなぁ」

 

その知人は伏見の大甚に二人で行くと、大徳利10本を転がすという剛の者。

いったい何を食べたらそんな肝臓になるのか。

 

私「いや、減らせて適量でやめれるなら、それが一番いいですよ」


知「僕もやめてみようかなぁ…でも、難しいなぁ」

 

私「何が難しいんですか?」

 

知「お酒を飲まなくなったら、その飲んでた時間、シラフでいることになるから、何をしたらいいか不安かなぁ」

 

私「あー、なるほど、確かにわかるかも」

 

_________________

 

・・・というようなやりとりだったのだが、後から考えると示唆に満ちていて。

 

人は、目に見える「理」がないと、なかなか動きにくい。

 

そして、そのときに欲しがる「理」とは、「原因と結果」でいうところの「原因」なのだ。

 

そんで、もう一個深掘りすると、往々にして人の考える「原因と結果」は逆の場合がある。

 

ガラパゴスゾウガメは、最初からあんなデカい身体だから

ガラパゴス諸島に移住したわけではなく、

ガラパゴス諸島に移住したから、あんな身体になったのだ。

 

何かやることがあるから、お酒をやめるのではなくて、

お酒をやめて時間があるから、何かやることが見つかるのだ。

 

人が無意識に求める「理(ことわり)」とは、それくらい、

あやふやなものかのかもしれない。

 

知人が酒を飲むかどうかは、知人が好きにすればいいことだが、

この気づきを我が身に置き換えてみると、

 

何かがあるから、幸せになるのではなく

イケメンでトークが上手いから、モテるのではなく

才能があるから、成功するのではなく

何かが出来るから、愛されるのではなく

 

その逆だ。

 

根拠なんて何にもいらない。

今のそのままで、幸せになっちまえ!

愛されちまえ!成功しちまえ!

 

ってことかもしれない。

 

と、ばばばっと書いてみたけれど、やっぱり人と話すのはおもしろいなぁ。

 

ということで、話の脈絡と何ら関係のない画像を貼って、原因と結果の思い込みを外してみる。


いや、ソフトクリームがあれば幸せだな・・・


おしまい。

 

f:id:kappou_oosaki:20190111171507j:plain

 

2019.1.10

 

 

とかく、人は原因と結果を結び付けたがる。

 

うまくいかなかったことや、傷ついたことは尚更そうだ。

 

「自分がもっとうまくやれば、こんな結果にならなかった」

「自分は引っ込み思案だから、友達が少ない」

「家庭があるから、それを守らないといけない」

というように。

 

けれども、ほんとのところは、

あまりその両者の関係に因果はないのかもしれないし、

ひょっとしたら原因と結果は逆なのかもしれない。

 

どれだけ死力を尽くしてうまくやっても、

天は味方せず失敗することはあるだろうし、

 

友達が少ないと思い込んでいることで、

引っ込み思案になっているのかもしれないし、

 

守らないといけないと思っている自分こそが、

実はすでに守られているのかもしれない。

 

ただ、事実がそこにあるだけ。

そこに何の原因と結果もないのかもしれない。

 

成功したり愛されたり幸せになるのに、

いまそままで、何の根拠も要らないのかもしれない。

 

まあ、いずれにしても真実は、

人はサービスエリアに寄ると、ソフトクリームを食べたくなる、ということだ。

 

 

_______________

フォロー頂けると喜びます!

Instagram → naoto_oosaki

Facebook → naoto.oosaki.5

twitter → @naoto_oosaki

LetterPot  → users/13409 

_______________