大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

「痛み」について

「痛み」について。

 

「痛み」は、最初はある特定の事象への反応として現れる。


愛する者との別離。


打ち砕かれた青い夢。

 

周囲からの無理解と批判。


子どもの治らぬ病。

 

もう戻らないあの美しい時間。


届かなかった胸の奥底の想い。


・・・それらは悲しさと寂しさを通して、

私たちの心に空虚な穴を開ける。


まるで自分の大切な一部が引きちぎられたかのように感じる、その穴。


その穴こそが、私たちに「痛み」をもたらす。


 

そうした「痛み」が生まれるとき、

「癒し」もまた必ず同時に生まれる。


冬至を過ぎていくと、

ほのかに夕闇の訪れが遅くなっていくように、

 

紅蓮の炎のように身を焦がす高熱も、

峠を越えるといつしか解熱していくように、

 

吹雪のように散っていった花びらの跡に、

新芽の緑色が芽吹くように、

 

「痛み」が起こるとき、必ず「癒し」も起こる。

 

そうした「痛み」と「癒し」の螺旋の先にあるもの、

それはすべての痛みの根源にある「痛み」そのものである。

 

キルケゴールが「死に至る病」と表現し、

 

リルケが「言葉で言い表せないほどの孤独」と評し、

 

ミラン・クンデラが「存在の耐えられない軽さ」と名付けた、

 

その根源的な「痛み」。

 

それは、母親の胎内からこの世に「切り落とされた」瞬間から、

誰しもが抱き続ける孤独のことなのかもしれない。

 

 

その引きちぎられた心の穴がひどく疼くとき、

 

執着するために過去を思い出すのも辛いとき、

 

凍えるような孤独に苛まれるとき、

 

未来を描けずどうしようもなく不安なとき、

 

その根源的な痛みに耐えかねるとき、

 

私は泣くことを学んだ。

 

泣いているその瞬間、嗚咽すればするほど、

不思議と心の奥底の湖は穏やかに凪いでいた。

 

その瞬間、私は痛みとともにある。

 

それでも、暖かい涙が伝う、

その瞬間は大丈夫なのだ。

 

私は座り、目を閉じ、息を吐く。

 

その瞬間は、必ず耐えられた。

 

いま、この瞬間は大丈夫なのだ。

 

 

美しさは残酷さの際にある。

 

母が亡くなったあの年の春、私は境内でしだれ桜を眺めていた。

 

晩春の麗らかな陽気のもと、

呆然と過去も未来も考えられない中、

 

ただ焦点の合わない目で

私はそのしだれ桜を眺めていた。

 

なぜか私は、当時の画素数の粗い携帯電話で、

そのしだれ桜を撮っていた。

 

母の死を思い出すとき、

私はあの焦点のぼやけたピンク色を思い出す。

 

それでも、私は大丈夫だった。

 

 

春からは遠い寒空のもと、私はなぜか

その美しいピンク色と痛みを思い出していた。

 

今日は美しい三日月に見守られていた。

 

今日も、いい日だった。

 

f:id:kappou_oosaki:20181210225727j:plain