大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

師走の夕暮れ。

師走の夕暮れは、早い。

 

正午を過ぎて少し経ったかと思うと、

あっという間に辺りが暗くなっている。

 

もう2週間後には冬至なのだから、

それも当たり前といえば当たり前なのだが。

 

一年のうちでもっとも、陰極まる時候。

 

昼の時間が短いと、一日が短く感じられる。

 

夜の時間も、もちろん一日のうちの

大切な時間なのだが、不思議なものだ。

 

酔って夜の時間を早巻きにすることがなくなった私にとって、

師走の夜は、どうも少し長すぎるようだ。

 

それでも、日々は流れていく。

 

夏も冬も変わらず、一定の早さで、

流れていく。

 

その早さが、今の私にとっては遅さに感じる、

師走の夕暮れ。

 

f:id:kappou_oosaki:20181207194519j:plain