大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

大雪と、新月に。

今日は二十四節気の一つ、大雪。

 

いよいよ、山々が雪に覆われ始め、

本格的な冬の到来が目に見えてわかる時節。

 

つい先日まで12月とは思えない陽気の日もあったのだが、

この週末はいよいよ寒波が訪れるようだ。

 

目に映る世界は何も変わっていないように見えて、

その実、とどまるものは何もない。

 

そのおそろしいほどの正確さは、ときに救いで、ときに残酷だ。

 

 

それに加えて、今日は新月らしい。

 

新月の日は何かを始めたり、願いを形にするのにいい日だそうだ。

 

いまの私の願いは何だろう。

 

ふと考えてみる。

 

 

今日の日の寂しさと痛みを、

 

ずっと忘れないでいること。

 

喉に棘の刺さった猛禽類のようなそれを、

 

そっと優しく抱くことができること。

 

何も聴こえない轟音のような静寂の中で、

 

あなたが訪れるのを待つこと。

 

やってきたあなたは、私の隣にそっと座ること。

 

微笑みを浮かべ、優しく私の肩を抱いてくれること。

 

 

そのとき、どんな空が広がっているのかな。

 

f:id:kappou_oosaki:20181207200156j:plain

縁側から覗く長月の、クーラーのように涼しい空かな。

 

f:id:kappou_oosaki:20181207200200j:plain

地平線に沈む、梅雨のない水無月の夕暮れかな。

 

f:id:kappou_oosaki:20181207200149j:plain

弥生の霞がかった空に沈む、太平洋の夕暮れかな。

 

f:id:kappou_oosaki:20181207191353j:plain

それともやっぱり、師走の透き通った日本海の空かな。

 

やっぱり、寂しいんだな。 

 

でも、そのときまで、この寂しさと痛みを大切にすることにしよう。 

 

凍らせるのではなくて、棘を抜くように暖かく抱きしめていよう。

 

また会えるかな。

また会いたいな。