大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

日本に生まれた幸せを噛み締める味 ~東京・「東新宿 炭火割烹 倉乃介 発酵と熟成の幸」訪問記

半年ぶりに東京は東新宿の「倉乃介」さんの暖簾をくぐることができたので、その訪問記を。

 

以前のエントリーはこちら。

kappou-oosaki.hatenablog.jp

 

 

この日は午前中仕事をしたあと、名古屋から新幹線に飛び乗り、品川~渋谷~東新宿まで移動する行程だった。

 

久しぶりに訪れる渋谷は相変わらず賑やかで脂っこかったが、JRから地下鉄への乗り換え口が改修されてずいぶんと変わっていた。

 

下宿していた時代に東横線を使っていたが、東横線の渋谷駅はいまでは地下になったと聞いた。

 

この日はその地下の東横線渋谷駅を通ることはなかったが、ずいぶんと変わるものだ。

 

それにしても、東京近辺の地下鉄・JR・私鉄の相互乗り入れは半端ではない。

 

どこで乗り換えても、行き先に見慣れない地名が表示され、合っているのか不安になる。

 

確実にスマホの乗り換え案内がなければ、迷う自信がある。

 

そんなことを思いながら、大江戸線東新宿に着く。

 

大江戸線のホームの深さといったら、名古屋の地下鉄の優に3倍くらいはあるのではないかといつも思う。

 

f:id:kappou_oosaki:20181128215207j:plain

 

そんなことを思いながら歩いていくと、方向音痴のケがある私にしてはめずらしく、半年前に通った道を覚えていたようで、すんなりとこの道へたどり着いた。

 

f:id:kappou_oosaki:20181128215154j:plain

 

行燈のやわらかな光。

 

これだけでもうすでに酒が飲めそうだ。

今日も飲まないけど。

 

暖簾をくぐると、大将が笑顔で迎えて頂いた。

店内を見ると、まだ旧友たちは来ていないようだ。

 

一番遠い人間が、一番早く来る。

得てしてそんなものだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20181128215309j:plain

 

旧友たちを待つ間、メニューを見てニタニタしながら時間を過ごす。

 

遠足は行くまでが一番楽しいように、この時間が最も楽しいのかもしれない。

 

f:id:kappou_oosaki:20181128215258j:plain

 

一人来たので、とりあえず乾杯。

旧友は生ビール、私はフルーツビネガーをお願いした。

 

この日は柚子のビネガーのようで、これが抜群に美味しかった。

甘味と酸味が絶妙のバランスで、食欲をかきたててくれた。

 

f:id:kappou_oosaki:20181128215253j:plain

 

一皿目、鱈と白子の湯豆腐仕立て。

料理の前に、箸置きが素敵すぎる。

 

透き通るようなスープを一口すすり、幸せを噛み締める。

 

魚の旨味、そしてほんのわずかに香る出汁。

鱈の身を口に含み、またスープをすする。

 

白子の濃厚な味にたまらず眉間に皺を寄せ、その余韻をまたスープで流す。

 

冬が、やってくる。

 

そんなことしみじみ感じさせてくれる味。

 

f:id:kappou_oosaki:20181128215452j:plain

 

実家から直送されてきた野菜の盛り合わせ。

南瓜、薩摩芋、紫芋・・・どれも火の通し方が素敵すぎる。

 

シンプルな岩塩の味付けに、にんにくチップスがアクセント。

 

頂いていると、「滋味」という言葉が脳裏に浮かぶ。

 

f:id:kappou_oosaki:20181128215435j:plain

 

今日のお楽しみ、熟成されたお造りたち。

さわら、しまあじ、そしてひらめのあん肝巻き。

 

これを岩塩、わさび、そして特製の柚子胡椒で。

 

どれを食べても眉間に皺を寄せて、美味い、しか言わなボギャブラリーの少ない男たちになってしまった。

 

それにしても、ひらめのあん肝巻きと柚子胡椒は絶品だった。

 

f:id:kappou_oosaki:20181128215424j:plain

 

生ししゃもの天ぷら。

胸ビレが立っているところが、セクシーすぎる。

 

天ぷらは1秒でも早く食べるに限るので、すぐに頂く。

ほろほろと崩れる身の柔らかさに感動する。

 

f:id:kappou_oosaki:20181128215610j:plain

 

銀だらの西京焼きと海宝漬。

 

子どものころ「さいきょうやき」と聞いて、「なにが最強なの?」と思っていた(埼京線と同じだ)が、ようやくそれが分かった気がした。

 

西京焼き、最強。

銀だらの脂と、白味噌のコクと・・・

 

f:id:kappou_oosaki:20181128215557j:plain

 

そして何より、この海宝漬。

 

これは反則だ。

いまここで断酒を破ろうかとの誘惑が頭をよぎったほど、美味しかった。

 

f:id:kappou_oosaki:20181128215538j:plain

 

ラム肉の朴葉味噌。

朴葉味噌は食べたことがあったが、ラム肉で食べるのは初めてだった。

 

まったく臭みがなく、味噌と朴葉の香りにこの期に及んで食欲を刺激される。

 

f:id:kappou_oosaki:20181128215725j:plain

 

〆は焼き鯛おにぎり、お好みで出汁をかけて。

 

f:id:kappou_oosaki:20181128215714j:plain

 

おひとつどうぞ。

あいや、これはきょうしゅくです。

のみすぎてしまいますな・・・

 

そんな遊びをしながら、あっという間に平らげてしまった。

 

焼きおにぎり・・・

鯛茶漬け・・・

 

あぁ、日本に生まれてよかった。

そんな幸せを噛み締める、「倉乃介」さん再訪だった。

 

惜しむらくは、旧友はこのお店にすぐに通える距離に住んでいるという事実に、メンヘラのように嫉妬したことぐらいだろうか。

東京都民がクソうらやましい。

 

そんなことを思いながら更けていく、楽しい夜だった。

 

ごちそうさまでした。

 

f:id:kappou_oosaki:20181128225501j:plain

 

大嵜直人のSNSはこちらから。

フォロー頂けると喜びます。

Instagram → https://instagram.com/naoto_oosaki/

Facebook → https://www.facebook.com/naoto.oosaki.5/

twitter → https://twitter.com/naoto_oosaki

レターポット  → https://letterpot.otogimachi.jp/users/13409