大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

シラフで一人、旬をつついて癒された週末の夜 ~愛知県刈谷市「魚屋ごんべえ」さん 訪問記

週末、家族は帰省して一人の夜。

久しぶりに、刈谷の「魚屋ごんべえ」さんを訪れようと思った。

 

断酒中に加えて車なのでお酒は飲めないが、美味しい魚の定食を食べよう。

 

kappou-oosaki.hatenablog.jp

 

車で54号線を走る。

 

ほどなくして、柔らかな灯りの看板が見えてきた。

幸いなことに、駐車場は空いていた。

 

お店の外に貼ってあるメニュー表をしばし眺める。

 

f:id:kappou_oosaki:20181117062331j:plain

 

わらさ、やりいか、てっさ、皮はぎ・・・

晩秋を感じる献立の並びに、思わずうれしくなる。

 

現物の画像を見ていないのに、文字の羅列で感情が動くとは、考えてみれば不思議な話だ。

 

官能小説に並んだ文字列で興奮するのと、根は同じなのかもしれない。

 

などというどうでもよいよしなしごとを考えながら、暖簾をくぐると女将さんの笑顔が迎えてくれる。

 

幸い、カウンターが空いていた。

その奥に見える厨房では、大将が忙しそうに手を動かしている。

 

席について、背広を後ろ手にかける。

晩秋の朝のひんやりした空気に触れるのが好きな私は、まだ半袖のシャツなのだが、さすがにそろそろ肌寒くなってきた。

 

カウンターの上に丸めて挿されていたお品書きを、再度手に取りながら至高の時間を過ごす。

 

定番のサバの塩焼き定食もいいが、

この時期の刺し盛りもいいなぁ。

海老と野菜のてんぷらを捨てがたい、これを定食にしても・・・

揚げものなら牡蠣フライも美味しそうだ・・・

牡蠣なら土鍋炊きの牡蠣めしも目につく。

しかし、2合からか・・・少し食べて明日の朝ごはんにでも・・・

 

思うに、この時間が幸せなのだ。

 

人は迷っているときが一番幸せなのかもしれない。

よくも悪くも、想像し得る可能性を考えながら、どうしようかと迷う時間。

 

「決め」てしまったら、あとは「やる」だけなのだから。

 

そう考えるのは、やはり私の内面には女性的な部分が大きいのだろうか。

 

そういえばこの前友人と話していて気付いたのだが、私の思春期は父親が単身赴任で不在で、母親と姉二人の女系家族だった。

 

もしかしたら、そんなところも影響しているのかもしれない。

また今度内省してみよう。

 

 

そんなどうでもよいことを考えながら、ノンアルコールビールとともに注文したのはこちらだった。

 

f:id:kappou_oosaki:20181117062155j:plain

 

渡り蟹。

おかしい。お酒も飲まないし、定食を食べに来たのに。

 

それでもお品書きの「渡り蟹」の文字が、「いましか食べられない蟹を、あなただけのために」と書かれているような気がしたのだ。

 

「いましか」「あなただけの」という定型的なビジネストークを脳内で再生して、自分でそれに引っ掛かる。

まさにアホである。

 

f:id:kappou_oosaki:20181117062145j:plain

 

しかし、甲羅を外し瞬間に、その選択は間違いではなかったと確信した。

この見事な内子。

 

甲羅の裏についた味噌と内子を箸ですくって、しばし光悦となる。

晩秋って、いいなぁ。

 

f:id:kappou_oosaki:20181117062322j:plain

 

この大きなツメ。

これを割って、中のぷりぷりの身を例の器具で黙々とつついていた。

 

蟹を前にすると人は無言になるというが、そもそも一人なので無言である。

 

身がぎゅっと締まっていて、「甘い」。

蟹はやっぱり最高だ。

 

夢中になって、旬をつついていた。

 

さすがにこれだけではお腹がすくので、当初の目的の定食もオーダーする。

 

f:id:kappou_oosaki:20181117062422j:plain

 

定番のサバの塩焼き定食。

 

f:id:kappou_oosaki:20181117062413j:plain

 

この肉厚なサバ。

黄金色に輝いている。

 

f:id:kappou_oosaki:20181117062403j:plain

 

小指の第一関節くらいまでありそうな厚さの身。

塩加減が絶妙でたまらない。

 

小鉢とあわせて、こんなに美味いおかずと一緒になると、ご飯は「飲みもの」のように流し込んでしまう。

 

美味い魚でご飯をかきこむ愉悦。

和食は最高だ。

 

 

ちょうどこの日が断酒してから2週間になった。

断酒しても、美味しいものは楽しめる。

 

あらためて、そんなことを気づかされた「魚屋ごんべえ」さんでの時間だった。

 

ごちそうさまでした。

また伺います。

 

 

大嵜直人のSNSはこちらから。

フォロー頂けると喜びます。

Instagram → https://instagram.com/naoto_oosaki/

Facebook → https://www.facebook.com/naoto.oosaki.5/

twitter → https://twitter.com/naoto_oosaki

レターポット  → https://letterpot.otogimachi.jp/users/13409