大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

霜降に、古い写真に写るあの日の笑顔を想うこと

今日は二十四節気の一つ、「霜降」。

 

文字通り、北国から順に霜が降り始める時期。

動物たちの冬支度も、この節気のころから少しずつ始まる。

 

f:id:kappou_oosaki:20181022215914j:plain

 

人の思考や感情は、周りの気候というものに影響されるといわれる。

 

「芸術の秋」とも言われるように、感情が大きく動くのもこの時候のようである。

 

 

秋が深まると、運動会の声を聞くようになる。

 

いまは春先に実施する園や学校も多いようだが、
私が幼い頃の思い出は、いつも透き通った青空をバックに飛び回っていた秋茜だった。

 

運動神経のあまりよくなかった私のこと、運動会という日はおとなしくしている一日だった。

 

運動が得意だったり、
足が速かったり、
組体操やダンスが上手かったり、
騎馬戦が得意だったり・・・

 

クラスのそんなヒーローたちを、羨望の眼差しで眺めるのが運動会の思い出だった。

 

 

あれから30年近く経って、幸運にも子どもの運動会を観戦することができた。

 

f:id:kappou_oosaki:20181022222354j:plain

 

きっと30年前と同じように、木々は錦に色づいていた。

 

一年前にくらべて、ずいぶんとたくましく、できることの増えた子どもたちを見ることができた。

 

人の成長を見るには、他人との横軸よりも、時間との縦軸で見た方がいい。

 

100点か99点かを競って評価するより、20点が30点になったことを見つける方が、はるかに楽しく、幸せなことのように見えるからである。

 

それは、自分に対しても同じだ。

 

もしかしたらいまが辛かったり、しんどかったり、辛かったりするかもしれない。

 

けれども、それは決して退化しているわけではなく、単に屈伸しただけだったのかもしれない。

 

風邪や病気でしばらく寝込んでいたとしても、久しぶりに会う祖父母は、

 

「しばらく会わないうちに、大きくなったなぁ」

 

と喜んでくれるように。

 

 

そんな秋の日、いつも持ち歩いている手帳が机から落ちた。

 

ばさばさと床に散らばったメモなどに混じって、いつも手帳に入れていた幼い頃の写真が目に留まった。

 

f:id:kappou_oosaki:20181022215855j:plain

 

私の手元に残っている、小さいころの数少ない写真の一つ。

 

30年近くも前のこと、子どもの頃の記憶の薄い私は、一緒に笑う友だちの名前も思い出せない。

 

誰が撮った写真なのかなど、覚えているはずもない。

 

いまのように手軽にデータで残せるはずもない当時のこと、誰かがフィルムを現像して、保管して、いま現在私の手に残っていると思うと感慨深い。

 

その日も例年と変わらず脇役ではあったと思うが、私は笑っていたようだ。

 

きっと、あの日の父と母と同じように。

 

f:id:kappou_oosaki:20181022222400j:plain

 

大嵜直人のSNSはこちらから。

フォロー頂けると喜びます。

Instagram → https://instagram.com/naoto_oosaki/

Facebook → https://www.facebook.com/naoto.oosaki.5/

twitter → https://twitter.com/naoto_oosaki

レターポット  → https://letterpot.otogimachi.jp/users/13409