大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

なんだお前、もうやめちまうんか。

なんだお前、もう毎日書くのやめちまうんか。

 

大して才能もねえくせに、たかだか1年続けたくらいで、やめるんか。


あのな、才能ってのはな、弱冠10歳でソロリサイタルに立って絶賛されちまうヴェンゲーロフみてえなのを言うんだよ。

 

そのヴェンゲーロフにしたって、極寒のシベリアで毎日10時間以上、ヴァイオリン弾いてたんだよ。

 

「ヴァイオリンとともに生まれてきた」って称された、あの今世紀最高といわれる天才が、だよ。

 

それに比べて、なんだお前は。

 

今まで何をしてきたんか、言ってみろよ。

 

たかだか二、三千字くらい、一年間毎日書いたくらいで何か変わるとでも思ってんのか。

 

好きだなんだとかキレイゴト言っておいて、

他人だかゼニカネだか知らねえけど、結局またお前自身と全く関係ねえもんに振り回されんのか。

 


やめろやめろ、やめちまえ、そんな輩は。

 

続けたって一緒だ、今すぐやめちまえ、今すぐだ。

 

今すぐやめて、そのまま一生、自分じゃないものに振り回されてろ。

 


あのなぁ、なんで欲しいものが手に入ると満たされるか、考えたことあるか?

 

レアポケモンでも、新居でも、アクセス数でも、時計でも、パートナーでも。

 

それが手に入ったから満たされて、幸せになるんじゃねえよ。

 

それらへの執着が消えるから、満たされるんだよ。

 

手に入れることで消えた執着はな、どうせまた燃え上がるんだよ。

 

もっとレアなポケモン、もっといい家、もっとたくさんのアクセス、もっといい・・・

 

一生続くぞ、その螺旋は。

 

早く気づけ。

 

勘違いするな。

 

何かを手に入れたり、何かを成し遂げたりすることの中には、幸せの鍵は無いんだよ。

 


まずは、お前のそのクソみたいな自己顕示欲と、承認欲求を認めろよ。

 

もっと僕を見て!もっと俺を褒め称えて!

 

その肚の中にヘドロみてえに溜まってるそいつらを、受け入れろよ。

 

洗いざらい、肚の中のドブさらいしろよ。

 

それもこれも、全て私です、って。

 

話は、そこからだ。

 


その上で、だ。

 

そもそも、何で書いてんだ?

 

何で書き始めたんだ?

 

アウトプットのため?自分のため?あわよくばチヤホヤされるため?

 

それもあるだろうよ、それも認めろ。

 

それは別に恥じゃない。

 

お前の中のエゴもシャドウも貪欲も汚らしさも、全部含めて愛してやれよ。

 

世界からそうしてほしかったら、まずは自分をそう扱うべきだよな。

 


ただ、そうした表面の部分じゃない何かが、心の奥底にあるはずだろう?

 

最上志向持ちで、腰のクソ重いお前が、なぜ書き始めた?

 

もう一度、思い出せ。

 


どうしようもなくクスブって、死んだ魚のような目をしながら、

 

穴の開いた胸に手を当てながら、寄る辺なく漂ってたネットの海で、

 

見たんじゃねえのか。

 

そこに散らばっていた言葉たちに、救われたんじゃねえのか。

 

奥歯が擦り切れようとも、もう一度だけ顔を上げて歩きたいと思ったんじゃねえのか。

 


もう一度、思い出せ。

 

たいした才能がねえんなら、

 

書けよ。

 

自分以外の何かに、惑わされるな。

 

書くんだよ。

 

打算的になるな。

 

書いてみろよ。

 

好きなんだったら、無心で歩けよ。

 

書け。

 

好きなんだったら、ど真ん中を、歩け。