大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

受け取ることにまつわる小噺

少し久しぶりに「受け取る」ことについて書きたくなりました。  

今日の言の葉は、「受け取ること」にまつわる小噺です。

 

_______________

誕生日にまつわる「受け取る」話。

 

思いがけず大切な方から、パーカーのペンを誕生日祝いにと頂いた。

 

御恩と奉公の投稿で書いた、

「もらったものを同じだけ早く返さないといけない」

という思い込みはだいぶ緩んでいて、ニコニコ笑顔で受け取ることができた。

 

ワクワクしてそのペンで御礼の手紙を書いてみた。万年筆とはまた違う書き味に、また手紙ライフが充実しそうだ。

 

そして今日、誕生日にDMを頂いてクリーニングに出していたスーツを取りに行ったら、

 

おおさきさん、たいへんー

ポケットに入ってましたよー

と、3000円渡された。

 

あぁ、やってしまった、申し訳ない、と罪悪感を感じる・・・ことはなく、

 

ありがとうございますー!

またこのお金でクリーニング来ます!

 

とお店の方と一緒に喜んでた。

 

大方いつも通り酔っ払ってお釣りか何かをポケットに入れて、そのまま忘れてクリーニングに出したのだと思うが、お前は埋めた食糧を忘れるリスか!と一人ツッコミながら家路についた。

 

うん、やっぱり、開いていると入るんだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20171213153453j:plain

 

2017.8.19

_______________

 

私が受け取ることを意識しだしたら、肩の力を抜いて生きられるようになったことは、以前こちらの言の葉でご紹介しました。

 

受け取ること、与えること - 【割烹おおさき】へようこそ

 

続・受け取ること、与えること - 【割烹おおさき】へようこそ

 

自分の周りの素敵な人たちの好意を、ただニッコリ笑ってありがとう、と受け取ること。自分には与えてもらう価値があると降参すること。

 

そのためには、いまここにある奇跡に気付くこと。

それはとりもなおさず、日常の細部を見つめること。

 

 

相変わらず当店でお出ししている言の葉はいつも同じですね。

 

それでも、ブログにしてもSNSにしても、書きたくなるということは今の自分に必要なことなのでしょうね。やはりブログを書くことは、自分を見つめるいい習慣です。

 

寒波が続いています。

今日は柚子湯などで温かくしてお過ごしください。