大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

人のご縁

ツルさんと休まず仕事をした2カ月半。

春先のぼんやりとしたこの暖かさが、今日は鬱陶しかった。 秋のような空気の透明感はなく、それでいて初夏のような日差しに蒸された車内は、汗ばむくらいの気温になっていた。 行き道からずっと痛かった右の後頭部あたりが、また一段と熱を持ったように痛ん…

「自分の」呼吸に戻る味。 ~井上征良さんの季節のジャムに寄せて

乗り慣れない車のハンドルを握りながら、帰宅時の渋滞に嵌まっていた。 前を走るバスは都度バス停に停まって殊更に遅いが、交通量が多く車線変更するのも億劫だった。 頭の芯がじんじんとした感覚は、まだ引かない。 だいたい、担当だけのはずが支店長と副支…

熊野、八咫烏、一年、空飛ぶカウンセラー。

ちょうど1年ほど前、熊野を訪れた。 kappou-oosaki.hatenablog.jp 当時のエントリーにも書いたが、世界遺産の熊野古道を歩いてみたい、と「ふと」思った。 そうすると不思議なもので、 友人が「熊野」を訪れることになったり、 ニュースやいろんなところで…

CHIE'S KITCHENさん主催の「飯尾醸造さまに学ぶお酢料理教室」に参加してきました。

先日、CHIE'S KITCHEN(チエズキッチン)さん主催の「京都宮津の逸品 飯尾醸造様に学ぶお酢料理教室」に参加してきました。 今回、飯尾醸造さんのお酢を使った料理教室が名古屋で開催されることをSNSで拝見して、参加をさせて頂きました。 今日はその見聞録…

虹の足元を見た日。

旅先での眠りは浅いようで、午前4時過ぎにはすでに目が覚めていた。 何をするわけでもなく、布団の中でスマートフォンを触りながら、ごろごろともの思いにふけっていた。 軽く2時間ほどは寝返りを打ちながら、いろんなことを思い浮かべながらゴロゴロとし…

ほのかな甘さのかんきつジャム、そして幸せなお金の使い方に寄せて

今日はたいせつな友人の井上征良さんにお願いしていたモノが届いた。 手作りのかんきつとりんごの2種類のジャム、そしてスコーンたちのセット。 かんきつジャムを開けて午後のひと休みを取ろうとしていると、息子と娘が寄ってきてスコーンと一緒にペロリと…

執筆のご依頼と、期待に応える、ということについて。

執筆のご依頼をいただいています。 ありがたいことです。 お二方から自己紹介文の作成依頼をいただいておりまして、少しお話をお伺いさせて頂きながら原稿の作成を進めているところです。 その方たちの素晴らしい魅力を、どうやったらそのままお伝えできる文…

ここにいる。

なにかを失った、だとか、 過ぎ去った時間になにがあったか、とか、 これからの行く末になにがあるか、とか、 まして、いまがどうだ、とか、 そんなことは、まったく関係ない。 わたしは、 あなたのなかに、確かに灯っている光を、 いつも見ている。 = 外と…

よく晴れたあの空へ、悲しみを。あの日と同じ色をした空に。

根本理加さんのブログでご紹介をいただきました。 ステキな言葉の数々、ありがとうございます。 ameblo.jp すごく癒されました そう仰っていただいてますが、逆に癒されたのは書いた私の方で。 書くことは、私にとって生きること、そして癒しのようです。 =…

北の星空に響く美しきあの音色を想うこと。

ameblo.jp その写真を見たときに、私の中で何かが壊れた気がした。 涙が流れる。 人に見られない場所に隠れてひとしきり泣いたあとに、私はその音色に想いを寄せた。 名古屋と比べるには、あまりにも涼しい7月の北の大地。 その空の下のピラミッドで聴いた…

絶対にダメなことをしてしまうこともある。ときにあなたも、そしてわたしも。

昨日のこちらのエントリーに、ご感想をいただきました。 kappou-oosaki.hatenablog.jp 自分の闇を晒すのは勇気が要りますが、書いてよかったと思います。 ありがとうございます。 その中で、 「どうやったら手を上げるようなことを、しないようにできますか…

さびしさこそ、わがライフワーク。

ときに春は、人の心の奥底に沈んだ思い出を、灰汁のように浮かび上がらせる。 半崎美子さんの「お弁当ばこのうら」を朝の車の中で聴きながら、もの思いにふける。 www.youtube.com あなたの好きなものばかり 入れられないのよ 許してね 体のことも考えて作っ…

コンフォートゾーンを抜ける。

人は自分の居心地のいい空間や領域(=コンフォートゾーン)に留まろうとする。 考えてみると当たり前の話なのだが、それでも時にコンフォートゾーンを抜けようとすることは、自らの生を豊かにしてくれる。 = 意識的にせよ無意識的にせよ、人は目の前に現れ…

誰かの凹んだ部分は、他の誰かが与えるところになる。

誰かの不得意なところは、誰かの得意なところ。 誰かの苦手なものは、誰かの大好物。 誰かの凹んだところは、誰かの愛するところ。 だから、不得意も苦手も凹みも直さなくていいし、 そんまんまで大丈夫。 無理に自分で直さない方が、周りのためになる。 む…

手を振る人へ。

睦月の古都の日没は早い。 夕闇はあたりを包み、新月の今夜は月明かりもない。 またあの時間が近づいてきた。 この時間が終わるのは、いやだ。 サヨナラを言うのも、いやだ。 また一人になるのも、いやだ。 靴の裏にまるで接着剤が貼りついたかのように、 僕…

神はあらゆるもののなかにある

今日は、久しぶりにチャック・スペザーノ博士の名著「傷つくならば、それは愛ではない」より。 今年の元旦から始めた1日1項目の写経も、もう早や348項目め。 12月18日の今日が、今年の352日目だから、なかなかいいペースで続けられている。 しか…

返歌。

自分の中で思い出したくもない宿痾のような光景を、 10月のおわりに衝動に駆られて書き殴った。 kappou-oosaki.hatenablog.jp 周りの善き人の好意を、ずっと受け取れなかった話だ。 多かれ少なかれ、ずっと私は周りから受け取ることを拒否してきた。 いま…

また会いたいな。

傷つくほどに、繊細になれた。 繊細になるほどに、分離していった。 分離するほどに、孤独になれた。 孤独になるほどに、奥歯は磨り減っていった。 磨り減った奥歯の欠片は、 優しさになった。 優しくなるほどに、世界は美しくなった。 あなたのいない世界は…

ストラディバリの全盛期は60歳を超えてからだった

朋あり遠方より来る、 ではないが、先日旧友が出張で名古屋を訪れるとの連絡があったので、久しぶりに酒を飲み交わした。 せっかくの機会なので美味しい肴をつつきながらいろいろと話したのだが、まあ御多分にもれず、深酒してしまった。 旧友とは不思議なも…

奇跡は二人以上で観測される 〜岐阜・郡上市「白山中居神社」訪問記

神社に行くようになったのは、いつごろからだろうかと考えてみる。 記憶に残っているのは、2年前の12月に大阪の少彦名神社、通称「神農さん」を訪れた。 根本裕幸さんのカウンセリングを受けに、わざわざ大阪まで出かけていったのだが、早く着きすぎたの…

実は、あなたの願いを叶えてあげたい人がたくさん周りにいて 〜岐阜・郡上市「郡上八幡城」 訪問記

岐阜は郡上という土地を初めて訪れた。 お盆に徹夜で踊ることで有名な「郡上躍り」、そして清流と鮎で有名な郡上市だ。 目的は、郡上八幡城を訪れること。 私はお城はそれほど興味がないので、そもそも郡上にお城があること自体、「そうなの?」というくらい…

「好きなことを無心で歩くことが人生の要になります」

今日から9月、長月です。 名古屋では最高気温が41℃近くという、初めて体感するような気温が続いた8月も終わってしまいました。 日中はまだ暑さを感じるものの、風や雲や音に秋を感じるようになりました。 季節の移ろいとは早いものです。 月が替わると気…

「お前に腹を割って相談できる相手が、一人でもいたらな」

今から8年ほど前、前職を辞めるときにそれを報告した取引先の方から言われました。 「もったいねえな。お前に腹を割って相談できる相手が、一人でもいたら、また違っていたんだろうな」 当時、もう60歳を過ぎていたオーナー社長で、北海道の取引先の方で…

言葉の力を信じている。

ブログ開始一周年に際しまして、旧い友人の方から電報を頂きました。 かわいいミニオン電報で、メッセージの入ったカードにプリザーブドフラワーとタオルがついた豪華なものでした。 娘がミニオンのタオルを気に入ったようで、愛用のタオルになりそうです。 …

キングコング西野さんから「誕生日レター」が届いて、いろいろ考えた話

いらっしゃいませ、「言の葉割烹おおさき」へようこそお越しくださいました。 店主のおおさきです。 今日はタイトルの通り、私の「レターポット」に西野亮廣さんから「誕生日おめでとうレター」が届いたことに寄せて、少し綴ってみたいと思います。 これを読…

与えられたものは、遠慮なく受け取ろう ~中津川からのトウモロコシが教えてくれたこと

いらっしゃいませ、「言の葉割烹おおさき」へようこそお越しくださいました。 店主のおおさきです。 今日は「受け取る」ということを、中津川から届いたトウモロコシにまた教えて頂いたお話を。 _________________ 中津川からトウモロコシ…

リトリートセミナーのオプショナルツアーを堪能したお話し ~北海道・千歳「ノーザンホースパーク」訪問記

いらっしゃいませ、「言の葉割烹おおさき」へようこそお越しくださいました。 店主のおおさきです。 昨日、一昨日と根本裕幸さんのリトリートセミナーのレポを綴らせて頂いておりますが、今日は最終日の「オプショナルツアー」に寄せて。 =========…

七夕の夜にモエレ沼公園で不思議な体験をしたお話 〜根本理加さんのクリスタルボウルに寄せて

いらっしゃいませ、「言の葉割烹おおさき」へようこそお越しくださいました。店主のおおさきです。 昨日から根本裕幸さんの「札幌リトリートセミナー」について綴らせて頂いております。 昨日はセミナーの概略と根本さんのセッションについてでしたが、今日…

根本裕幸さんの「札幌リトリートセミナー」に寄せて 〜ただそこにある愛を思い出す旅

いらっしゃませ、「言の葉割烹おおさき」へようこそお越しくださいました。 店主のおおさきです。 先週末に、根本裕幸さんの「札幌リトリートセミナー」に参加してきましたので、今日はそのお話を。 =============== リトリート(Retreat)とは…

もしも、どちらを選んでも正解だとしたら 〜だって今までどちらを選んでも大丈夫だったのだから

いらっしゃいませ、「言の葉割烹おおさき」へようこそお越しくださいました。店主のおおさきです。 人は誰しも「自由」でありたいと願います。 けれども、「自由」につきものの「選択」はときに「怖れ」を呼びます。 自分にとって大事な選択だと思えば思うほ…