大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

アタシ

「タフさ」ってのも、いろいろあっていいと思いますよ、と彼女は言った。

「……うぅ…」 「もしもし?」 「…うぅ…」 「もしもーし、どうしたんですか?調子悪いんですか?」 「いや…鬼のような二日酔いで…」 「何だ、心配して損した。〇ねばいいのに」 「いや…二日酔いの辛さは、いっそ〇んだ方が楽になるような気がする…って、それは…

マスクで相手の表情が分からない中、話しをするのってほんとストレスなんです、と彼女は言った。

「はぁ…なんだかなぁ…」 「どうした、買ってきたビックリマンチョコを開けてみたら、全部ダブりだったみたいな顔して」 「なんですか、それ」 「いや、昔、ビックリマンチョコってのがあってな…」 「知ってますよ、今でもなんか別のキャラクターでコンビニで…

じゃあ「めんどくさい」って感じるから、私も偉大なクリエイターですね、と彼女は言った。

「はあ…」 「どうした、苦手なリコーダーのテストで、自分の番が回ってくる前の小学生みたいな顔して」 「なんですか、それ。アタシはリコーダーと得意でしたけど。あとトライアングルも」 「トライアングルって名前、久々に聞いたな…得意とかあるんか、あれ…

いいじゃないですか、都合のいいように使われても、と彼女は言った。

「いい営業と、そうでない営業の差って、なんだろうな」 「何ですか、突然」 「いや、何となく…」 「どうせ、またボスに何か言われたんでしょ」 「…そういうところ、すごいよな。カンなのか、よく人を見ているのか…」 「うーん、両方だと思います」 「ほんと…

「通勤」っていう文化も、いつか「参勤交代」みたいな扱いになるときが来るんですかね、と彼女は言った。

「不満です、とても」 「ん?何が?」 「なんか、こうして出勤することが、また当たり前に戻ってるじゃないですか」 「あぁ、なんか緊急事態なんとかが出てたときは、みんなテレワークテレワーク言ってたけど、喉元過ぎればナントヤラだな。朝の電車も普通に…

「いいね」を押したあなたが、そこにいたことがアタシは嬉しいんです、と彼女は言った。

「おぉ、すごいな、このVtuber…Twitterのフォロワーが10万人もいるぞ」 「あの…いちおう、『きんむじかんちゅう』ですが…」 「固いこと言うな」 「まあ、そういうアタシもトレンド見てますが…で、何て子ですか?…へえ…」 「全く知らなかったけど、10万人のフ…

コロ助みたいなもっともらしい理由を探してただけで、みんなそうしたかったんじゃないですかね、と彼女は言った。

「すごいぞ、これ」 「え、どうしたんですか?」 「この某取引先からの案内。『昨今の感染症拡大などの社会情勢を鑑み、従前行っておりました虚礼を廃止することといたします』だって」 「へぇ…って、キョレイって何ですか?」 「ああ、あんまり聞かないよな…

友だちっています?と彼女は言った。

「友だちっています?」 「…は?」 「は?じゃなくて。誰か友だちっています?」 「…なんだよ、それ。唐突に…」 「いえ、課内でLINEグループを新しく作ったんですけど、社用のスマホのアカウント知らなくて。もし社内に『友だち』がいれば、その人に招待して…

なんで男って生きものは、素直に「ごめんなさい」が言えないんですかね、と彼女は言った。

(ガチャガチャガチャ…ターン…ガチャガチャガチャ…) 「…………」 (ターン…ガチャガチャガチャ…ターン…) 「なんだなんだ、さっきから。ガチャガチャとタイピングうるさいな。それに、そんなに強くEnterキーを叩くと壊れるぞ」 「ふんっ、壊れないですよ、アタ…

誰かに言いたいことは、自分に言いたいこと、と彼女は言った。

(…しーん…) 「どうした、どんよりオーラ出して」 「いえ…テレワークの古き良き時代を思い出してて…」 「なんだそりゃ。ついこの前まで、オンラインで全てがうまくいくわけでもないんですよね、とか何とか言ってたのを、聞いた気がするぞ」 「だって、すぐ…

オンラインで全てがうまくいくわけでもないんですよね、と彼女は言った。

(…きこえますか…きこえますか…午後の睡魔と闘う…在宅ワークのみなさん…いま…みなさんの…心に…直接…話しかけています…睡魔と闘うには…甘いものです…お菓子がなければ…ジャムや…はちみつなどでも…ワイルドに…いっちゃってください…きこえますか…) 「なんだ、…

どうやったら苦手な相手をやり過ごすことができますかね、と彼女は言った。

「はぁ…(チラッ)」 「… … …(しーん)」 「ふぅ……(チラッ)…はぁ…(チラッ)」 「… … …(しーん)」 「もう!『かまってくださいオーラ』を醸してるんですから、ちゃんとかまってくださいよ!」 「なんだなんだ、朝イチから…始業前くらい、ゆっくり瞑想さ…

最も偉大な自由は、最も強固な制約から生まれるのかも。と彼女は言った。

(ゴソゴソ…ゴソゴソ…) 「うわ、やべえ。切らしちゃったよ…しまったなぁ…」 「なんですか、朝イチから、心配してほしそうな一人芝居して。始業前くらい、ゆっくりNetflix観させてくださいよ」 「あぁ、心配してくれてありがとうよ。いや、切らしちゃってさ…

紙がないなら、葉っぱで拭けばいいじゃない。と彼女は言った。

「やべえぞ、とうとうマジック3だ」 「なんですか、朝イチから。始業前くらい、ゆっくりYoutube観させてくださいよ」 「いや、あと残り3ロールなんだよ、ウチの」 「あぁ、なんだ。トイレットペーパーですか」 「もうそろそろなくなるんで、普通に買いに行…

問題は口にした瞬間に、その人の問題になるんですよ、と彼女は言った。

カタカタカタ… 「はぁ…」 カタカタ…カタカタ… 「ふぅ…」 「なんですか、さっきから。キーボード打ちながらため息ついて、うるさいですよ」 「あぁ、すんません」 「そうやってすぐ謝って罪悪感に浸るより、ちゃんと説明した方がいいですよ。めんどくさいんで…

サンタってなんで夜行性なんですかね、と彼女は言った。

「いやー、外回りしてきたけど、街じゅうクリスマスの装飾でいっぱいだな」 「へえ」 「なんだ、その関心がない反応は」 「いや、実際関心がないです」 「へぇ…そうなのか。アレか、クリスマスだけキリスト教徒になって、一週間後には敬虔な神道になるのが許…

いいことも悪いことも半々ってホントなんですかね、と彼女は言った。

「聞いてくださいよ」 「ああ、どうした、朝から」 「昨日、家からちょっと行ったところにあるパティスリーに行ったんですよ」 「なんだ、似合わないカタカナ使って。要はケーキ屋だろ」 「うるさいです。ちなみにパン屋さんはブーランジェリーです」 「お、…

なに定時前に寝惚けたこと言ってるんですか?、と彼女は言った。

「ずいぶんと朝晩冷え込むようになってきたな」 「ええ、アタシも昨日、あわてて長袖のパジャマ引っ張り出しましたよ。辛うじて衣装ケースに入ってましたけど、さすがにクサクサしてました」 「いや、そこは洗濯してから着ようや…」 「いや、背に腹は代えら…

アタシ思うんですけど、スペードのエースは切らないからこそ価値があるんですよ、と彼女は言った。

「どうしたんですか?怖い顔して…」 「あのヤロウ…ガチでゆるさねぇ…いつかタタリ神になって暴れた上に、七生祟ってやる…」 「えぇ…そんなことしたら、アシタカに矢をぶち込まれて終わっちゃいますよ」 「いや、それなら呪いを飛ばして、アシタカの右腕に死…

結局、アタシは何かに依存しないと生きていけないのかも。でも、誰しもそうなのかも。と彼女は言った。

「もしもし」 「…」 「もしもーし」 「…」 「ゴルァ!!!」 「…」 「ふーん、あっそう…(ゴソゴソ)…あぁ、やっぱりふたばの豆餅は美味いなぁ…この塩味の効いた豆の食感とふわふわもちもちの白く輝く皮…そして舌触りなめらかなこし餡のハーモニー…もう一個…

いったいアタシは、次はいつチルできるんですか。と彼女は言った。

「暑いけど、なんか夕方は暑さの勢いがなくなってきたな。そりゃお盆も終われば、もう秋か」 「終わっちゃった」 「は?」 「もう、終わっちゃった」 「何が?」 「決まってるじゃないですか、お盆休みですよ」 「ああ、そうだな」 「なんでこんなに短いんで…

やっぱり印象じゃなくて、ファクトでものごとを捉えることは大事なんですよ。と彼女は言った。

「あっつーーーー、死んでしまう」 「外回りですか、おつかれさまです」 「あぁ、ものの1時間ほど運転してきただけで、身体中の水分が抜けそうなくらい汗が噴き出る。ほんと、あの運転席のドアを開けた瞬間の熱気を浴びると、夏が来たな、って思うよ」 「あ…

世の中にあるキャバクラとホストクラブの比率を考えたら、それはそうなんでしょうね。と彼女は言った。

「買ってきたぞ」 「え!THE ALLEY?!ほんとですか?」 「どうぞ」 「あぁ、やっぱりこのカスタードとマスカルポーネチーズのコクと、ココアパウダーの苦みがアクセントで…って、これティラミスじゃないですか!タピオカ関係ないし!!」 「あれ、食べない…

男の人の「ひとりになりたい」って、翻訳すると「ママ、おっぱいほちい」じゃないですか。と彼女は言った。

「久しぶりじゃないですか」 「ああ」 「…なんか、ダウナーですね。またメンがヘラってるんですか?」 「そういうわけでもないが」 「そういうの、めんどくさいですよ」 「うるさい。落ち込んだり、気持ちの整理をしたり、自分を持て余したり、そんなときに…

アタシ冷蔵庫を開けるたびに、しなびていくキャベツを見ては「そっ閉じ」するんです。と彼女は言った。

「なんかダルいです」 「そりゃ、こんだけ真夏みたいに暑かったり、雨降って肌寒かったり、気圧が下がったり、環境が変わり過ぎたら、ダルくもなるよね」 「ええ、アタシなんて昨日うっかり窓を全開にして寝たら、明け方寒くて起きちゃったし」 「分かる。寝…

アタシ聞きたいんですけど、「癒し」って何のためにあるんですかね?と彼女は言った。

「暑いですね」 「ああ、今日は31℃だってよ。週末は33℃だし、もう真夏だよ真夏」 「気温を聞くとちょっとアレですけど、そんなに耐えられないほどでもないんですよね。これが6月に入って梅雨入りすると、アタシもうダメなんです」 「ああ、名古屋のこの…

アタシ、最近ほんとに休みの日は起きれないんですよ。と彼女は言った。

「金曜日ですね」 「ああ、金曜日だな。週末だ。」 「アタシ、週末になると悩みがあって」 「ほう、それはいいことだ」 「えー、なんでですか、イヤでしょ、悩むの」 「いや、悩むってことは、それだけ自分にとって大事なことでしょ。それは、人生という航路…

次の連休まで、アタシは何を楽しみに生きればいいんですか。と彼女は言った。

「終わっちゃいましたね」 「何が」 「決まってるじゃないですか、10連休ですよ」 「ああ、そういえばそうだな。また通常運転が始まったってことだ」 「令和って、ずっとお休みが続く幸せな時代じゃないんですか?もうほんと、思ってたんとちがう…」 「ち…

アタシ、最近がんばってるんです。早く来れるようになったんですよ。と彼女は言った。

「また来たんですか。そんなに暇なんですか」 「あぁ、暇なんだよ。だから相手してくれ」 「暇っていうより、寂しいんですよね」 「あぁ、そうだよ。寂しいんだよ」 「否定しないんですね…まぁ、アタシも寂しいクチですけど」 「あぁ、そうだろうな。類は何…

アタシ、また今日も遅刻ギリギリだったんですよ、もう毎日で疲れちゃいますよ。と彼女は言った。

「アタシ、また今日も遅刻ギリギリだったんんですよ、もう毎日で疲れちゃいますよ」 「だからそんなに寝癖がついてるのか」 「ついてないです!…でも、ほんとに今日は起きた瞬間、ダメかと思いましたよ。何でアラームが止まってるんでしょうね」 「そりゃ、…