大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

つれづれ

子どもの自己肯定感を育む、「オウム返し」。

子どもとのコミュニケーションの中で、彼らの言うことをまず「オウム返し」することが、子どもの自己肯定感を育むのではないか、と最近つとに感じる。 そして、それは子どもに限らず、全てのコミュニケーションにおいてとても有効な方法論のように思う。 全…

2周年。

ここでブログを書き始めて、丸2年が経ちました。 おかげさまで、毎日更新を絶やすことなく今日まで来れました。 この記事で、755個目のエントリーになるそうです。 だいたい平均で2,000字前後を書いてきましたので、計算してみると151万字ほど書…

「自己価値」とは、ただ気づくもの。

kappou-oosaki.hatenablog.jp 昨日に続いて、「自己価値」について。 「何かができる」から自分には「価値がある」という観念を手放せたとき、世界はやさしくなる。 「自己価値」とは、認めるものでも、増やすものでも、高めるものでもなく。 ただ、気付くだ…

「自己価値」は成功体験によって磨かれるが、そもそも成功か失敗かを決めるのは「自己肯定感」である。

「自己価値」と「自己肯定感」について。 どちらも自分という唯一無二の存在を生きるために大切な要素であるが、その関係は「車の両輪」というよりも、「根っこと花」の関係のようである。 すなわち、「自己価値」のベースになるのが「自己肯定感」である。 …

好きなことをして生きていく。

好きなことをして生きていく。 その生き方は、「好きなことのためなら、嫌なことでも何でもする」という、好きなものを持つことによるエネルギーによって支えられるものなのかもしれない。 = かつて、とあるバクチ打ちの生涯を描いた漫画の中で、主人公が師…

いったいアタシは、次はいつチルできるんですか。と彼女は言った。

「暑いけど、なんか夕方は暑さの勢いがなくなってきたな。そりゃお盆も終われば、もう秋か」 「終わっちゃった」 「は?」 「もう、終わっちゃった」 「何が?」 「決まってるじゃないですか、お盆休みですよ」 「ああ、そうだな」 「なんでこんなに短いんで…

ワクワクのない、長期休暇。

世間はお盆期間に入ったようだ。 例年通り、高速道路の渋滞や、新幹線の混雑ぶり、休暇を海外で過ごすために空港を訪れた家族へのインタビューなどといったニュースが見られる時期になった。 この時期の風物詩と言える。 私も御多分にもれず、お盆休みの期間…

「始める」よりも、「やめる」ということ。

インプットするものが同じなら、アウトプットもまた同じものになる。 同じことをしていたら、同じような結果しか出ない。 結果を変えようと思ったら、行動を変えるしかない。 まずは、その行動をする「余白」をつくらないといけない。 = 8月1日から「ものが…

無理はいつしか慣れてしまうもの。それに気づかせてくれるのは、「痛み」。

気付かない間に、無理は慣れてしまうもの。 そして慣れてしまうと、当たり前になってしまうもの。 それを気付かせてくれるのは、「痛み」。 = ここしばらく、どうにもこうにも首、肩、腰が痛くて、自宅の近くのマッサージ店に駆け込んだ。 長い時間の座り仕…

「お金」と「才能」は似ている。

「お金」と「才能」は似ている。 「それがあるかどうか」を皆が気にするけれど、「それがあるかどうか」は実のところあまり本質ではない、という点で。 平たく言えば、どちらも「ほんとうに好きなこと、やりたいこと」を判断するリトマス試験紙のようなモノ…

自分が決めたことなのに、締め切りを守れない自分に驚いた件。

相済みません。 お詫びから入ります。 「書斎」で昨日まで以下のようにご案内しておりましたが、締め切り守れず、であります。 ________________________ 〇大嵜直人の書斎:2019/7/28 1.某メディア様への次回寄稿記事 →仮タイト…

やっぱり印象じゃなくて、ファクトでものごとを捉えることは大事なんですよ。と彼女は言った。

「あっつーーーー、死んでしまう」 「外回りですか、おつかれさまです」 「あぁ、ものの1時間ほど運転してきただけで、身体中の水分が抜けそうなくらい汗が噴き出る。ほんと、あの運転席のドアを開けた瞬間の熱気を浴びると、夏が来たな、って思うよ」 「あ…

その土地に浸み込んだ情感。

衝撃の事実が判明した。 kappou-oosaki.hatenablog.jp 昨日のこちらのエントリーの中で書いた「お好み焼き屋さん」が、まだ営業されていることが判明したのだ。 どうも夕方にはお店が閉まるらしいのだが、このご時世において1枚150円でまだ営業されてい…

とてもしあわせな夢を見た気がした。

とてもしあわせな夢を見た気がした。 まどろみの中から出たのか、それとも夢うつつの中にいたのか、判然としなかった。 けれど、なにかしあわせな満たされた感覚だけは確かなようだった。 それをしようとしたわけでもないが、ぼんやりと開いた目は、まだ薄暗…

あなたが一歩踏み出せないのは、勇気がないわけでも、ダメなわけでもない。

新しい何かを始めたい、何かに挑戦したいと思っても、なかなか踏み出せないとき。 それは、あなたに勇気がないわけでもないし、ダメなわけでもない。 それは、単にいまのあなたにとって「必要がないから」。 そんなときは、無理しようとするよりは、いまの生…

「終わり」から始める。

ここのところ、「終わり」を強く意識するようになった。 具体的には、絶対的な真理である「生物学的な死」を、私もいつか迎えることが、妙なリアリティを持ってきた。 不惑も近づいた年齢のせいもあるのだろうか。 = スティーブ・ジョブズはかの有名なスタ…

誰かのミスは、誰かを幸せにする。

あれは、梅雨入りしたのに雨がなかなか降らなかった先月のことだったと思う。 ポストに手紙が入っているのを見つけた。 差出人を見ると、お世話になっている大切な方からのお手紙だった。 けれど、見慣れない紙が輪ゴムで一緒にくくられていた。 読むと、郵…

頂いたご感想に寄せて ~なぜ怒りや恨みを「ぶつけなかった」のか?

kappou-oosaki.hatenablog.jp こちらのエントリーに、ご感想を頂きました。 「私もその思い持ってます。五十代で両親を亡くしたので大嵜さんとは全然違うけど何でといろいろ思います、だからよくわかります、いないからぶつけられないからかなと…」 やはり人…

ナイターの照明の下で、プロの気分になった夜。

kappou-oosaki.hatenablog.jp 昨日のエントリーの通り、運動神経のあまりよくない私だが、身体を動かすこと自体は好きだ。 そして、幼い日にずっと一人で壁当てをしていたように、野球が好きだ。 そんなときに、友人からソフトボールのお誘いを頂いた。 この…

ものがたりを書くことへの怖れを越えて。

kappou-oosaki.hatenablog.jp こちらのエントリーに書いた通り、ものがたりを書こうと思います。 振り返ってみれば、そもそもこのブログを書き始めた最初のエントリーに、「少し長い物語を書きたい」と書いていました。 あれから約2年。 「書く書く詐欺」も…

どちらが正解か?の二択で迷うとき、そこに正解はない。

とかく人は、生きる中で選択に迷う。 やるか、やらないか。 行くか、退くか。 伸るか、反るか。 レイズか、ドロップか。 二択のうちのいずれかにある正解を選ばないといけないと思うとき、人は迷い、選択に怖れを抱く。 けれども、その選択がどちらも正解だ…

自分をじっと静かに見つめている、自分。

自分を愛するということの中で、最もたいせつな第一歩は「自分を否定している自分」を愛する、ということだ。 そのために必要なのは、自分を見つめる自分を認識する、ということ。 これがなかなかに難しい。 けれど、どんなに自己否定の嵐が吹き荒れ、その荒…

その熱にこそ、人は惹き付けられるんだ。

kappou-oosaki.hatenablog.jp 好きなこと、やりたいこと。 それを、ただ、やること。 カッターナイフで、鉛筆の芯を少しずつ削り続けるように。 大雪原に付けられた獣の足跡を、一歩ずつ追跡するように。 太陽と月を目印に、水平線に向かって漕ぎ続けるよう…

「やりたいことが見つからない」という心理についての一考察。

やりたいことが、見つからないとき。 好きなことが、わからないとき。 「どんな感情を味わいたいか」について考えてみることが、一つのヒントになるのかもしれない。 そして、その先に求められるのは、精神的な意味での「親からの自立」である。 = 好きなこ…

世の中にあるキャバクラとホストクラブの比率を考えたら、それはそうなんでしょうね。と彼女は言った。

「買ってきたぞ」 「え!THE ALLEY?!ほんとですか?」 「どうぞ」 「あぁ、やっぱりこのカスタードとマスカルポーネチーズのコクと、ココアパウダーの苦みがアクセントで…って、これティラミスじゃないですか!タピオカ関係ないし!!」 「あれ、食べない…

男の人の「ひとりになりたい」って、翻訳すると「ママ、おっぱいほちい」じゃないですか。と彼女は言った。

「久しぶりじゃないですか」 「ああ」 「…なんか、ダウナーですね。またメンがヘラってるんですか?」 「そういうわけでもないが」 「そういうの、めんどくさいですよ」 「うるさい。落ち込んだり、気持ちの整理をしたり、自分を持て余したり、そんなときに…

青空慕情。

誰の心の奥の岸辺に、大切に抱えているものがあるとして。 それは夢とか理想とか、そんな御大層な類いのものではなくて。 むしろ他の人はまったく見向きもしなかったり、あるいは早々に捨ててしまったものである場合が多いのかもしれない。 ときにそれは、 …

ときには過去に書いた記事を振り返ってみる。

2017年の8月からここで書き始めて、2年弱になりました。 日々更新することに重きを置いて、あまり過去に書いた記事を振り返ることがなかったのですが、アクセスが多い記事を見てみると、なかなか面白いものです。 ときには、過去に自分が書いた文章を…

答えはいつも、自分の内側に。

「問い」が生まれたとき、じつは同時に「答え」も生まれている。 強い光の降り注ぐ裏側に、静かな木陰があるように、 うだるような夏の陽射しと、吐く息の真っ白な冬があるように、 もっとも困難なときに、もっとも素晴らしいことが起きているように。 答え…

写真が嫌いだった、あの頃。

写真が嫌いになったのは、いつからだったのだろうと思う。 幼い頃の写真が数えるほどしか残っていないのは、私が三番目の子どもだったからなのか、それとも実家を整理したときに失われたからなのか、いまとなっては分からない。 「撮られる」側から、自分で…