大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

お酒

断酒日記 【287日目】 ~自分に合っているものを選ぶためには

さて、断酒して9か月半である。 夏の生ビールの誘惑がどうか?と思っていたが、何のことはなくノンアルコールビールで「ほろにが、のどごししゅわしゅわ」の欲求は十二分に満たされることが分かった。 あれほど「生ビールでないとダメ!」と思っていたのに…

断酒日記 【273日目】 ~飲み会や会食の際の意識の変化について

さて、断酒して9ヵ月が経過した。 相変わらず淡々と継続しており、淡々と甘いものは欲しており、断酒自体による変化ということについてはネタがあまりない。 今日はサブタイトルにつけた通り、「飲み会」や「会食」に参加する際の私自身の意識の変化につい…

断酒日記 【260日目】 ~「ある」のか「ない」のか

「ありがとう」の反対は、「当たり前」。 「ある」ことに感謝できるようになるためには、「ない」を経験する必要がある。 「ない」という辛い時間を経たからこそ、感じられる有難みもある。 それはそうなのだが、「ない」ということは本当に「ない」のだろう…

誰かに「与える」とは、意識しなくても「与えてしまう」もの。

「与える」ということについて。 誰かに「与えよう」と思うとき、肩に不自然な力が入ってしまう。 ほんとうに誰かに「与えている」ときというのは、意識しなくても「与えている」状態なのかもしれない。 「与えること」とは、メソッドで表せる何かではなく、…

断酒日記 【242日目】

新しいことにチャンレンジする、ということ。 それは「成功も失敗も含めた経験を得られる」という恩恵を与えてくれる。 そしてその延長線上に、「同じ経験をした、あるいは経験をしている人の気持ちが分かる」という大きな恩恵があるようだ。 = 断酒にチャ…

断酒日記 【232日目】 ~自分の人生の羅針盤を説明する、ということ

自分の人生の羅針盤は何か。 それを、きちんと言語化することが必要だと感じた、断酒についてのお話し。 = 早いもので、断酒して232日。もう8か月が過ぎようとしている。 ここのところ、お久しぶりの方から「名古屋行くんで飲みましょう」とか「ちょっ…

断酒日記 【219日目】

さて、断酒219日目である。 そろそろ日数を数えるのも面倒になってきたが、それでも断酒開始してから7か月が経過した。 最近は、 「もうそろそろいいかな…」という気の緩みと、 「これから先、1年、2年と経過したら、さらに変化があるのか?」という期…

断酒日記 【197日目】 ~どちらかが良い・悪いではなく

さて、数えてみると断酒197日目である。 昨年の11月から酒を断ったが、気づけばすでに半年が経過していた。 早いものである。 不思議なことに、ここのところ「少しくらい、付き合ってくださいよ」というお誘いであったり、「ちょっと飲んでみたいなぁ」…

断酒日記 【179日目】 ~断酒をすると人生は変わるか?

「人生を変えようと思って断酒をしても、なかなか変わらない」 けれど、 「ポジティブな決断をし続けられるなら、断酒に限らず勝手に人生は変わっていく」 断酒というツールがそれを後押しするわけではなく、「変える」と決める決断が人生を変える。 至極、…

断酒日記 【156日目】

さて、断酒して156日、約5ヶ月が経った。 いろんなところの断酒に関するサイトを見ていると、マラソンで言う「給水ポイント」ならぬ「挫折ポイント」のようなものがあり、そこで「給水」してしまうことが多いそうだ。 断酒の体験記のなかで多かったのは…

断酒日記 【146日目】

気付けば、今日で断酒146日目である。 昨年の11月の頭から始めた断酒も、これでもうほぼ5か月。 始めた当初は「とりあえず、気が向くまで続けよう」という緩い気持ちで始めたが、なんだかんだで5か月続いている。 最近はよく「いつ再開するの?」と聞…

断酒日記 【126日目】

さて、断酒をして4ヶ月が経過した。 もう習慣としての飲酒の癖は全くなくなって、「飲んでない」という意識もあまりなくなった。 今日は久しぶりに馴染みの割烹に一人いそいそと足を運んで、ノンアルコールビールで浄化されながらこのブログを書いている。 …

断酒日記 【114日目】 ~「かわいそう」という危うい感情

断酒をはじめて、もうすぐ4か月になる。 もう「断酒している」意識はなく、「継続するためにがんばっている」という意識もなくないような気がする。 世の中にはたくさんの人がいて、いろんなことを楽しんでいる。 登山を楽しむ人もいれば、草野球、将棋、ガ…

断酒日記 【95日目】

気づけば、断酒も3か月を越えていた。 ちょうど昨日もある知人の方と三人で会食だったのだが、私だけトマトジュース→ウーロン茶→ウーロン茶という流れで会食を終えた。 帰宅してから、書きたかった友人への文章を書いたりと、若干寝不足にはなったものの、…

断酒日記【 85日目 】

さて、断酒85日目である。 断酒そのものの方は淡々と続けており、もうすぐ丸3ヶ月を過ぎようとしている。 始めた当初は、どれくらい続くものなのだろうか?と思ったが、意外と続くものだ。 これは人によって違うので何とも言えないのだが、「飲んでしまっ…

原因と結果の因果な話

人と話すのは面白い。 自分の知らない情報や視点を持っているし、 (関係性が近すぎるとそれがストレスになるのだが) 「話す」は「放す」と言われるとおり、 自分の中で考えていることを口にすることで、 頭の中がクリアになる。 そして、それを「書いて」…

断酒日記 【61日目】

早いもので、断酒してからもう早や2か月になる。 11月から断酒をはじめて、忘年会、帰省、お節料理、お屠蘇・・・おそらく、日本で最もアルコールの消費量が増えるであろう年末年始をノンアルコールで乗り切ることができた。 まあそうは言っても、忘年会…

断酒日記 【47日目】

さて、断酒47日目である。 断酒に対する辛さは、不思議とあまりない。 やはり何でも習慣化の力は大きい。 そして、習慣化するまでが難しいのだと思う。 今日仕事の取引先と話をしていたところ、お酒の失敗話になった。 その方の会社は、以前に南方の離島か…

断酒日記 【39日目】

さて、断酒も1か月を無事に越えた。 昨日も旧知の方と会食だったので居酒屋に入ったのだが、私はノンアルコールビールとウーロン茶で済ますことができた。 さすがに目の前で生大(中ではない)を見ると喉が鳴ったが、ノンアルコールビールでうまくやり過ご…

断酒日記 【26日目】 ~これまでの断酒のメリット・デメリットのまとめ

さて、断酒26日目である。 もうそろそろ1ヵ月なので、これまで私が断酒を続けてきて「よかったこと」・「悪かったこと」をまとめてみようと思う。 よく飲んでいた以前の私を知る方からときどき聞かれることがあるのだが、私は決してこの日記で人に断酒を…

断酒日記 【24日目】 ~「当たり前」と「手放し」について

さて、断酒24日目である。 酒とタバコでいうと、タバコの方がやめるのが難しいとよく聞く。 けれども、どっぷりと飲んで吸っていた生活からどちらも断った私からすると、確かに禁煙は何度も挑戦しては失敗してきた経験があるのだが、断酒は「そもそもやめ…

断酒日記 【18日目】

断酒も「the Artist's Way(邦題:ずっとやりたかったことを、やりなさい。)」の実践ワークも、ぼちぼち続けており書くネタには事欠かないのだが、いかんせんここのところバタバタしており、更新が滞り気味である。 「あまり完璧なアウトプットを求めず、と…

断酒日記 【13日目】

さて、断酒13日目である。 1週間を越えたあたりから割と「飲まないのが当たり前」の状態になっており、「断酒しないと」という意識はそんなにない。 このあたり「これだけ苦労した!」と書けないので、ブログのネタ的にはいまいちなのだが。 それでも、や…

断酒日記 【7日目】

kappou-oosaki.hatenablog.jp さて、断酒7日目である。 今日もブログを書いてアウトプットをして、金曜日の夜という魔の時間帯を乗り切ろうと思う。 すでに1週間継続していると思うと、なかなか趣深い。 これまで飲まない飲み会の新鮮さ、飲み会の後の帰り…

断酒日記【5日目】

kappou-oosaki.hatenablog.jp さて、断酒5日目である。 今日は私の断酒にとって一つの挑戦があった。 気の置けない仲間との「飲み会」があったのである。 もともと断酒の前に決まっていた予定だったが、結果的には大丈夫だった。 断酒を続けられている。 そ…

断酒日記 【4日目】

kappou-oosaki.hatenablog.jp さて、断酒4日目である。 せっかくなので、いま進めている「The Artist's Wayのワーク」とあわせて、「断酒」もコンテンツとして日記を書いていきたい。 「断酒」のメリット・デメリットや、継続でも失敗でもその経緯や、お酒…

立冬を臨む霜月の小雨の降る橋の上で「断酒」という史上最大の手放しを決意すること。

本日を以て、無期限の断酒を宣言する。 正確には週末飲んでいないので3日目になるが、酒を断とうと思う。 お酒が嫌いになったわけではなく、また何か失敗をしたわけでもない。 お酒は大好きだし、お酒の魅力も十二分に理解しているつもりである。 だからこ…

鰆の塩たたきに沈む ~岡山・「酒囲屋本店」訪問記

岡山県の「酒囲屋本店」さんを訪れたので、その訪問記を。 仕事で訪れた岡山県、実は人生初の訪問。 名古屋からだと新幹線で1時間40分ほど、東京までと同じくらいの時間というのが意外だった。 おのぼりさん気分でパチリ。 駅前には、桃太郎の銅像が。 お…

お酒とお酒の席にまつわる極私的エッセイ。

いらっしゃいませ、「言の葉割烹おおさき」へようこそお越しくださいました。店主のおおさきです。 今日は「お酒を呑みに行く」というテーマで、何の脈絡もなく綴ってみたいと思います。 極私的ななエッセイですので、肩肘張らずにそれこそ酒の肴にでもどう…

泡、餃子、泡、餃子、そしてワイン  ~名古屋・伏見「バブルス」訪問記

今月初めに伏見にオープンした新店「バブルス」さんに行ってみましたので、その訪問記を。 ================ 伏見にあるワインとおでんの名店「波へい」さんに勤める友人から、すぐ隣に新しい店がオープンするんです、と聞いていた私。 7月…