大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

寒の戻りと、青空と。 ~愛知県一宮市「真清田神社」参拝記

愛知県一宮市、真清田神社を訪れた。

 

朝早く向かった道中、雨がぱらついていた。

午前中は曇り、午後は晴れとの予報で、傘を持ってきていなかった。

 

ここを訪れる時は、いつも晴れている記憶ばかりだったが、今日はめずらしく雨模様のようだった。

 

着くころには止んでいてほしいな、という思惑とはうらはらに、駐車場に着いてもフロントガラスを叩く雨は、逆に強くなるようだった。

 

傘がないので、どうしようかと迷ったが、せっかく来た手前と割り切って、ドアを後ろ手に閉める。

 

f:id:kappou_oosaki:20210216152842j:plain

 

いつもは青空をバックにする雄大な楼門も、雨霧に煙って。

 

晴れの神社もいいが、雨の神社も趣深い。

 

以前に、雨の熊野古道を歩いたとき、峠の茶屋のおかみさんが、

「私は雨の古道が好きなんさ。風景がきれいだからね。でも、足元がわるいから、みんな嫌がるわね」

そんなことを話していたのを、思い出す。

 

今日は風も強く、冬に戻ったかのような、冷たい雨が滴っていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20210216152823j:plain

 

大粒の雨の中、しばし逡巡したが、手傘で拝殿に急ぐ。

 

手を合わせている間、拝殿の屋根を叩く雨音が心地よかった。

 

ふと見ると、肩口から思ったよりも濡れていた。

まあ、車の暖房ですぐに乾くだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20210216152832j:plain


参拝を終えて、楼門の軒下でぼんやりと雨音を聴いていた。

やってきた年配の男性が二人、同じように雨宿りのためにか、立ち尽くしていた。

 

「ひどい雨風に振られたな」

「あぁ、冬に逆戻りだ」

 

お二人の話す、そんな声が聞こえた。

 

三寒四温、寒の戻り。

立春過ぎた寒さは、春の足音でもある。

 

それにしても、なぜ、「寒さ」は「戻る」のだろう。

反対の「暑さ」は、残暑よろしく「残る」のものなのに。

 

気温が上がることと、気温が下がること。

同じ季節の円環にありながら、それらは非対称なのかもしれない。

 

それは、人が生きる上での浮き沈みと、似ているのかもしれない。

 

日本語の表現の美しさを、私は雨音に乗せて考えていた。

 

少し肌寒くなってきたので、駐車場まで、また手傘をしながら走る。

 

車を境内から出して走ると、西の空には青空が広がっていた。

大粒の雨が叩いてた、さっきまでの時間は嘘のように。

 

そんなこともあるかと思いながら、ハンドルを切る。

 

空の青さは、澄み渡るような冬の色ではなかった。

どこか、気怠さを孕んだ、春の色だった。

 

ゆく冬を、私は少し惜しんだ。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

雨の匂いと記憶について。

久しぶりに、朝からの雨だった。

いつもの時間に明るさはなく、季節が逆巻きになったようだ。

 

窓を開けると、雨の匂いが鼻腔をくすぐる。

 

嗅覚は、どこか記憶を呼び起こす。

嗅覚と記憶を司る期間は、近い場所にあるのだろうか。

 

におい、香りといったものは、言語から最も遠く、表現することが難しい。

「新緑の木々の香り」「シャネルの19番」「祖母の家の居間の匂い」…対象を指し示すことはできても、「それがどんな香りか」は、説明したり表現したりすることができないからだ。

比喩表現に留まらざると得ない、というべきか。

 

あるいは、他の表現をするのであれば、他の視覚、聴覚、あるいは味覚といった感覚に比べて、嗅覚は現在と過去を区別しないとも言える。

 

匂い、香りに身を浸していると、どこか時間の意識を忘れ、過去も未来も混然一体となった時間に包まれることもあるだろう。

 

アロマ、ハーブといったものが、時に人を癒す効果を持つのは、そんな嗅覚の持つ力からなのだろうか。

 

嗅覚、匂い、香りといったものは、不思議だ。

 

そして、雨にも匂いがある。

季節ごとの、匂いが。

 

 

「がっこうまでいくの、めんどいなー」という息子。

 

たしかにめんどいよな、と返す私には、小学生のころの記憶が浮かんでいた。

いや、その記憶の上に、今日のわたしがいたのか。

 

通学団で集団登校するとき、誰と、どんな言葉を交わしていたのだろう。

 

学区の中でも遠方の部類だった私の通学団は、学校に着くまで、結構な時間がかかったように思う。

 

私はよく、ちいさな石を、学校までの道のりを、ずっと蹴っていく遊びをしていた。

周りから遅れないようにしながら、ちいさなその石を、蹴っていくのだ。

 

手を使ってはいけない。

コースを外れたり、遅れたりしそうになったら、アウト。

信号のある交差点が、鬼門だった。

 

雨の日は、その遊びができなかった。

けれど、皆が傘を差して歩くので、必然的に静かな時間になった。

 

傘をぱらぱらと叩く雨の音が、心地よくて好きだった。

 

学校に着くと、雨の日の校庭には「赤旗」が立っていた。

グラウンド使用禁止、の合図だ。

 

足が遅く体育が苦手だった私にとって、赤旗は嬉しいものだった。

 

けれど、好きだった休み時間のドッジボールもできないので、痛し痒しではあったのだが。

 

フロントガラスを叩く雨の音が、また強まったことに気づいた。

 

どこか、雨はやさしく。

記憶とともに、私はいた。

 

f:id:kappou_oosaki:20210215153700j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

黄色、早春の色。

変化を見つめるというのは、ある種の愉悦である。

 

何かを育てることもそうだし、

目に見えない関係性の変化もそうだし、

あるいは、季節の移ろいを見つめることもそうだろう。

 

何気なく、外を歩いたとき。

目に入ってくる色、というものがある。

 

それは、自らの内の心もように依るのではあるが、やはり季節によって移ろいゆく色があるように思う。

 

早春の色は、やはり黄色のように感じる。

 

菜の花、水仙、チューリップ、タンポポ

春に咲く花に、黄色が多いからだろうか。

 

今日も、ふと外を歩いていると、黄色が目に留まる。

 

立春から雨水に向かう時候、七十二候では、魚上氷/うおこおりをいずる。

冷たく張っていた川面の氷が割れ、その下で泳いでいた魚が跳ねあがるころ。

 

ほんのわずかに感じられた春の息吹は、確かな実感となって、目に見える変化をもたらすように。

 

春は、黄色からはじまる。

 

有名な、そんな言葉を思い出す。

 

落ち葉、枯れ葉の茶色、椿の白、あるいは赤。

どこか、モノトーンか、ビビッドという両極端なのが冬らしい色に感じるが、春はそれをぼんやりと和らげていくようだ。

 

冷たく肌を刺すような風も、いつしか輪郭のぼやけた温い感じがするように。

 

変化を愛でるのは、生きていることの喜びともいえる。

 

春は、もうすぐそこまで。

 

f:id:kappou_oosaki:20210214082045j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

 

京都記念とテイエムオペラ―に寄せて、ウマフリさんに寄稿させていただきました。

明日は伝統のGⅡ・京都記念が施行されます。

 

今年は京都競馬場の改装工事のため、阪神競馬場での開催。

例年とは異なる趣きですが、古馬中長距離路線の有力馬たちの始動戦としての位置づけは変わりません。

 

さて、いまから20年前、ミレニアムの京都記念に想いを寄せ、ウマフリさんに寄稿させていただきました。

 

uma-furi.com

 

ときは立春を過ぎて、雨水に向かうころ。

いろいろなものが少しずつ目を覚まし始める、そんな時候とともに、21年前の偉業に想いを馳せたくなります。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

 

歳を重ねるごとに、待つことが苦でなくなる。

四季の移ろいの美しさ、あるいは儚さ。

古来から、私たちはそれを詩に、絵に、言葉に託してきたようだ。

 

しかし、それらを愛でるようになるには、ある程度の歳月が必要に思われる。

 

路傍に咲く一輪の花や、ほんのわずかな風の表情の変化、あるいは夕陽が染めあげる街の色。

そんなものに、心を揺らし、胸をときめかせ、想いを寄せる。

 

若かりし頃には目にも留めなかったそれらが、どうにも愛おしい。

 

思い返せば、梅雨は鬱陶しいだけの、夏は暑いだけの、冬は衣服を出すのが面倒なだけのものだった。

 

それが、歳を重ねるごとに、愛おしくなる。

 

 

言葉を替えるならば、歳を重ねるごとに、「待つ」ことが苦でなくなると言えるのかもしれない。

 

生物としての時間的な制約は、歳を重ねるごとに減っていくはずなのに、「待つ」ことが苦でなくなるのは、不思議だ。

 

考えてみれば、物理的な死が近づくほどに、「待つ」よりも「動く」方に重きを置きたくなるようなものだ。

時間が無くなればなるほど、結果を求めて丁半博打に賭けたくなるのは、競馬の最終レースが近づく心理を見れば明らかなのだが、不思議なものだ。

 

もちろん、徐々に衰えていく肉体的な制約というのは、あるだろう。

 

けれども、不思議と歳を重ねるごとに、「待つ」ことが苦でなくなるようだ。

 

 

「待つ」ということは、不思議だ。

 

受動的なように見えて、その実、能動の極みとも言える。

 

「待つ」ことができるのは、「動いた」先にあるからだ。

動いて、やりつくしてない限り、人は「待つ」ことは難しい。

 

まだ、自分の力で、できることがあるのではないか。

その想いが残っていると、やはり「待つ」ことは難しいものだ。

 

それは、誰かを信頼することと、構造的には似ているのかもしれない。

 

人事を尽くして天命を待つ。

 

あまりに使い古され、手垢のついたその言葉が、想起される。

 

 

人事を尽くしても、尽くさなくても。

 

ふと目を外に向ければ、季節は移ろい、流れていく。

 

動けなくなるまで、動いたのか。

ベストを尽くしたのか。

 

そう、自責の念が浮かんでくることもあろう。

 

けれど、季節の流れは、そうした念をやさしく昇華してくれる。

 

動けなかったとしても、それがベストだったんだ、と。

 

新しい季節、新しい今日の訪れとともに、開いた花を眺めるように。

自らの一日を、愛でよう。

 

それが、待つことかもしれない。

 

f:id:kappou_oosaki:20210212200038j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

ストレッチ日記 ~吐いてから、吸う。

なんだかんだと続けているストレッチ。

1セットで30分弱くらいのメニューを、Youtubeを参考に、淡々と。

 

なかなかお手本の方のように見事な開脚まで至らないが、それでもいろんな身体の部位を伸ばしていると、気持ちがいいものだ。

 

 

やわらかさとしなやかさは、健康と同義であるように感じる。

それは、身体も、こころも、変わらない。

 

カチカチになった身体は、さまざまな痛みとなって現れてくる。

凝り固まった考えや価値観は、視野を狭めて、自分を苦しくする。

 

運動やストレッチにせよ、新しい知識のインプットにせよ、適度な刺激を与え、柔軟性を保つことは、たいせつなことだ。

 

そして、それは往々にして、毎日の習慣で積み重ねていくしかないようだ。

 

ローマは一日にして成らず。

真理はごくごく単純なことだ。

 

これだけ、いろんな情報があふれていると、「かんたん」「お手軽」「すぐに」といったフレーズに目を奪われてしまう。

けれど、真理はいつも「なんだ、やっぱりそうか」というところにあることを、忘れないようにしよう。

 

 

さて、そんなストレッチであるが、否が応でも自分の呼吸に意識が向く、というメリットがある。

 

どのインストラクターも、解説も、ストレッチの最中には呼吸を止めてはいけない、と言う。

呼吸を止めると筋肉や腱が固まるので、その状態でストレッチをすると、痛めてしまうそうだ。

 

ほんの少しずつでも、ゆるやかに呼吸を続ける。

そうしていると、固かった筋肉が少しずつ、少しずつ、ほぐれて伸びていく。

 

その感覚は、心地よいものだ。

 

そうする過程で、今日の自分の呼吸は浅いな、というように気づくこともある。

 

もちろん、気付いたからどうこうする必要はない。

ただ、「そうだったんだな」と意識が向くだけでいい。

 

内省とは、そういうものなのだろう。

 

 

そして、ストレッチの最中に無理なく呼吸をするコツは、「吸う」よりも「吐く」ことを意識することだと感じる。

 

呼吸と聞くと、なぜか私たちは「吸う」ことに意識が向く。

 

ラジオ体操でも、「吸って~吐いて~」という順番だからだろうか。

 

ところが、なかなか意識して「息を吸う」ことは難しい。

ストレッチの最中もそうだし、たとえば緊張をほぐそうと深呼吸をしようとするときを思い浮かべてみても、そうだと思う。

 

舞台やスピーチの本番前に、緊張をほぐそうと深呼吸しようとしても、なかなか深く息が吸えないものだ。

 

そうではなくて、先に、「吐く」。

 

意識的に息を吐くことで、身体は緩み、そして深く息を吸える。

 

「呼吸」という漢字は、まず「呼=息を吐く」がきて、その後で「吸=息を吸う」という文字がくる成り立ちになっている。

おそらくは、そういう順番なのだろう。

 

吸う~吐くではなくて、まず、吐く。

 

それにより身体もこころも、緩むことができる。

 

ストレッチをしながら、自分の呼吸を観察しながら、そんなことを感じる。

 

なかなかきれいな開脚をできるまでには至らないが、また少しずつ続けて行こうと思う。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

うすべに色の、春。

時に立春

あるいは黄鶯睍睆、うぐいすなく。

 

初音とよばれる、春の声を聞けるころ。

 

暖かい日が続いたかと思えば、大寒のころを思わせる冷たい風が吹き。

 

それでも、三寒四温のことばの通り、春はゆっくりとしながらも、歩みを止めない。

 

うぐいすの声。

山菜の苦み。

空の香り。

風や空気の肌触り。

 

五感で春の訪いを感じることが増えてきた。

 

やはり、春の訪れは嬉しいものだ。

 

今日は、淡い色の春を見つけた。

 

いつか見た色のような、それでいて、ここにしかいないような。

 

うすべに色の、ちいさな、春。

 

f:id:kappou_oosaki:20210210133350j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________