大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

最大着差の最大幸福。 ~2020年宝塚記念 回顧

阪神内回りコース、2,200mという非根幹距離、開催最終週、そしてパンパンの良馬場にはならないこの梅雨時期の気候。

 

宝塚記念に求められる資質は、「府中・根幹距離・パンパン良馬場」で開催されることの多い主要GⅠとは異なる。

 

それだけに、この宝塚記念がGⅠ初制覇の舞台になったり、さまざまなドラマを生んできた。

 

今週、ウマフリさんに寄稿させて頂いた1996年のマヤノトップガンもそうだったように思う。

 

uma-furi.com

 

もちろん、ディープインパクトオルフェーヴルテイエムオペラオーといった歴史的名馬も勝ち馬には名を連ねるが、やはり印象に残るのは「この宝塚の舞台でこそ」輝いた名馬たちだ。

 

さて、フルゲート18頭のうち、GⅠ馬が8頭という豪華メンバーが揃った2020年の宝塚記念

 

「この舞台でこそ」輝くのは、どの優駿だろうか。

 

引き続き無観客は続けど、コロナ禍に見舞われながらも、一度も中断せずに開催を続けてこられた関係者の尽力には感謝したい。

 

 

人気を集めたのは昨年の皐月賞馬で有馬記念でも2着に入ったサートゥルナーリアとクリストフ・ルメール騎手、前走の金鯱賞ではスローペースの中、しっかりと折り合う成長した姿を見せて勝利を収めている。

 

それにラッキーライラック、クロノジェネシス牝馬2頭が続く。

 

前走、大阪杯でGⅠ・3勝目を挙げたラッキーライラックにはミルコ・デムーロ騎、その大阪杯で2着だった昨年の秋華賞馬・クロノジェネシス北村友一騎手。

 

以下、グランプリホース・ブラストワンピース、昨年末の香港ヴァーズを制したグローリーヴェイズ、ダービー以来の勝利なるかワグネリアン、天才の手綱で復活なるかキセキといった面々。

 

前日の土曜日の夜、阪神競馬場周辺は雨が降っていたようだ。

 

それが当日の朝は晴れ間も見え、午後には馬場状態の発表は良馬場まで回復していた。

 

ところが、変わりやすいこの時期の天候らしく、宝塚記念の1時間前、10レースを前にして、突然阪神競馬場に豪雨が降り注いだ。

 

コンディションの発表が稍重に変更となった中で、宝塚記念の発走時刻を迎える。

 

この直前の大雨が、どのような影響を及ぼすのか。

 

ゲートが開く。

 

前走大きく出遅れたキセキは、今回もそれほどいいスタートではなく後方から。

 

激しい先行争いの中、トーセンスーリヤがハナを奪う。

 

番手にワグネリアン、外枠からラッキーライラックが好位を主張する。

 

クロノジェネシスはその後ろをじわっと追走、5番枠のサートゥルナーリアはちょうど中団のインコースでじっとして、その外にブラスワンピース。

 

キセキは今回もスタートが決まらず後方からといった態勢で、レースは展開していく。

 

向こう正面に入り、前半の1,000mが1分ジャスト。

 

ミドルペースのようにも見えるが、馬場の影響がどれだけあるか。

 

3コーナーの手前から、キセキが捲り気味に仕掛けていく。

 

前走の天皇賞・春では1コーナーの手前から大きくかかってしまったが、今回は鞍上・武豊騎手の確信に満ちた捲りのように見えた。

 

それにラッキーライラックが押し上げていき、クロノジェネシスは抑えきれない手ごたえで先頭のトーセンスーリヤに並びかける。

 

内、ラッキーライラックと中、クロノジェネシスという大阪杯の上位2頭が並び、その外にキセキが追う。

 

サートゥルナーリアも中団から押し上げてくる。

 

阪神内回りの短い直線を迎える。

 

直線の攻防は、なかった。

 

一瞬でクロノジェネシスが抜け出した。

 

必死にキセキが抵抗するが、みるみるうちにリードを広げる。

 

独走。

 

古い話だが、1975年桜花賞テスコガビー杉本清アナウンサーの実況を思い出す。

 

後ろからは、なーんにも来ない

後ろからは、なーんにも来ない

後ろからは、なーんにも来ない

 

圧巻、独走、圧勝。

クロノジェネシス1着。

 

2着のキセキにつけた6馬身差は、1994年ビワハヤヒデの5馬身を超える、宝塚記念の最大着差での圧勝劇。

 

上り3F最速で36.3秒というこのタフなレースで、凱旋門賞馬の父・バゴの血が活きたか。

 

ここまでの着差を見せつけられると、秋には府中ではなく欧州の深い芝でのレースが見てみたくなる。

 

海外遠征は厳しい社会情勢だが、それでも夢想したくなる強さだった。

 

そして2着に復活のキセキ、出遅れから焦らずリカバリーした鞍上の手綱が見事だった。

 

超不良馬場を制した菊花賞が想起されるように、渋って力の要する馬場への適性は尋常ではない。

 

3着のモズペッロにつけた5馬身差も見事で、それだけに「水かき」がついているかのようなクロノジェネシスの異常な強さが際立つ。

 

その3着のモズペッロは12番人気を覆す激走。

 

この馬もまた道悪での実績があり、その適性が活きたか。

 

勝ち馬の後ろにピタリとつけた池添謙一騎手のエスコートもまた、見事だった。

 

サートゥルナーリアは4着、枠順なりにインコースでの追走を選択したが、見た目以上に内目はキツい馬場だったのかもしれない。

 

そう考えると、レース1時間前に降り注いだ大雨は、大きく各馬に影響を及ぼしたのかもしれない。

 

今回は道悪が堪えたかもしれないが、秋には良馬場の根幹距離で、その弾ける姿をもう一度見てみたい。

 

 

タフなレースの中で圧倒的な強さを見せつけた、2020年のクロノジェネシス

 

最大着差の、最大幸福。

 

宝塚記念の歴史に、また「この舞台でこそ」の強さを輝かせた一頭が刻まれた。

 

f:id:kappou_oosaki:20200628181946j:plain

 

____________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

宝塚記念の思い出に寄せて、ウマフリさんに寄稿させて頂きました。

梅雨時期の仁川を彩る、夏のグランプリ・宝塚記念

 

一年間の総決算となる年末のグランプリ・有馬記念とは異なり、どこか優しく、どこか「夢」というフレーズが似合うように感じます。

 

1996年、あの年の宝塚記念の記憶とともに、そんな記事をウマフリさんに寄稿させて頂きました。

 

uma-furi.com

 

まだ無観客での開催が続きますが、それでも週末にサラブレッドが走る姿を見ることができるのは、ありがたいものだと感じます。

 

今年はどんな「夢」が見られるのか。

 

楽しみにその時間を待ちたいと思います。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

書評:飯尾さとみさん・飯尾淳子さん共著「京都のお酢屋のお酢レシピ」に寄せて

今日はKADOKAWAアスキーメディアワークス)出版、飯尾淳子さん・飯尾さとみさん著、「京都のお酢屋のお酢レシピ」に寄せて書いてみたい。

 

ここで何度も紹介させて頂いている京都・宮津の飯尾醸造さんお酢を使ったレシピ本である。

 

飯尾醸造さんについては、ここでも何度か紹介させて頂いている。 

 

kappou-oosaki.hatenablog.jp

 

kappou-oosaki.hatenablog.jp

 

京都・丹後の美しい棚田で無農薬米を契約農家と一緒に育て、お酢のもとになる酒造りまで自社で手掛けておられる、稀有な、いや、唯一無二の醸造元である。

 

今年はコロナ禍で田植えにお伺いすることは叶わなかったが、またあの一本松の美しい風景を観に、丹後を訪れたいと思う。

 

そんな「京都のお酢屋」の母娘がおすすめする、お酢を使ったレシピが本書には詰まっている。

 

 

飯尾醸造さんのお酢と出会った頃、私はお酢についての知識がまったくなかった。

 

恥ずかしながら、「身体いいとは聞くが、酸っぱい調味料」としての認識しかなかった。

 

それが、ご縁があって飯尾醸造さんの存在を知り、蔵元を見学し、田植え体験会に参加し、稲刈りに押しかけ、冬場の酒造りを拝見して、その価値を知るようになった。

 

ところが、料理にそれほど慣れているわけではない私にとって、飲むだけの果実酢はまだしも、穀物酢を上手く使うというのは、なかなか難しいものだった。

 

それを、本書は変えてくれた。

 

なにより、掲載されているレシピが簡単なのだ。

 

「やわらか鶏のこっくり煮」、「秘策いっぱい棒棒鶏」、「豚と玉子のとろーり角煮」、「お酢屋の麻婆豆腐」などなど、本当に簡単で美味しく、飽きないレシピがたくさん掲載されている。

 

特に「やわらか鶏のこっくり煮」は、晩御飯のレシピに困ったときのジョーカーだ。

 

鶏もも肉、長ネギ、しょうが、にんにく、醤油、酒、砂糖、そして富士酢。以上。

 

もう、何度お世話になったことか。 

 

「煮物にお酢」という発想自体が、本書に出会わなければ、知らなかった。

 

お酢が与えてくれるのは、旨味であり、コクなのだと知ることができた。

 

本当に、お肉は柔らかくなるし、魚は臭みがなくなるのだ。

 

シンプルなレシピで、飽きがこない。

 

家庭料理にとって、それは何ものにも代えがたい価値だと感じる。

 

それを実現してくれるのは、やはりあの美しい丹後の風景の中でつくられた富士酢だからなのだろう。

 

 

さて、ここまで紹介した本書は、2007年の出版から13年の長きにわたり版を重ねてきたが、残念ながら今ある在庫で絶版となるとのこと。

Kindle版は引き続き販売されるとのこと)

 

「情報を知る」だけならば、Web上で検索すればありとあらゆる情報が得られる昨今において、「本」というものは役割が変わっていくのだろう。

 

そういった意味では、本書は単にレシピのみならず、生活の中で使えるお酢の知識や、何より丹後・宮津の美しい風景が収録されている。

 

本書のレシピでクツクツと煮込んでいる時間、本書の美しい写真を眺めていると、こころは丹後の空に飛んで行く。

 

富士酢のもとになる棚田のお米は、いまは夏の日差しを浴びて、どんどん背を伸ばしていっているのだろうか。

 

煮込み料理の美味しい香りがキッチンに漂ってくる。

 

あの富士酢のまろやかな、そして食欲をそそる香り。

 

至福の時間である。

 

私にとって本書は、レシピがWeb上で簡単に検索できるようになろうとも、ずっと手元に置いておきたい一冊である。

 

f:id:kappou_oosaki:20200626202557j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

夕暮れを走る、夏至のころ。

ランニングを、ゆるく続けている。

 

走ること自体は好きなのだが、そこに至るまでの着替えや準備が億劫だということが、ようやく最近分かってきた。

 

なので、夏は着替えも楽で、私にとっては走ることを続けやすいのかもしれない。

 

走ること自体は、もやもやしがちな思考が抜けてスッキリしたり、日々移ろいゆく季節を感じられたり、あるいは身体も疲れるのでよく眠れたりと、その恩恵の大きさを実感している。

 

やはり、少しだけ強い負荷をかけると、その恩恵も大きく感じられるようだ。

 

けれど、度を越してしまうと怪我をするので、少しずつ、少しずつ、慣れていくことが大切なのだろう。

 

 

一日の中で、いつ走るか、というのも大事な要素だと思うようになった。

 

最近の私は、平日は夜、週末は朝か夕方に走っている。

 

いろいろと調べていると、習慣化するために朝走ることを勧める意見もあれば、いや、朝は身体が目覚めていないから怪我しやすい、夜に走るべき、という意見もあったり。

 

はたまた、夜走ると身体が熱を帯びるので睡眠の質が悪くなる、という意見があったり、いろいろな意見がある。

 

どれも、なるほどと思わされるが、結局のところ、自分に合ったリズムを見つけるのが、一番なのだろう。

 

ランニングに限らず、自分にフィットするかどうかは、一度やってみないと分からないものだ。

 

だから、とりあえずやってみるというのは大切だ。

 

 

ラソンを走る友人がいる。

 

その友人曰く、ランニングにおすすめの時間帯は「夕暮れ時」だそうだ。

 

その理由は、日が暮れていき、世界の色が変わっていくのを眺められることが、心地よいからだ、と。

 

陸上ガチ勢だったその友人が、試行錯誤の末にたどり着いた結論が、「心地よい風景」ということは、興味深い。

 

やはり、何にしても「楽しむ」ということは、何にも勝るファクターなのだろうか。

 

 

ちょうど、時候は夏至である。

 

一年で最も日が長い時期。

 

少し早めに帰宅すれば、まだ日は沈んでいない。

 

いそいそと着替えて、走りに出る。

 

夕暮れというと、どうしても寂寥感のある秋の夕暮れの色を思い浮かべるが、この夏至の時期のそれは違った。

 

それは、どこか燃えるような色をしていた。

 

地平線に沈みながらも、あたりはまだその熱を帯びているようで。

 

梅雨時期の雲が、その熱のグラデーションを演出していた。

 

その暖色のカーテンの下を、ことさらゆっくりと走る。

 

徐々に、その色が変わっていく。

 

その友人の言うように、世界の色が変わっていく。

 

いつしか黄昏時を過ぎ、あたりは夕闇に包まれる。

 

近所の神社を通るいつものルートを経て戻ってくると、もうどっぷりと暮れて、街灯の光がまぶしかった。

 

走るのをやめ、息を整えながら、私はゆっくりと歩く。

 

この時期だからこそ、の恩恵。

 

変わりゆく世界の色を、堪能できた。

 

夕暮れを走る、夏至のころ。

 

また、走ろうと思った。

 

f:id:kappou_oosaki:20200623110553j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

断酒日記 【600日目】 ~誘われなくなった。

さて、断酒も今日でちょうど600日目を迎えた。

 

狙ったわけではなく、たまたま断酒のブログを書こうと思って調べたら、ちょうど切りのいい数字だった。

 

無意識では、気づいていたのだろうか。

 

 

そんなキリのいい日に、以前に仕事の絡みでよく呑んでいた方と、ばったりお会いする機会があった。

 

お互いの近況、あるいは業況へのコロナウィルスの影響などを話していると、妙に懐かしい気分になる。

 

そうこうしていると、

「そういえば、まだ解禁してないんですか?」

という質問を受ける。

 

「ええ、相変わらず、飲んでないですわ」

 

と答えるのだが、妙に罪悪感と気恥ずかしさを覚えるのはなぜだろう。

 

「そうですか、私は相変わらず飲んでますわ。このご時世なので、なかなか外では飲み歩けないですけど」

 

確かにコロナ禍によって、飲み歩くという習慣が途絶えたという人は多いのだろう。

 

そんな会話をして、ではまた、と挨拶をして別れた。

 

 

その方の立ち去る姿を見送りながら、飲んでいたときの別れ文句は「また今度、飲みに行きましょう!」だったな、と思い返しながら、若干の寂しさを覚える。

 

誘われなくなったのだ。

 

振り返ってみると、そういった何気ない酒席の誘いというのが、少なくなったことに気づく。

 

断酒してから1年半以上が過ぎると、そんなものなのだろうか。

 

私自身は、お酒がなくても、誰かと楽しく会話をしながら美味しくご飯を食べることは好きだし、あるいは自分がソフトドリンクで相手だけが飲んでいても、一向に構わない。

 

けれど、どうしても飲む人にとっては、「飲めない=つまらない」という観念があるように感じる上、飲まない人を前にして飲むことに罪悪感を覚えるようだ。

 

すいませんねぇ、私だけ

 

という言葉を、よく聞いたような気がする。

 

 

それでも、私の断酒を知った上で、行きましょうと誘ってくださる方もいることも事実だ。

 

以前に書評を書いた町田康さんの「しらふで生きる 大酒飲みの決断」で、断酒を続けると酒を介していた付き合いがなくなっていき、以前に比べるとあっさりした人付き合いになる、と書かれていたが、その通りだと感じる。

 

お酒を介して私を誘ってくださった方がいて、お酒がなくても私を誘ってくださる方がいる。

 

ただ、それだけなのだろう。

 

よく飲みよく酔っ払って楽しむのもいいし、料理と会話をしらふで楽しむのもいい。

 

私としては、ただ、いま目の前にいる方と、楽しい時間を過ごせればいいのかな、と思う。 

 

無理に飲むこともなく、肩肘張ることもなく。

 

淡々と、目の前のほんの小さな美や、この会話の中の機微、あるいは旬の美味しい味を、楽しむ。

 

それもまた、一つの酒席の楽しみ方だろう。

 

それは、生きる上での楽しみにも言えることなのだろう。

 

それを知ることができたのも、断酒の一つの恩恵といえる。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

脱稿の魔力。

依頼されていた文章を、昨日の夜に納品させて頂いた。

 

ここに書くのは、自分の好きなように書いているので、もうほとんど感じないのだが、やはり「依頼されて」書く文章を納品する際は、緊張する。

 

それはきっと、

 

相手によく思われたい、といういい子ちゃん症候群だったり、

期待を裏切りたくない、という他人軸の思考だったり、

やっぱり称賛されたい、という承認欲求だったり、

反応がなかったらどうしよう、という怖れだったり、

いろんなものが噴き出てくる。

 

メールを作成して、送信ボタンを押すだけになってから、その下書きメールを削除して、もう一度推敲してみたり。

 

句読点の位置や、助詞を変えてみたりしたり。

 

自分でもナーバスになっているな、と分かっていながら、それでも最後まで化粧を施す。

 

逡巡して逡巡して、ようやくえいっ、と送信する。

 

もうちょっとスマートにやりたいなと思いながら、こればかりは慣れないのかもしれない。

 

一息ついて、ようやく脱稿した実感が湧いてきて、少しずつ弛緩していく。

 

と同時に、送った早々から、相手の方はもう読んだのだろうかとソワソワしだす。

 

やはり、怖いのだ。

 

その怖さもまた、慣れることはないのかもしれない。

 

 

頼まれごとは、試されごと。

 

そんな名言を思い出す。

 

目標設定が苦手な私にとっては、依頼されるということはありがたいことだ。

 

それでも、いや、それだけに、怖いものだ。

 

原理的に考えれば、期待に応えられるかどうかは、相手の範疇であり、それを自分がコントロールしようとすること自体、おこがましい。

 

ベストを尽くして、もしも期待外れだったならば、単に実力不足か、もしくはアンマッチなだっただけの話で、いずれにしてもまた次につなげればいい。

 

…と、頭では分かってはいるんだけれど、なかなかそう割り切ることができない。

 

それだけ、私にとって「依頼」「頼まれごと」というのは、大事なものなのだろう。

 

とりあえず、これで一通りの依頼が終わり、締切から少し離れることができそうだ。

 

あとのことはお任せすることにしよう。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

ほんの小さなものを、そっと守り続けること。

それが絵画であれ、文学であれ、音楽であれ、あるいは舞台や漫画、映画であれ。

 

おおよそどんな方法であっても、表現をすることを生業とする者ができることがあると、信じている。

 

それは、「ほんの小さなもの」を、それがそこにあるよ、と指差すことである。

 

ときにそれは、誰かの心の琴線に触れる。

 

表現することとは、己が中のほんの小さなものを、そっと守り続けることなのかもしれない。

 

 

おおよそ世の中の芸術と呼ばれるものの持つ力は、この「指差し」にある。

 

誰もが見向きもせず素通りしていく路傍に、ほんの小さな花が咲いていること。

 

誰もが価値がないと捨て去ったガラクタの中に、幼い頃に遊んだ玩具を見つけること。

 

誰もが当たり前と思っているものの中に、差別や抑圧、あるいは搾取といったものが内在していること。

 

あるいは、誰にも打ち明けられない、苦しい胸のうち。

 

そんなものを、

 

「ここに、こんなものがあるよ」

 

と指差す力が、芸術にはある。

 

言い方を替えれば、それは問題提起とも言える。

 

インターネットにより「情報」の価値が下がり、さらにAIによって「正解」にすら価値がなくなった現代において、それは殊更に重要だ。

 

その指差しは、「情報」や「正解」のように多くの人目を惹き付けることはないかもしれない。

 

その指差しは、多数派を占めないがゆえに、無力であるかもしれない。

 

けれど、表現者は、あるたった一人の胸の内の、とてもやわらかい部分に触れ、包み込み、そして勇気づけることができる。

 

それは、「情報」にも「正解」にもできないことだ。

 

 

けれど、その芸術の持つ力は、同じ力を以て表現者を苦しめることがある。

 

大きな才能や魅力といったものの裏には、それだけ多くの葛藤や否定があるように。

 

すべての表現者は、常に思い悩む。

 

昨日の資産が今日の負債になるような、めまぐるしく変わる世界の中で、何ができるのだろう。

 

たった一人にすら理解してもらえるか分からないのに、何の価値があるのだろう。

 

100人いれば100人に同意されないようなことに、何の意味があるのだろう。

 

それがゆえに、すべての表現者は、「こんなところに、こんなものがあるよ」と声を上げることをためらう。

 

そして、いつしかその選択を自分の中で割り切っていく。

 

そんなことを、大切にしている人なんていないさ、と。

 

そんなことは、どうでもいいこさ、と。

 

表現者にとって大切なことであればあるほど、それを守り、さらに表現し続けることは難しいものとなる。

 

 

だからこそ、なのかもしれない。

 

だからこそ、表現をするのだ。

 

そんなに大きな声を張り上げなくてもいい。

 

数の論理に負けても、心地よいマジョリティに入れなくてもいい。

 

ただ、自らが大切に思う、小さなものをそっと守り続けること。

 

それが、何より表現者として大切なのではないかと思うのだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20200619072220j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________