大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

断酒日記【853日目】 ~決めることと、あきらめること。

さて、断酒して853日目である。

2年と4か月、まあよくもっているものだと思う。

 

時に、しとしとと天地を湿らすような霧雨が振ると、断酒をした日のことを思い出す。

 

あの日も、小雨が降る日だった。

立冬もほど近くなった、霜月のある日。

 

自宅の近くの川沿いの、小さな橋の上で。

霧雨が舞っていた。

息子と娘が、ぽいぽいとパンの欠片を投げて、川のカメにエサをあげていた。

 

ぼんやりと、私はその光景を眺めていた。

 

髪がしっとりと雨に濡れるのを、感じていた。

 

お酒を止めてみよう。

 

ふと湧き上がった、そんな声に、従ってみようと思った。

 

なぜ、そんなことを思ったのか、よく分からない。

なぜ、その日、その瞬間だったのか、よく分からない。

 

なにしろ、仕事の関係の方と、前日も楽しく飲んでいたのを、よく覚えている。

 

身体にわるい?お金がかかる?二日酔いが嫌だ?時間がもったいない?

そんな理(ことわり)は、それまでさんざん理解し、考えてきたし、何とかしようと思ってきたことだ。

 

それなのに、なぜ、そのときだったのだろう。

 

 

中学生になりたてのころ、わたしの部屋にラジオがやってきた。

 

いまとなっては懐かしいカセットテープと、CDも再生できる、ミニコンポと呼ばれるような黒いオーディオだった。

 

中学生になると、英語の授業が始まる。

英語に慣れるためには、NHKラジオの中学生向けの「基礎英語」とかいう番組がいいと、どこかから聞いてきた私は、親に頼んでそのテキストを買ってもらった。

 

その番組が放送されるのは、平日の朝の6時から。

 

中学校は自宅から割と近かったこともあり、もう少し遅くまで寝ていても大丈夫だったが、せっかくテキストを買ってもらったのだから、と気合を入れて、毎朝6時に起きて聞くことを決心した。

 

しかし、何をしていても眠い思春期のころ。

 

最初の1回、2回は聞いたような気もするが、すぐに続かなくなってしまった。

 

朝6時になると、自動でラジオがオンになり、その番組が始まるのだが、それを寝床から無意識で止める所業も、すぐに慣れてしまった。

 

それを知ってかしらずか、親はテキストを毎月買ってくれた。

 

4月号、5月号、6月号…そのテキストの数が増えるたび、ほんのりとした罪悪感がわたしの胸に浮かんだ。

 

これはいかん、と思い立ち、説明書を頑張って読み、毎朝の放送をカセットテープに録音する設定をした。

朝起きれなくても、後から聞けるようにしておこう、と。

 

ところが、である。

 

録音はすれども、まったくそのテープを聞くことはなかった。

A面からB面に折り返し、さらにまたA面にもどり、もとの録音が消えていく日々。

 

テキストは、積まれていくばかりだった。

 

そのテキストの高さに罪悪感が刺激され、耐えられなくなって、ようやくわたしは親にもうテキスト要らない、と伝えた。

 

人は、決めただけでは、動かないのだ。

 

わたしのズボラな経験を一般化するのは気が引けるのだが。

 

 

強固な決心、決意、あるいは意志。

 

そうしたものでものごとを決められれば、かっこいいと思う。

 

けれど、歳と経験を重ねて思うのは、どうもそうとも言い切れないようなのだ。

それは、わたしの個人的な傾向なのかもしれないが。

 

冒頭の断酒の例を引くではないのだが、どうも「決める」というより、「あきらめる」という方が、ものごとが決まり、流れていくような気がする。

 

あきらめる、というと、どこかネガティブで後ろめたい感じを受けるのだが、そうでもないようだ。

 

あきらめる、諦める、とは「あきらかにする」という「あからしめる」という語源からくると聞く。

 

あきらめる、とは己を知り、相手を知り、世界を知るという、非常にポジティブな行為だ。

 

自分と語り、己を知り、自分と向き合い。

あくなき自己探求の末に、ぼんやりと姿を現す「自分」。

 

その存在がほのかにでも見えたとき、人はあきらめ、決めることができるのかもしれない。

 

その瞬間は、力ややる気がみなぎっているかというと、決してそんなことはなく、どこか脱力したような、肩が落ちたような感じがするのだ。

 

ああ、やはり、そうだったか。

 

あるいは、やはり、逃げられなかったか、と。

 

それを、振り返ってみたときに、決断とか、覚悟とか、肚をくくる、と表現することもできるのかもしれない。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

2011年JRA CM「20th Century Boy」に寄せて

「宣伝は何のために打つのか?」

と問われれば、新規顧客の開拓か、もしくは既存顧客をつなぎとめるためか、いずれかの目的になってくるのだろうと思う。

 

イメージアップを図ったり、ブランド化ををするのも、そのいずれかの目的のためだ。

 

こと中央競馬JRAのTV CMにおいては、前者の新規顧客の開拓に主眼を置いたCMが多い。

 

しかし、2011年に放映されたシリーズは、そんな例年の傾向から外れ、既存顧客にフルスイングした異色の内容だった。

 

それだけに、いまも史上最高のTV CMだと思っている。

 

www.youtube.com

 

T・レックスの名曲、「20th Century Boy」の印象的なギター音に乗せて、サラブレッドのシルエットがモノトーンで映し出される。

 

年号、レース名、優駿の名前、そして見事なキャッチコピー。

そして最後に、実際のそのレースの映像を、少し。

 

皐月賞からはじまり、有馬記念までの9レースの前に放映され、いずれも1990年代のそのレースの勝ち馬をモチーフにした演出だった。

 

そのレースを知らない新規顧客からすると、見たところで「はぁ???」となるような、シンプルかつ渋い演出なのだが、当時のレースを知っているファンからすると、このシリーズは鳥肌ものの出来だった。

 

私も多感な思春期を過ごした1990年代の名馬たちには、やはり思い入れが深く、どのCMもうるっときてしまう。

 

そして何より、これはJRAに限った話ではないが、歴史と伝統といった積み重ねられたものは、何物にも代えがたい資産であり、宝物である。

その資産を十二分に使ったこのCMは、史上最高のCMの一つだと思うのだ。

 

もちろん、新規顧客を獲得するためのCMも必要だと思うが、たまにこんな既存顧客に向けたフルスイングが見られると、とてもうれしいものだ。

10年経った今でも、時折見返してしまう。

 

前掲の動画の後半、秋のGⅠシリーズのCMの流れが、最高だ。

 

94年 菊花賞

ナリタブライアン、7馬身差の衝撃。

「群れに答えなどない」

 

からの、

 

99年 天皇賞・秋

スペシャルウィーク、逆襲のラン。

「本当の敵は、諦めだ」

 

からの、

 

98年 ジャパンカップ

エルコンドルパサー、激戦のライバルたち。

「僕らは、ひとりでは強くなれない」

 

 

そしてとどめの、

 

90年 有馬記念

オグリキャップ復活、ラストラン。

「神はいる。そう思った」

 

である。

コピーライターは、天才だと思う。

 

宣伝、というものは「知らない人に届けるため」のものであるが、時に「知っている人に深く届ける」ためのものでもある。

そう、考えさせられる。

 

何はともあれ、史上最高のCMシリーズの一つだと思っている。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

草木萌動のころ、熱田神社にて。

椿と山茶花の見分け方は、花の落ち方が最も分かりやすい。

花びらが一枚一枚散っていく山茶花と、花がまるごとぽとりと落ちる椿。

 

いつか聞いた、そんな話を思い出す。

 

自宅の周りには、山茶花が多いからだろうか。

椿を見かけると、嬉しくなる。

 

f:id:kappou_oosaki:20210302194812j:plain

 

熱田神宮の境内の椿は、いまが盛りのようだった。

 

夜半からの雨に濡れて、どこか寄り添うような、二つの花。

 

傘を叩く雨音とともに、それを眺めていた。

よくよく見れば、少ししおれてきている、その椿の花。

 

不完全さこそ、美しい。

その不完全さもまた、完全さの中にある。

 

 

少し早く着き過ぎたようで、こころの小径はまだ開いていなかった。

 

軒先をお借りして、ぼんやりと分厚い雲が覆った空を見上げる。

 

軒先から落ちる雫の音を聞く。

不規則なようで、どこか意志をもったような、その音楽。

 

雨は、世界を変える。

 

石垣から、水滴が滴っていた。

かたちを変えて大きくなり、ぽとんと落ちる。

 

f:id:kappou_oosaki:20210302194802j:plain

 

その大きくなった瞬間の半球のようなかたちの中に、世界が反転して見えた。

 

雨足が強くなり、水滴がいくつも並んだ。

反転した世界が、いくつも並んでいた。

 

雨は潤い、雨は恵み、雨は癒し。

 

乾いた割れ目に浸み込むように。

 

 

神宮を出ると、まるで台風かゲリラ豪雨のような春の嵐にあたられた。

 

メイストーム

そんな言葉が思い浮かんだが、5月にはまだ早い。

 

フロントガラスを叩きつける雨に、私は春を想った。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

CHAGE&ASKA「LOVE SONG」に寄せて。

社会のありよう、人と人のかかわり方というのは、時代とともに移ろいゆく。

 

けれど、人が誰かに恋をして、そして愛するということは変わらない。

 

たとえば百人一首よろしく、1000年以上も前に詠まれた詩歌の多くは、花鳥風月を愛でる歌と、恋愛に関する歌が多い。

時代が変わり、男と女のありようが変わっても、やはり好いた惚れたは人類共通の関心ごとなのだろうか。

 

CHAGE&ASAKAの不朽の名曲、「LOVE SONG」もまた、タイトルそのままに「愛の歌」だ。

 

リリースは1989年。

ちょうど昭和と平成の時代が交錯し、バブル全盛期に向かう時代だろうか。

 

それから30年。

社会も大きく変わり、男性と女性の恋愛模様も、当時とは大きく変わったのだろう。

 

カッコよさ。やさしさ。美しさ。愛のかたち。

いろんなものが、時代とともに変わりゆく。

 

それでも、ふとしたときに「LOVE SONG」を聴きたくなるのは、私が単に懐古主義だからだろうか、それとも、それだけ歳を重ねたということだろうか。

 

どちらも、正しいようには思う。

 

けれど、それ以上に、この曲がどこか普遍的な愛について歌っているようにも感じる。

 

千年の歳月を越えて、詠まれている歌のように。

 

聴いた風な 流行にまぎれて

僕の歌が やせつづけている

安い玩具みたいで 君に悪い

 

男性のプライドと罪悪感を、これほどうまく表現した歌い出しもない。

いつもそうなんだよなぁ…と感じ入ってしまう。

 

恋が歌に なろうとしてる

ボタンがわり 愛をつないで

君はそれを聞くはずさ 街の中で

 

恋が愛に、ではなくて、恋が歌になろうとしている。

なんと美しいフレーズか。

 

このあたりの言い回し、言葉の選び方、メロディとの合致…どれもがたまらなく好きなのだ。

 

30年の時を経ても、それは決して錆びつくこともなく、聴く人のこころに響く。

 

時代は変わり、社会は変わり、人のありようは変わり、人と人と関わりは変わりゆく。

 

たとえそうであったとしても。

目に見える表層的な部分ではない、人のこころの機微、ありよう、愛といったものが、やはり存在するのではないだろうか。

 

そう思ってしまう、名曲中の名曲である。

 

www.youtube.com

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

蛯名正義騎手の引退に寄せて。

出会いと別れの、春。

 

競馬界においても、2月の終わりは別れの時期だ。

家業を継ぐために勇退される角居勝彦調教師、定年を迎える石坂正調教師や松田国英調教師など、今年は8名の調教師が引退となった。

 

そして騎手では、蛯名正義騎手が鞭を置いた。

昨年、調教師試験に合格し、今後は騎手とは違った立場からターフを沸かせることになる。

 

だが、歴代4位のJRA通算2541勝を積み重ねた、トップジョッキーの引退には、やはり寂寥感がある。

 

鬼才・二ノ宮敬宇調教師とエルコンドルパサーを駆って、長期フランス遠征。

「チーム・エルコンドル」の挑戦、初めての凱旋門賞2着は日本競馬史上に残り続ける偉業だ。

 

怪物・グラスワンダーを差し切ったエアジハード安田記念、そしてマイルチャンピオンシップでの春秋マイルGⅠ制覇。

大観衆をあっと言わせたマツリダゴッホ有馬記念

サンデーサイレンス産駒きっての長距離砲・マンハッタンカフェとの絵になるコンビ。

大舞台で負けないアパパネ牝馬三冠は、蛯名騎手の手綱があってこそだったのだろう。

宿願の日本ダービー、届かなかったフェノーメノのハナ差。

そして、二ノ宮調教師とのコンビで、ナカヤマフェスタと再度挑んだ凱旋門賞

 

どのレース、どの優駿とのコンビも印象に残っているが、ベストを挙げろと言われたら、1996年天皇賞・秋バブルガムフェローになるだろうか。

 

それまで主戦だった岡部幸雄騎手が、アメリカのブリーダーズカップに挑戦するタイキブリザードに騎乗することで回ってきた、代打騎乗だった。

 

骨折により春のクラシック戦線を棒に振ったが、菊花賞に向かわず、距離適性を考慮して天皇賞に向かうという、当時としては異例の挑戦。

負ければ、「だから菊花賞に出ておけば」という批判を受けることも十分に考えられる中、藤澤師はその手綱を蛯名騎手に託した。

 

その期待に蛯名騎手は、当時の古馬三強と称されていたサクラローレルマヤノトップガンマーベラスサンデーを、早め先頭の強気の競馬で抑えきる会心の騎乗で応えた。

蛯名騎手の、GⅠ初勝利が、この天皇賞だった。

 

マヤノトップガンの追撃を振り切ったゴールの瞬間、右手を振り下ろしたガッツポーズは、一つの絵画のように私のこころに残っている。

 

「これからは、ファンの皆さんに愛される馬を育てていきたい」

 

無観客での開催のため、YoutubeLiveにて中継された今日の引退式で、蛯名騎手はそう語っていた。

 

明日からは、調教師という立場から、またターフを大いに沸かせてほしい。

 

蛯名騎手、おつかれさまでした。

そして、ありがとうございました。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

反対側に気づくと、早い。

真夏の強い日差しによって、最も色濃い影がつくられるように。

人生最大の不幸が、時を経ると人生最大の恩恵になるように。

子どもの悪態の裏には、信頼と愛が隠れているように。

 

ものごとには、すべて表と裏があり、陰陽あわせて世界を形づくっている。

 

これは三角形だ、と思っても、違った角度から見れば正方形になっていたり。

 

いつもと違う方向から世界を眺めることは、生きることに自由を与える。

世界の見方が変わること、それを癒しと呼ぶこともできよう。

 

自分の反対側に何があるのか。

それに気づくと、早い。

 

 

たとえば、自信のなさ。

あることに対して自信が持てないのは、そのことに対して真剣に向き合っていることを示す。

そして、ほんとうに怖れているのは、自信がないことではなく、その反対に、自分の力であり才能だ。

 

それは、自信があることや自分の手柄、実績などを周囲に吹聴する人ほど、その実、自分に対して自信がないことが多い。

 

たとえば、見捨てられることへの怖れ。

彼女にフラれることを怖れている彼は、その反対側に、彼女を見捨てることへの恐れを強烈に抱いている。

 

見捨てられる怖れと、見捨てる怖れ。

それは表裏一体であり、二人の双方が持っている怖れだ。

互いがそれに気づくと、あとは早い。

 

たとえば、不幸せを怖れるとの等量に、人は幸せを怖れる。

言い方を変えれば、幸せになりたいと思うのと同じくらいに、人は不幸でいたいと願う。

不幸でいた方が、得られるメリットがあるからだ。

 

一方だけに目を向けていると、必ず後ろ髪を引かれて、身動きが取れなくなる。

 

たとえば、加害者と被害者。

社会通念では、加害者が悪者であり、被害者は善意の上にいる。

 

けれど、被害者はその立場を利用して、加害者を責めることができる。

なぜ、あんなことをしたんですか、と。

あなたは間違っている、と。

その瞬間に、刃は逆を向き、被害者は加害者となり、加害者は被害者となる。

 

加えて、人はいったん被害者のポジションに入ると、その味をしめる。

他者からの同情や、あわれみや憐憫、かわいそうな私という、注目される立場だからだ。

 

自分が加害者と同じ地平にいることを自覚しない限り、その悲しい連鎖から抜け出すことは、難しい。

 

 

反対側に、あるもの。

それを、自覚すること。

 

そのどちらが正しい見方か、ほんとうの見方が、ということを問う必要はない。

 

ただ、その反対側があることを認めること。

 

どんな下衆な自分の中にも、何人にも侵されざる神聖な領域があり、

どんな高貴な人間の中にも、ヘドロのように悪臭を放つ側面がある。

 

そのどちらかが、その人の正体だと言い張る必要もない。

 

ただ、反対側が在ること。

それを、認めるだけ。

 

f:id:kappou_oosaki:20210226213140j:plain

太陽と、隣にそのたまごのような彩雲。

その反対側の空には、白い月がその横顔を見せていた。

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

 

痛みと色彩。

灰色の世界、という表現がある。

 

こころが曇ったとき、

痛みとともにあるとき、

あるいは袋小路のようなこころの迷路に入ってしまったとき。

そんなとき、目に映る世界を表現した言葉だ。

 

目の前に広がっている澄んだ空が、まるでそこには存在しない。

ときが満ちて咲く花も、その人の世界にはいない。

 

灰色の世界とはよく言ったものだが、強いて言うならば、灰色という色自体も、存在しない世界、なのかもしれない。

 

痛みは、色彩と遠いところにあるようだ。

 

 

色彩、あるいは色は、不思議だ。

 

それはただ単に、物体に当たった光の反射に過ぎない。

その物体が、どの色を吸収し、どの色を反射するのかという、分光反射率とやらによって、私たちが見ている色は決まる。

 

それなのに、なぜ、灰色の世界があるのだろう。

 

暖色、寒色という表現があるように、色には温度が、体温がある。

 

痛みがあるときは、それを感じられなくなる時なのだろうか。

 

もし、そうだとしたら。

 

丁寧に世界の色を観ることは、ある種の痛みを癒すのだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20210226175743j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________