大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

カブトムシの幼虫を求めて、古い傷の記憶をたどること。

しまった、安易だったと気づいた。

 

「今年もカブトムシの幼虫を飼うんだぞ」と息子が主張してきたので、いつも行くホームセンターに行ったところ、もう取り扱っていない、と返された。

 

シーズンもほぼ終わったので、もう外国産のカブトムシとクワガタの幼虫しか取り扱っていない、と店員の方は申し訳なさそうに話す。

 

忙しいところ、ありがとうございます、と御礼を言って、少し離れたところにある別のペットショップに電話してみる。

 

同じく、もう国産のカブトムシの幼虫は売っていない、との答え。

 

去年は長月の声を聞くか聞かないかの頃に、みな亡くなってしまったので、そのころに幼虫を買いに行っていたのだろう。

 

今年の息子のファミリーは、カブトムシ2匹とクワガタ2匹がまだご存命である。

 

その飼育に夢中になっているうちに、幼虫を買うシーズンを逃してしまったらしい。

 

ネットでは販売しているところを見つけたが、息子は通販は可哀そうだからイヤだ、と譲らない。

 

何が可哀そうなのかよく分からないが、ダメなものはダメらしい。

 

「買えませんでした」が通用するはずもなく、私は探索範囲を市内全域に広げ、ペットショップ、ホームセンターの類いをしらみつぶしに電話していく羽目になった。

 

 

ようやく「売ってますよ」と引っかかったのは、自宅からずいぶんと遠く離れたスーパーの中に入っているペットショップだった。

 

「えぇー、そんなに遠いの?なんで?」と息子に責められる。

 

理不尽きわまりない。

 

しかし、行く以外の選択肢はない。

 

車に乗り込み、ナビをセットしようと見た住所に、見覚えがあった。

 

以前に、私が社会人になったときに一人暮らしをしていた場所の近くだった。

 

記憶の底に沈んでいた、そのスーパーの名前が、滲み出るように浮かんできた。

 

一度、訪れたことがあった。

 

 

生まれた土地へのUターン就職を決めた私だったが、社会人になる直前に肉親との突然の別離があった。

 

誰もいない実家に戻ることもできず、会社から近い土地にアパートを借りて一人暮らしを始めた。

 

故郷に戻ってきたはずが、気づけば私は一人だった。

 

地縁も血縁もない土地で、暮らしていた。

 

知らない土地を訪れた異邦人、よそ者、仮住まい、あるいは部外者…そんなような言葉が表す感覚が、いつも身体の奥に染み付いていた。

 

唯一、会社だけが、私を社会とつないでくれていた。

 

ワーカホリックになるのも、当たり前だったのかもしれない。

 

休みの日は、何もすることがなかった。

 

最低限の家事をして、あとはぼんやりと、ベッドで横になっていることが多かったようにも思う。

 

手負いの獣のように。

 

私は肉親との別離の傷を、静かに舐めていたのかもしれない。

 

 

そんなある日、何かを変えようともがいたのかもしれない。

 

いつも訪れるスーパーとは、逆の方向に歩いてみた。

 

そこに、件のスーパーはあった。

 

どこか、新しい世界や、何か小さな変化、そういったものを求めていたのかもしれない。

 

そのスーパーで、その日の夕飯を買った。

 

下町らしく、年齢層の高い客が多かったが、それでも親子連れもいたようにも思う。

 

その一人一人に、それぞれの暮らしがあって、「その日」を生きている。

 

けれど、その光景を眺めている私には、どうもそれが馴染まなかった。

 

どこにも、入れない。

 

どこに行っても、居場所がない。

 

異邦人。

 

帰り道の夕暮れは、どこまでも闇に沈んでいくように見えた。

 

 

そんな古い傷の記憶が、にじみ絵のように浮かんでは消えていった。

 

なぜ、いま思い出すのだろう。

 

心の傷は、自分でその痛みを感じ切ることで、癒えるとするなら。

 

それは、ある意味で福音のようなものかもしれない。

 

赤信号で止まるたび、そんなことを思った。

 

f:id:kappou_oosaki:20200920141222j:plain

 

渋滞しながらもようやく着いたそのスーパーは、記憶の中の姿そのままだった。

 

スーパーの道向かいの、お好み焼き屋。

 

テイクアウトに数人が並んでいる風景も、そのままに。

 

行き交う人たちも、どこか、その20年ほど前のままのような。

 

感慨にふける暇もなく、息子に急き立てられてペットショップを訪れる。

 

お目当てのカブトムシの幼虫は、夏の終わりとともに縮小された昆虫コーナーにいた。

 

来年の夏まで、元気に育ってくれるだろうか。

 

f:id:kappou_oosaki:20200920141207j:plain

 

店を出ると、まだらな秋の雲が空を埋めていた。

 

少しだけまぶしい日差しが、どこか夏の余韻を感じさせた。

 

自宅への帰り道、ナビは幹線道路が合流するのが特徴的な道を案内した。

 

ふと、あのころ一緒に仕事をしていたツルさんを思い出した。

 

異邦人なりに、よそ者なりに。

 

よく、頑張っていたのかもしれない。

 

そう思いながら、ハンドルを切った。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

暑さ、寒さも。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言うが、今日からその彼岸入りである。

 

秋分の日を前後した3日間の7日間が、秋のお彼岸。

 

昼と夜がちょうど等分され、太陽が真西に沈むこの時期に、人々は「はるか彼方の向こう岸」である浄土に想いを寄せてきた。

 

季節の移り変わりは、諸行無常と生々流転、そして命の有限さを教えてくれる。

 

f:id:kappou_oosaki:20200919073512j:plain

 

春に淡い色で咲き誇った桜も、いまはその葉の色を暖色に変えていた。

 

ずっとそこにとどまるものなど、何もなく。

 

すべては流れ、揺蕩い、やがて去っていく。

 

それが万物の自然だとするならば、時に「愛」と称されるものの、なんと窮屈なことか。

 

その流れは、ただ、教える。

 

その手を、放しなさい。

その目を、閉じなさい。

その身を、委ねなさい。

その心を、開きなさい。

ただ、そのままにしておきなさい。

 

そう、教えてくれる。

 

f:id:kappou_oosaki:20200919073503j:plain

 

秋には紫が、よく似合う。

 

平安の昔、貴族たちが愛でたとされる、高貴な色。

 

春ではなくて、秋の方が似合う。

 

これから興るものよりも、去りゆくものの方に、敬意を覚えるからだろうか。

 

なればこそ。

 

私たちよりも先にその役目を終え、去っていった人たちを想う彼岸に、その紫はよく映える。

 

過ぎ去りしものと、これから。

 

その紫のグラデーションは、それを写しているようで。

 

f:id:kappou_oosaki:20200919073427j:plain

 

見上げれば、空の青さ。

 

その青さは、また一段と澄んで、高くなったようにも見えた。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

アイスクリーム、ぼとん。 ~痛みは、才能を正確に描写する。

あっ、という声を出す間もなかった。

 

息子が手にしていたアイスクリームが、プラスチックの棒からツツツ…と滑っていく。

 

ぼとん。

 

まだ夏の余韻に残る午後の陽射しに照らされて、コンクリートの上に茶色の染みになって広がっていく。

 

甘い香りに誘われたのか、すぐに黒い大きな蟻が数匹、その茶色い池に寄ってきた。

 

娘の大好きな、チョコレートのアイスクリーム。

 

それを、息子に一口おすそ分けをしようと渡したが、夏の余韻の残る午後の陽射しに照らされて、すでに柔らかく溶けていたようだった。

 

プール上がりの至福のひとときは脆くも壊れて、娘は泣いて癇癪を起こす。

 

 

落ちちゃったのは仕方ないよ。新しいのを買おうよ。

 

そう何度も提案するも、娘はもういい!と取り付く島もない。

 

車を停めた場所へと、癇癪を起こしながら一人歩いていく。

 

暑い陽射しの下、目に涙を溜めたまま。

 

違う、そうじゃなかった。

 

ほしいのは、「結果」じゃないんだった。

 

いつも、そこを間違えるのは、私が男性だからだろうか。

 

彼女がほんとうに欲しいのは、甘いアイスクリームじゃない。

 

そうでなければ、新しい2個目のアイスが手に入れば、満足するはずじゃないか。

 

「痛み」を、分かってほしいのだ。

 

「痛み」を、知ってほしいのだ。

 

それが叶わないから、癇癪を起こして、新しい二つ目のアイスを拒否する。

 

 

時に、「痛み」は、「才能」を形づくる。

 

何に「痛み」を感じるかは、その人の持つ「才能」を正確に描写する。

 

たとえば、以下のような話。

 

人から伝え聞いた話なので、真偽のほどは分からないが。

 

ある、男性がいた。

 

その男性は、子どもの頃に「ラーメンが食べたい」と父親に訴え、ラーメン屋に連れて行ってもらった。

 

その子はとびきり美味しそうなラーメンを注文したが、父親は何も頼まなかった。

 

おとうさんは、たのまないの。

 

そう聞く男の子に、父親は「うん、おとうさんはお腹空いていないんだ」と答えた。

 

やがて運ばれてきた、いい匂いのするラーメンを、男の子はかきこむようにして食べた。

 

お腹いっぱいになって満足した後。

 

父親は、その丼に残ったラーメンのつゆを、ごくごくと飲み干した。

 

ふう、と息をついた父親の横で、男の子は

 

父親は、お金がないのだ

 

とはじめて悟った。

 

猛烈な罪悪感を覚えるとともに、その男の子は、

 

大きくなったらお金をたくさん稼いで、お父さんにお腹いっぱいにラーメンを食べさせてあげよう

 

と固く誓った。

 

のちに、その男の子は格闘技の世界チャンピオンにまで上り詰めた。

 

嵐のようなパンチを浴びても、決して倒れない彼の背中を支えたもの。

 

世界中のタフな男たちをなぎ倒してきた、彼の拳に宿っていたもの。

 

それは、幼い頃に感じたあの痛み。

 

そして、父にラーメンを腹いっぱいになるまで食べさせたい、という想いだったのだろうか。

  

 

次の話も、同じだ。

 

ある、男性がいた。

 

その男性の母親は、まったく食事をつくらない母親だった。

 

他人様の家庭を、自らの善悪で裁くのは愚かなことではある。

 

されど、事実として。

 

幼い頃から男性は、空腹とともにあった。

 

いつしか、男性は自分で料理をつくるようになった。

 

自分と、そして、自分の母親の分も。

 

来る日も来る日も、朝、昼、晩と、料理を続けていた。

 

やがて大きくなった男性は、生業として料理人を選んだ。

 

男性のつくる料理は多くの人々を喜ばせ、そのうちに広くその名が知れ渡っていった。

 

そしてついには、料理人として栄誉ある賞を受賞するまでになった。

 

その賞を受賞したスピーチで、男性は母親に感謝の辞を述べた。

 

はじめは、自らの空腹を満たすために料理を始めたのかもしれない。

 

けれど、いつしか。

 

その料理は、母親に捧げる料理に変わっていた。

 

母親に対して、感謝しかない、と。

 

壇上で男性は、優しい瞳で母への想いを語る。

 

 

「痛みがあったから、成功した」という、人生訓めいたことを書きたいのではない。

 

それは、娘にとっての二つ目のアイスと同じだ。

 

それは、単なる「結果」に過ぎない。

 

その二人の男性が抱えた「痛み」。

 

その「痛み」こそが、彼らにとって、どうしても今生で体験したかったことのように感じる。

 

それを、何かを通じて、表現すること。

 

そして、誰かと分かち合うこと。

 

それができたとき、その「痛み」は、その人の手を離れて、あの日の空へ還すことができる。

 

その瞬間に、「痛み」は昇華する。

 

それが、ときに「才能」と呼ばれるものの正体なのだろう。

 

 

そして、そのことは、一般的に思われていることと逆の帰結をもたらす。

 

それは、「痛み」という陰があるから、「才能」が光り輝く、のではないという帰結だ。

 

「痛み」は、陰ではない。

 

その逆だ。

 

それこそが、光であり、本体だ。

 

強い陽の光が、陰影を形どるのだとしたら。

 

「痛み」こそが光であり、「才能」とはそれによってできた陰に過ぎない。

 

「痛み」こそが。

 

私たちに、自分が何であるか、を思い出させてくれる。

 

私たちを、私たち自身にしてくれる。

 

「才能」なり、成功なり結果なり、あるいは輝かしい未来にフォーカスしてもいい。

 

ただ、時には。

 

時には、「痛み」に耳を傾ける、それに寄り添い、そしてその「痛み」を誰かに乱雑にぶつけるのではなく、昇華して共有してもいい。

 

それは、自分のアイデンティティであり、背骨である。

 

 

翻って、娘が感じた痛み。

 

おそらくは、「いつも周りを気遣って、自分だけ損をしてしまう」という痛み。

 

無論、息子に「ひとくちどうぞ」と渡したときにアイスが「ぼとん」としたのは、単なるタイミングに過ぎない。

 

けれど、娘はその行為と痛みを結び付ける。

 

「いつも、私が我慢して、私が損をする」と。

 

周りの気持ちを察することができるゆえ、誰かに手を差し伸べることが当たり前になる。

 

その優しさは、いつしか我慢と犠牲に変わり、そして「痛み」と結びつく。

 

私ばかり、損をする。

私だけ、我慢している。

私だけ、バカを見る。

 

「アイスクリームぼとん」という事象は、ただのきっかけに過ぎない。

 

ある特定の「痛み」は、もとをただせば、私たちが抱えている普遍的で、そして根源的な「痛み」から滲み出ている。

 

すなわち、

 

誰も、私のことを分かってくれない。

 

どうせ私のことは、誰も愛してくれない。

 

私は、孤独だ。

 

私なんか、いない方がいい。

 

と。

 

 

帰りの車の中。

 

無言の娘に、言葉をかけた。

 

いままで、よくがんばってきたよね。

よく、ひとりでがまんしたよね。

さびしかったよね。

いやだったよね。

いままで、よくがまんしたよね。

 

何度も、何度も。

 

自分に語りかけるように、何度も、何度も。

 

娘の視線は、遠く流れる景色を、眺めていた。 

 

いつしか、娘は寝息を立て始めていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20200918124536j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

断酒日記 【685日目】 ~過去の風景について

さて、断酒して685日目である。

 

1年と10か月。長いようで、短いようで。

 

はじまりは、2018年の11月3日だった。

 

よく覚えているのは、旗日だからだろうか。

 

肌寒い、小雨降る日だった。

 

ぽいぽいと、息子は橋の上からカメに餌をまいていた。

 

その風景を、よく覚えている。

 

 

いったい、過去というものは、どこへ行くのだろう。

 

「あのとき、こんなこと言ってたよね」、あるいは「昔、ここに行ったよね」などと、誰かに言われても思い出せない過去もある。

 

そうかと思えば、つい先ほどのことのように、その空の色、空気の感触、匂いなどを覚えている過去もある。

 

時に、それはどこか、多重録音のように。

 

過去は、どこへ行き、どこに保存されているのだろう。

 

 

過去とは、文字通り、過ぎ去っていくものだろうか。

 

単純に、そうでもないような気もする。

 

誰にでも、何気ない瞬間にふっと沸くような記憶というものが、あるのだろう。

 

そのときの、その場所の、土の匂い。

大切な誰かの、ふとした表情。

耳の奥に残る、ふとした物音たち。

肌に触れる、空気の感触。

 

それは、記憶と呼ぶべきものというより、いまそこにあるような気もする。

 

どこか、近く。

 

どこか、遠く。

 

そんな過去と、今日もともに生きている。

 

f:id:kappou_oosaki:20181230184223j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

 

 

「いいね」を押したあなたが、そこにいたことがアタシは嬉しいんです、と彼女は言った。

「おぉ、すごいな、このVtuberTwitterのフォロワーが10万人もいるぞ」

 

「あの…いちおう、『きんむじかんちゅう』ですが…」

 

「固いこと言うな」

 

「まあ、そういうアタシもトレンド見てますが…で、何て子ですか?…へえ…」

 

「全く知らなかったけど、10万人のファンを持ってるって、すごいよな」

 

「…まあ」

 

「なんだ、反応が薄いな、そんなの知ってて当たり前です、ってか?」

 

「…いえ、アタシの方がフォロワー多いんで…」

 

「は?」

 

「嘘ですけど」

 

「いや、妙にリアリティのある嘘つくなよ…」

 

「やっぱりホントです」

 

「どっちだよ、まったく…それにしても、なんかSNSって、ここ10年か15年くらいの間に、えらく市民権得たよなぁ。以前はやってる人と、そうでない人がすっぱり分かれてるような記憶があるけど」

 

「そんなもんですかね」

 

「あぁ、いまは名刺代わり、のような感があるなぁ」

 

「そうですかね?なんか、投稿するの好きな人と、見るだけが好きな人と、結構分かれているような気がしますけど」

 

「あぁ、それは確かにあるかも。みんな一回りして、自分なりのSNSとの付き合い方や、距離感みたいなのができてるのかも」

 

「ええ。そういえば、なんていうか、承認欲求が漏れ出てる人とかって、少なくなったような気がします」

 

「いや、承認欲求は人が生きてる限り、なくならんだろう」

 

「それはそうなんですけど、あるじゃないですか。感覚的に煩い投稿。アタシ、そういうの見ると、そっとフォロー外しちゃいます」

 

「まあ、その感じ方は、人それぞれだろうけど」

 

「でもインスタとかも、いつの頃からか、リアクションの数を投稿者以外には表示しなくなりましたよね」

 

「そういえばそうだな」

 

「人類がSNSに慣れてきたのか、それとも承認欲求を煽っても反応する人が少なくなったのか…」

 

「まあ、なぁ。『世界中の人たちとつながれる』って言っても、なんか『つながらなくてもいい人とつながってしまう』デメリットの方が、大きいって考える人もいそうだしな」

 

「あー、たしかに。広告とかエロ系のアカウントとか、鬱陶しいですもんね」

 

「そうそう。結局、つながったとしても、関係性を維持する事って難しいよな。人が日常的にコミュニケーションを取れる交友範囲の最大数は150人前後っていう研究も聞いたことあるし」

 

「エ?150人…多すぎないですか…?アタシは10人くらいかな…」

 

「まあ、それは人それぞれだとは思うけど」

 

「人それぞれって、さっきからそればっかり」

 

「いや、大事なことだよ、SNSには。『人それぞれ』って思っておかないと、やっててしんどいよ」

 

「あぁ、『いいね』の数とか、超気にしてそうですもんね」

 

「…うるさいよ」

 

「アハハ、図星」

 

「気になっちゃうのが、人情ってもんだろ」

 

「まあ、そうですけど…でも、SNSの『いいね』の意味って、なんか変わってきたような気がするんですよね」

 

「え、変わってきたって?」

 

「なんか、うまく言えないんですけど。字面通りの『いいね』から、生存報告、というか」

 

「生存報告?」

 

「ええ、『ここにいるよー』って」

 

「あぁ、なるほど」

 

「相手がどんな意味で『いいね』を押したか、分からないけど」

 

「うん」

 

「けど、『いいね』を押したあなたが、そこにいたことが、アタシは嬉しいんです」

 

「なるほど…哲学的だな…」

 

「そうですかね?」

 

「あぁ、それこそ、SNSの当初の『つながる』っていう目的に戻っているのかも」

 

「そうかもしれないです」

 

「うーん、深いな」

 

「そうでもなければ、10万人からのフォロワーなんてできないですよ」

 

「ホントにそんなにフォロワーいるのか…」

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

雀蜂、そして、痛みと怖れについて。

赤トンボが舞っていた。

 

遠くで、ツクツクボウシが歌っていた。

 

川沿いを歩く、秋の夕暮れ。

 

音と、色。

 

そして、匂い。

 

季節を感じるのは、そんなところだろうか。

 

不意に、野太い羽音が、通り過ぎた。

 

前方を見遣ると、丸々とした黄色と黒の腹が見えた。

 

危険を知らせる、その色。

 

雀蜂だ。

 

秋が深まるにつれ、気が立ち獰猛になってくる。

 

大丈夫、何もしない。

 

そう心の中で呟きながら、その黄色と黒の横を足早に通り過ぎる。

 

 

蝉、トンボ、カマキリ、ダンゴムシ、カナブン、蝶…

 

いろんな昆虫を捕まえていた幼い私も、蜂だけは苦手だった。

 

人を刺すことが、その理由だったのだろう。

 

加えて、あの凶暴な目つき、そして鋭くシャープな身体のラインが、どうにも他の虫とは一線を画していた。

 

蜂だけは、だめだ。

 

たいてい、近所の公園にいるのは足長蜂くらいだったが、時折見かける雀蜂には、その大きさに恐れおののいていた。

 

あるとき、家の近くの空き地で遊んでいたことがあった。

 

何人かで遊んでいたような気もするし、一人で遊んでいたような気もする。

 

その空き地は、材木置き場として使われており、いろんな材木が野ざらしで置いてあった。

 

いろんな虫が棲み処とするには、うってつけの環境だったのだろう。

 

 

それに気づいたときには、もう遅かった。

 

びっくりするくらいの足長蜂が、その羽音とともに私を取り囲んでいた。

 

すぐに、刺された。

 

何か所か続けて。

 

火の出るような痛み。

 

刺されるというより、ものすごく熱い火の棒を押し付けられた火傷のような。

 

遊んでいて知らないうちに、足長蜂の巣に近づきすぎたのか、それとも巣を触ってしまったのか。

 

状況から察するに、そのどちらかだろうか。

 

小さな私は、泣きながら家へ飛んで帰った。

 

運よく家にいた祖母に、「キンカン」という塗り薬を処方してもらったように覚えている。

 

そんなこともあって、蜂とその羽音というのは、私にとってある種のトラウマのような痛みととともに記憶されている。

 

いまでも、その羽音を聞くと首がすくむ。

 

火傷のような痛みを思い出し、その色を怖れる。

 

 

こちらが何もしなければ、蜂たちは自ら刺してくることはない。

 

たいていは、彼らのテリトリーを犯して、近づきすぎたときだ。

 

幼い日の、私のように。

 

痛みと、怖れ。

 

もしも、そうしたものを感じるのだとしたら。

 

それは、何かに近づいていることの証なのかもしれない。

 

その何かは、蜂かもしれないし、もしかしたら蜂蜜かもしれない。

 

甘い甘い、蜂蜜。

 

もし、そうだとしたら。

 

痛みと怖れ、それらを感じることも、悪いことでもない。

 

f:id:kappou_oosaki:20200915181711j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

ただ在る、長月。

春は、黄色からはじまる。

 

されど、秋には紫が、よく似合い。

 

そんな言葉を想起させてくれそうな、紫色だった。

 

f:id:kappou_oosaki:20200914213216j:plain

 

その紫を愛でたのは、午前中だった。

 

少し緩んで透明感を増した陽射しの下で、揺れていた。

 

紫、パープル、高貴な色。

 

なぜか、秋にはその色が、よく似合う。

 

焼けただれるような暑さと、土砂降りの夕立、ある種の「力」を思わせるものが共存する夏から、どこか優しさと諦念を漂わせる秋へ。

 

それは、長月に入ってすぐに眺めた風景と、同じ場所だった。

 

前日には枯れていて、もの哀しさを漂わせていたその花が、翌日には紫の小さな花弁を開かせていた。

 

今日も、その小さな花弁は、緑のカーテンに紫の点描を重ねていた。

 

それは、ただそこに在った。

 

変わらずに、そこに在った。

 

 

 

遠くで、ツクツクボウシが鳴いていた。

 

まだ、蝉の声が聞こえたことに驚きを覚えるとともに、この外気温にそぐわないその声に、どこか哀しさもまた、覚えた。

 

秋の夕暮れは、どこか哀しい。

 

いや、寂しいというべきだろうか。

 

立秋から、日に日に早くなってくるように感じる、夕暮れ。

 

まだ、外で元気に遊ぶ声が聞こえていた時間のはずが、すでに薄暗く鈴のような虫の音が響く。

 

そこにあったはずのものが、ないという、寂しさ。

 

だから、秋の空は澄んでいるのだろうか。

 

そんな、夕暮れ。

 

午前中のあの場所に、ふと戻ってきた。

 

そこには、紫の点描はなかった。

 

f:id:kappou_oosaki:20200914213205j:plain

 

秋には不似合いのような、ごく薄い藍色の花弁が、そこにはあった。

 

紫は、どこへ行ったのだろう。

 

いや、以前に「咲いた」と思っていたあの花弁は、実は日中にしか咲いていなかったのか。

 

それとも、毎日違う花弁が、次々と咲いていっているのか。

 

それは、よくわからなかった。

 

ただ、そこには紫の点描はもうなかった。

 

そこにあったはずのものが、なくなる。

 

寂しさを覚える、秋の夕暮れ。

 

けれど。

 

たしかに、そこには、在ったんだと思う。

 

それは、ただ、在った。

 

変わらず、そこに。

 

ただ、在った。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________