大嵜 直人のブログ

別れによって傷ついたココロは、出会いで癒される。私が辿ったそんな物語を「書く」ことをライフワークにしています。

からすみ餅の大群と過去の自分に出会った日

よくも悪くも他人のことはよく分かるのに、人は自分のことを自分が一番分かっていない。

 

だからこそ、他人がいるとも言えるのだが。

 

そして、一番分かっていないのは、過去の自分のことなのかもしれない。

 

 

さて、断酒も400日を越えた。

 

世間は師走の忘年会シーズンと年末年始で、アルコールの摂取量が上がる時節だが、相変わらず断酒は続いている。

 

そんな師走の日、旧知の方たちと忘年会のような会食の時間があった。

 

f:id:kappou_oosaki:20191215081352j:plain

 

普段はひとりで伺うところも、人数が多いと見慣れないお皿の絶景が。

 

冬は、お魚が美味しくていいものだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20191215080352j:plain

 

からすみ餅の大群を前に、お米からお餅とお酒がつくられるのは、奇跡だなぁ…と思いながら、ゆっくりとした時間が流れる。

 

ご一緒させて頂いた知人たちは、私がワーカホリックに働いていた時代の知人たち。

 

振り返ってみても、よく、働いていたように思う。

 

時間的、物理的にもそうだったし、精神的にもそうだった。

 

親しい人間を亡くした寂しさを忘れるためには、ワーカホリックというアンダーグラウンドが必要だったのだろう。

 

逆に、いまのような「働き方改革」と言われて、そのような働き方ができなかったら、私は何に依存していたのだろうか、と考えることがある。

 

それに気づいたのは、十数年もあとのことだった。

 

その寂しさを癒しはじめるのに、それだけの時間がかかったとも言える。

 

けれど、知人の中の一人が、「こんなつながりをありがとうございます」と仰っていた。

 

大事な人に言われる言葉ほど、人は素直に受け取ることができないものだ。

 

とたんに私の「ウケトラナイモード」が発動する。

 

いや、そんなことないです…

いや、あんなに仕事しかしてなかったですから…

いや、もっと周りの好意を受け取れていたら…

いや、もっと恩返しができてたはずだから…

いや、もっと素直になれていたら…

 

そんなせんない想いが去来する。

 

このモードに入ったことを自覚できるだけ、成長したということにしておこう。

 

そうかもしれない。

けれど、そうじゃないかもしれない。

どちらでも、いいのかもしれない。

 

その知人と仕事をしていた過去の自分が、まぶたの裏に浮かんだような気がした。

 

f:id:kappou_oosaki:20191215084610j:plain

 

目の前では穴子と鮪の頬肉が、ぱちぱちと音を立てていた。

 

炭火は、この焼けの遅さがたまらなくいいものだ。

 

 

未来のことはよく分からないけれど、過去は変えられる。

 

感情を切って、ワーカホリックに働いていたのかもしれない。

けれど、周りから見ればそうでもなかったのかもしれない。

 

それは、どちらでもいいのだとも思う。

 

いまの自分が、選びたい方が選べば、よいのだとも。

 

とりあえず、その十数年前のある日の私も、今日の私も、「よくがんばった」、それでいいのだと思う。

 

師走の週末の終電前らしく、地下鉄はすし詰めだった。

 

その揺れに身体を預けながら、私は絶品だったからすみ餅の味を思い出していた。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/12/15

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

触れることは、意識を向けること。

触れることは、その対象に意識を向けること。

 

その対象に意識が向くと、当たり前が当たり前でなかったことに気づく。

 

当たり前ではないことは、「有難い」こと。

 

三段論法により、触れることは、感謝すること。

 

 

今週に入って暖かい日が続いて暖冬かと思っていたが、やはり冬らしい寒さになってきた週末。

 

日中も曇り空が広がり、師走らしい寒さの日だった。

 

待ちゆく人の忙しなさに、年の瀬を感じる。

 

無理してしなくてもいいとは思いつつも、普段とは違う場所を少しずつ掃除したくなるのが人情なのだろうか、折を見てはカーテンを洗ったり、窓ガラスを拭いたりしだす、12月。

 

今日は冷蔵庫の中とキッチン周りを拭き掃除してみた。

 

なかなかどうして、「こんなところに」というところに汚れやほこりが溜まっているものだ。

 

冷蔵庫の中も、棚を一つずつ外して洗って拭いていく。

 

キッチンの引き出しも、調味料を全部出して洗う。

 

炊飯器も、内蓋を外して、中を拭いていく。

 

拭きながら、いままで当たり前に思っていたキッチンの風景が、当たり前ではないことに気づく。

 

この触れている冷蔵庫が何か壊れたりしていたら、毎日の食事もできないだろう。

 

この炊飯器のご機嫌が悪かったら、美味しいお米を味わうこともできないのだろう。

 

当たり前の、当たり前でなさ。

 

そう思うと、拭きながら感謝したくなってくる。

 

当たり前でないのは、有り難いもの。

 

ありがたいもの。

 

毎日、ありがとう。

 

そんなことを念じながら、無心で拭く時間が流れていた。

 

 

あれは祖母だったか、小学校の先生だったか忘れてしまったが、以前に聞いた「拭き掃除は掃除の基本」という言葉を思い出す。

 

拭く、ということは、その対象に触れる、ということ。

 

触れることは、その対象に意識を向けること。

 

意識を向けると、それが当たり前ではなかったことに気づく。

 

当たり前でないものには、感謝したくなる。

 

面倒だし、わざわざ忙しい年末にしなくても、とか毎年思うような気もするが、なんだかんだ言っても、やはり大掃除は年の瀬にふさわしいのかもしれない。

 

f:id:kappou_oosaki:20191021000943j:plain

触れると、もふもふしてゴロゴロするヤツもたまにいる。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/12/14

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

臆病さ、という輝き。

私は今まで沢山の研修医を見てきたけど、大抵の研修医は実習になると我先に切りたがるわ。

だけど中にはあなたのように臆病で、いつもビクビクしながら切ってる子がいる。

得てしてそんな子がいい医者になるものよ。

今のあなたのままで、どんどん場数を踏みなさい。

 

医龍」9巻より

 

漫画「医龍」の中の、私が好きな一場面から。

 

難易度の高い手術のためのチームに入れられ、怯える研修医・伊集院に、チームのリーダーである加藤が確信を持って語りかける場面だ。

 

臆病さとは、すなわち才能なのかもしれない。

 

 

昆虫熱が冷めない息子と歩く、秋の終わりの道すがら。

 

アスファルトの道のど真ん中で、茶色の枝のような物体が、大きな鎌を広げてポーズを取っていた。

 

「カマキリだ!おとう、はやくつかまえろ!」

 

自分で捕まえないのが、息子らしいと言えば息子らしい。

 

カマキリの顔と風貌が苦手な私は、その細長い枝のような身体を捕まえようとして四苦八苦する。

 

カマキリは逃げるどころか、さらに鎌を持ち上げ、あまつさえ羽根を広げてきた。

 

蟷螂の、斧。

 

力のない者が、自らの力量もわきまえずに強敵に立ち向かう様子を、あざ笑う諺。

 

そんな言葉を思い出しながら、何とか捕まえたものの、生きている餌を与えるのが難しく、すぐにリリースすることになった。

 

鶏肉やハムを飼育ケースに入れたりと、いろいろと工夫してみたのだが、なかなか難しい。

 

ああせえ、こうせえと言いながら、最後まで息子はカマキリを触ろうとしなかったので、カマキリが苦手な私は閉口したのだが。

 

 

何十倍、何百倍の大きさの身体を持つ私に背を見せることなく、カマキリはひるむことなどない。

 

ただ、闘争本能のままに鎌を振り上げ、動くものを仕留めようとする。

 

その姿を「蟷螂の斧」とあざ笑うことができるのは、それが蛮勇だとわれわれが知っているからなのだろう。

 

敵わない相手に鎌を振り上げるカマキリには、その相手を怖れる怯懦というものはないのかもしれない。

 

蛮勇と怯懦。

 

そのはざまで、いつも人は揺れる。

 

されど、その揺れこそが、人を人たらしめている。

 

そして、

我先に切りたがる研修医と、

ビクビクしながらメスを持つ研修医。

 

その両方が、誰の心の中にも、いる。

 

怯懦を知らないカマキリは、蛮勇のごとき闘争本能でしか鎌を振り上げない。

 

けれど臆病さを持つ人間を突き動かすのは、闘争本能ではない。

 

夢か、希望か、お役目か、愛か…それによって、人は臆病さを乗り越えられる。

 

 

臆病さを感じるとき。

 

それは、必ず何かを成し遂げられると知っているときなのかもしれない。

 

臆病さは、才能であり、ギフト。

 

それは、芯の強さの、裏返し。

 

ビクビクしながらメスを持つ研修医こそが、いい医者になる。

 

臆病さ、という輝き。

 

f:id:kappou_oosaki:20191213164706j:plain

世界のすべてが橙色になる、夕暮れどきの道すがら。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/12/13

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

「君は君であるために生まれてきたのに、なぜそんなに一生懸命みんなに合わせようとしているんだい?」

Why are you trying so hard to fit in when you were born to stand out?

君は君であるために生まれてきたのに、なぜそんなに一生懸命みんなに合わせようとしているんだい?

 

映画「ロイヤル・セブンティーン」の中で、17歳の主人公のダフネ・レノルズが語る台詞は、示唆に満ちている。

 

最後の「stand out」は「目立つ」というほどの意味の熟語だが、これを「君は君であるため」と訳したのは、名訳であるように思う。

 

「目立つ」も「君は君である」もどちらにしても、生まれもった素晴らしい「自分らしさ」があるのに、周りに合わせようとしてしまう、人の性をたしなめる名台詞である。

 

 

生きていれば、何がしかの問題が起こる。

 

突然、勤めていた会社が民事再生法の適用を受ける。

パートナーから突然別れを告げられる。

大病を患う。

子どもが不登校になる。

… … …

 

様々な形をとって、それらは私たちに「痛み」や「苦しみ」といったものを与えてくる。

 

その「痛み」や「苦しみ」から逃れるため、私たちはその問題の原因探しに躍起になる。

 

ちゃんと考えて、会社を選んでいなかったから。

仕事にかまかけて、パートナーと向き合っていなかったから。

不摂生を重ねてきたから。

下の子が生まれてから、あの子の求める愛情を与えられなかったから。

… … …

 

なんやらかんやら、もっともらしい原因を見つけて、その原因を変えることで、問題を解決しようとする。

 

言い換えると、現実を、相手を、結果をコントロールしようとする。

 

今度はよく考えて、安定した大きな会社を選ぼう。

ちゃんと彼女と二人になる時間をつくろう。

身体のことを考えてた生活をしよう。

あの子と向き合って、愛情を注ぐようにしよう。

… … …

 

こうした取り組みで、結果が出ることは、残念ながらあまりないように思う。

 

なぜだろうか。

 

「期待は裏切られる」の格言よろしく、何かをコントロールしようとしてもうまくいかないという論点から説明することもできるが、今日は冒頭の「ロイヤル・セブンティーン」の名台詞から考えてみたい。

 

すなわち、その取り組みのベクトルが、実は自分らしさから正反対に向いているからかもしれない、と。

 

 

私もずっと歩んできたステップとしては、こうだ。

 

①問題が起こる。

②いろんな人の力を借りて、その問題を引き起こした原因を突き止める。

③その原因を、悪いものとして潰そうとする。

 

原因と因果の関係からすると、当然のステップかもしれない。

 

PDCAサイクルなんかで、よく使われる思考法だ。

 

一歩引いてよくよく考えてみると、②の原因が分かったところで、 それがほんとうに問題と因果関係があるかどうか、分かりはしないではないか。

 

よく考えて選んだ大手の優良企業がなくなることはあるし、

仕事に打ち込む姿に惚れ込む相手もいるかもしれないし、

摂生に摂生を重ねても病気になるときはなるし、

毒親の下で立派に育つ子どももいる。

… … …

 

自分やその周りの情報という少なすぎるサンプルで、原因と結果を考えても意味がないのかもしれない。

 

だとしたら、それらしい原因が分かったら、「ああ、私ってそういう人間だったのね」で終わりではないのか。

 

それにバツをつけて、矯正しようとすること自体が、もう「ロイヤル・セブンティーン」のダフネに怒られてしまうのではないか。

 

Why are you trying so hard to fit in when you were born to stand out?

君は君であるために生まれてきたのに、なぜそんなに一生懸命みんなに合わせようとしているんだい?

 

 

もともと、あなたは緩く人生を生きることができる人なのだ。

もともと、あなたは仕事に一生懸命になって生きる人なのだ。

もともと、あなたは太く短く生きる人なのだ。

もともと、あなたは愛情深い人なのだ。

 

問題は、ただそれを教えてくれるだけのもの。

 

その原因は、バツをつけるものでも、修正するものでも、矯正するものでもなく。

 

ただ、そうだったんだな、と受け入れるもの。

 

もともと、あなたは何にも欠けていない存在だと、気付くだけ。

 

自分らしさから遠くかけ離れたところを目指した先にあるのは、なんだ、いつものわたしじゃないか、という壮大なオチだ。

 

問題が起こっても起こらなくても、もともとあなたは「そういう」人なのだ。

 

それに、「良い」「悪い」の色をつけるから、おかしくなるだけだ。

 

Why are you trying so hard to fit in when you were born to stand out?

君は君であるために生まれてきたのに、なぜそんなに一生懸命みんなに合わせようとしているんだい?

 

ダフネの台詞は、かくも示唆に満ちている。

 

f:id:kappou_oosaki:20191212181851j:plain

満月は必ず新月に向かって欠けていく。

それから、また満ちていく。

自分を受け入れるプロセスもまた、同じようなものかもしれない。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/12/12

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

「チャゲアスホイホイ」

昨日のエントリーで、CHAGE&ASKAの「HEART」について書いた。

 

kappou-oosaki.hatenablog.jp

 

これが「チャゲアスホイホイ」だったようで、このアルバムをよく聴いていたという友人が記事をSNSでシェアして頂いたり、「私はOn Your Markが好きです!」というコメントを頂いたり、久しぶりに「はてはスター」を付けて頂いたりした。

 

やはり、「好き」なことを「好き」と言うだけで、周りの人に喜びと幸せを与えることができるんだな、と実感した次第で。

 

自分が好きなものを、好きな人がいる。

 

やはりそれは嬉しいことであるし、同志を見つけた喜びを覚えるし、安心感を覚えるし、いままでそれを好きでいた自分を肯定できる。

 

「ネットにおけるエコーチャンバーの危険性」みたいな話もあるけれど、やはり好きなものを好きだと言うことは、それだけで「与える」行為なのだと思う。

 

とかく、好きなものを好きと言うことに、人は抵抗を感じる。

 

それが好きであればあるほど、抵抗は強くなる。 

 

好きであればあるほど、照れくさいし、自分の中でひっそりと大切にしていたいと思うのもまた、人情なのかもしれない。

 

けれど、それを一歩踏み出して「好きだ」と表現することは、自分のみならず周りの人に与える行為なのだろう。

 

CHAGE&ASKAが、好きです。

 

名曲が、たくさんありすぎて。

 

また一つずつ、その曲に寄せた想いを綴ってみようと思う。

 

f:id:kappou_oosaki:20191211162317j:plain

25年経っても聴き続けるとは、中学生の頃は想像もしていなかった。

小遣いをはたいて買った当時の私をほめちぎりたい。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/12/11

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

CHAGE&ASKA 「HEART」に寄せて

何年経っても、折に触れて思い出す言葉、というものがある。

 

心の琴線に触れたその言葉は、時間を越えて何度でもその人を励まし、勇気づけ、癒し、そして喜びを与える。

 

それは、

ある小説の一節かもしれないし、

ある舞台の中の一シーンの言葉かもしれないし、

ある漫画の一コマの中の台詞かもしれないし、

ある歌の一フレーズかもしれない。

 

人は18歳の頃に聴いた音楽を、ずっと聴き続けるという話を以前に書いたような気がするが、やはり思春期から18歳ごろまでの間に見聞きした言葉が、多いのかもしれない。

 

 

私にとっては、CHAGE&ASKAの「HEART」の歌詞の一節が、そうだ。

 

Wiki先生に聞いてみるとリリースが1994年8月3日、「NATURAL」・「On Your Mark」とのトリプルA面シングルでの発売だったとのこと。

 

「シングル」という、令和の今となっては、もう化石のような8cmのCD。

 

自宅にあったCDプレイヤーが、シングルサイズのCDに対応していなくて、白いドーナツ型のアダプタを装着していたのを思い出す。

 

当時の私は14歳、まさに中二病真っ盛りのお年頃。

 

そんな年だからこそ、こころに刻まれたのかもしれない。

 

当時のCHAGE&ASKAといえば1991年にリリースしたシングル「SAY YES」が282万枚、1992年にはベストアルバム「SUPER BEST Ⅱ」が269万枚、1993年の「YAH YAH YAH」が241万枚のセールスを記録していた時代。

 

リリースするシングルがことごとくヒットを重ね、まさに「神がかっていた」ように思う。

 

そんな時代にリリースされた「HEART」に、私は心惹かれた。

 

www.youtube.com

 

前作「YAH YAH YAH」を思わせるような、アップテンポの爽快な曲調。

 

されど、私が惹かれたのは、その歌詞の繊細さなのかもしれない。

 

それは、CHAGE&ASKAの作品すべてに言えることではあるけれど。

 

振り向かなくても 何処かで愛していたはずさ

冷めない続きを いいだけ苦しんでみたはずさ

 

僕のすべて 君のすべて

今日のすべて 今のすべて

 

この出だしの切なさと、その世界観、唯一無二。

 

そして、このエントリーの冒頭に書いた「何年経っても、思い出す言葉」というのが、この次である。

 

貨物船のように運ばれる街ですれ違う

言葉の船底をこする思いで語り合う

 

もう、この二つのフレーズが、たまらなく好きで。

 

なぜか?と説明しようと思うのだが、なかなか困難らしい。

 

「貨物船のように」、「言葉の船底」…この言葉の選び方が、神がかっている。

 

なぜ?と聞かれても、いや、いいんだよ…ことあるごとに、思い出してしまうんだよ…という答えしか出てこない。

 

そういうものなのだろう。

 

 

ということで、今日はただCHAGE&ASKAの「HEART」が好きだ、という内容に終始してしまった。

 

折に触れて、思い出すような言葉。

 

そんな言葉を、私も書いてみたい。

 

貨物船のように運ばれる街ですれ違う

言葉の船底をこする思いで語り合う 

 

f:id:kappou_oosaki:20191210160805j:plain

「HEART」が収録されたアルバム、「Code Name.1」。

25年の時を経ても、まだ聴いている。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/12/10

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________

愛する対象が、あるだけで。 ~東京・「東新宿 炭火割烹 倉乃介 発酵と熟成の幸」訪問記

東京は東新宿の炭火割烹、「倉乃介」さんを再訪した。

 

ノンアルコール民の国籍を取得してから久しいが、折に触れて「倉乃介」さんには暖簾をくぐらせて頂いている。

 

その料理の味、お店の雰囲気、そして大将の飾らないお人柄に惹かれて。

 

f:id:kappou_oosaki:20191130203542j:plain

旬のゆり根と、魔法の塩で。ほくほくさくさく、ほくほくさくさく。

 

旅に出る理由、というのは人それぞれだろう。

 

絶景や名所旧跡を観光するため

日常を離れて自分を見つめる時間を得るため

その土地の美味しいものを味わうため

 

旅人が100人いれば、100通りの理由があるのだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20191130203531j:plain

大将ご実家からのお野菜と魔法の塩。滋味に溢れて。

 

私にとっては、どうだろうか。

 

上に挙げたそのいずれも当てはまるのだろうが、やはり「人に会いに行く」というのは、非常に大きな理由であるようだ。

 

会いたい人に、会いに行く。

 

それは、私にとって旅に出るための大きな原動力の一つであり、それに美味しいものがついてくるのなら、それほど素晴らしいことはない。

 

f:id:kappou_oosaki:20191130203520j:plain

熟成の幸。深い滋味、旨味、そして官能的な食感。

 

会いたい人に、会いに行く。

 

それは同時に、会いたい人に会うことを、自分に許可する、ということだ。

 

会いたい人に、会える自分でいる、ということ。

 

「私なんぞが」「ご迷惑かも」「やっぱりやめとこうかな」…湧き出る無価値観を越えて、何のてらいもなく「会いに来ました」と言える自分でいる、ということ。

 

f:id:kappou_oosaki:20191130203651j:plain

「ごんあじ」というブランドの鯵。脂が乗っているのに、身が締まっていて。

 

旅に出ると、その無価値観が薄れるのか、

それとも、その無価値観が薄れるから、旅に出ようと決意するのか。

 

どちらも正解なのだろう。

 

ふらりと暖簾をくぐって、「会いに来ました」と言える自分でいたいと思う。

 

席に着いて、ほっと一息ついて、国宝の絵巻物のようにお品書きを眺めて、大将ご実家の諏訪野菜の話から、諏訪についてのとりとめもない話を一つ、二つ。

 

ただ、その時間が、心地よく。

 

他のなんのためでもなく、ただその時間のために来たような。

 

f:id:kappou_oosaki:20191130203641j:plain

希少部位の「みすじ」。魔法の柚子胡椒がたまらなく。

 

人は、愛されることに、まず喜びを感じる。

 

それは、受動的な喜びであり、受け取る愛である。

 

幼い子どもを見ていると、彼らはスポンジのように愛を受け取ってくれる。

 

そのうちに彼らも成長していくと、愛されるよりも愛することに、人は喜びを覚えるようになる。

 

すなわち、愛を受け取ってもらえたときに、より大きな喜びを覚える。

 

「わたしが与えたことで、あなたが喜んでくれるのが、とても嬉しい」

 

それは能動的な喜びであり、与える愛である。

 

f:id:kappou_oosaki:20191130203818j:plain

蟹の炊き込みご飯。蟹味噌たっぷりで、お米が蟹になったかのような。

 

されど、時に能動的な愛は、時に相手の反応で深く傷つく。

 

「わたしが与えたのに、あなたが喜んでくれないと、とても悲しい」

 

相手の反応はコントロールできない。

 

だから、多くの人がこのギャップに苦しむ。

 

それは、愛を学ぶプロセスなのかもしれない。

 

f:id:kappou_oosaki:20191130203632j:plain

味噌汁と一緒に、日本に生まれた幸せを噛みしめる。

 

けれど、究極的には。

 

愛を受け取ってもらえたかどうかは、あまり関係がない。

 

愛する対象があるだけで、人は幸せである。

 

それがあるだけで、こころの奥底は、静かで穏やかな凪のようで。

 

倉乃介さんがあって、よかった。

 

今日、ここに来れてよかった。

 

土鍋の炊き込みご飯を味わいながら、私の心の海は凪いでいた。

 

f:id:kappou_oosaki:20190923221946j:plain

 

ごちそうさまでした、とても美味しかったです。

また、会いに伺わせて頂きます。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/12/9

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________